妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

産後に妊娠線が出来るのはなぜ?赤い線はどうやってケアするの?

 
産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠中にしっかり妊娠線予防をしていたはずなのに、産後になぜか赤い妊娠線が出来てしまった!という方も多いと思います。

そこで今回は、産後に赤い妊娠線が出来る理由や原因や、その対処方法についてお話していきたいと思います。

出産したばかりで忙しい方ばかりだと思いますが、なぜ出来てしまうのかがわかれば、効果的なケア方法もわかりますよ。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?その理由や原因について

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

妊娠中にしっかりケアしていたのに、産後になって赤い妊娠線が出来てしまうとショックですよね。

これは産後に出来たというよりも、実はすでに出来ていた赤い妊娠線であった可能性があります。

妊娠中はお腹が大きく、皮膚が伸びている状態ですので、妊娠線が出来ても薄くて見にくいというケースがあります。

その後、出産を終えて、お腹が縮むことで急に色が濃くなり、妊娠線の存在に気付くということも珍しくありません。

パンパンになった風船の表面にはシワがありませんが、しぼむとシワが出来るというイメージです。

さらに分娩中に強くいきむことで、皮膚にも負担がかかり、妊娠線が出来てしまうということもあるんですよ。

妊娠中に赤い妊娠線が出来なくても、産後に出来るケースもありますので、妊娠線ケアはしっかりと行わなければなりません。

なぜ、産後に赤い妊娠線が出来てしまったんだろうとショックを受けてしまった方もいらっしゃると思いますが、これが妊娠線が出来てしまった理由や原因だったんですね。

産後に赤い妊娠線が出来た時の対処法

ローションとオイルでダブル保湿

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

産後の傷んで伸びたお肌の修復は、水分を補給し、それを蒸発しないように防ぐことが近道だと考えられています。

ですから、ローションタイプのアイテムをお肌に浸透させてから、オイルを塗り、浸透した水分が蒸発しないようにしなければなりません。

浸透力、保湿力に優れたローションを、たっぷりとお肌に浸透させてくださいね。

どんなアイテムが良いか悩んだときは、顔のスキンケアに使っているローションでも問題ありません。

妊娠中に使っていた妊娠線専用のクリームではだめなの?と思われるかもしれませんが、妊娠線専用のクリームは皮膚が伸びていくことを想定して作られています。

浸透力、保湿力にも優れていますが、それだけでは傷んだお肌に水分を補給するのには不足しています。

そのため、妊娠線専用のクリームでも良いですが、その場合はローションもプラスした方が良いですね。

オイルは最後の仕上げに使ってください。

一度伸びてしまった皮膚は、表皮の下の真皮や皮下組織まで傷付いていますので、たっぷりの水分で傷を補修してください。

また、出産したばかりで忙しい時期かとは思いますが、ケアの頻度は毎日、1日2回はローションやオイルを塗るようにしてくださいね。

ケアをすることにより、産後に出来た赤い妊娠線が薄くなったとしても、3ヶ月から半年は継続してケアしてくださいね。

ターンオーバーを促す食事を摂る

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

お肌は28日周期で新しく生まれ変わりますが、お肌が傷付いているときは、このターンオーバーがスムーズに行われるように促すことで、早く綺麗な状態へ戻すことが出来ます。

そのためには、外側からのケアだけでなく、身体の内側からターンオーバーを促す食事を摂ることも大切なんですよ。

  • ビタミンA
    皮膚の再生を促進する効果(かぼちゃ、人参などの緑黄色野菜、レバー)
  • ビタミンB群
    粘膜や皮膚の発達を促進する効果(大豆、乳製品、豚肉、カツオ、マグロなどの魚類)
  • ビタミンC
    メラニンの生成を抑え、色素沈着を予防する効果(キウイ、みかん、いちご、さつまいも、白菜、ホウレン草、ブロッコリーなど)
  • ビタミンE
    血行促進効果、抗酸化作用(アボカド、ナッツ類、ごま油)

これらの食材は産後に出来た赤い妊娠線を改善するために効果的ですので、積極的に摂取するようにしてください。

妊娠線を改善するためだけでなく、お肌を美しくする効果が期待できる食材ですので、日ごろから意識しておくと良いかもしれませんよ。

他にも新陳代謝や血流を下げてしまうような冷たいものは出来るだけ避けて、飲み物は温かいものや常温のものを飲むようにしてください。

適度な運動

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

産後は身体がダメージを受けていますので、もちろん無理はしないということが大前提ですが、運動をすることも血行促進や新陳代謝向上に繋がりますので、おすすめですよ。

安静にしていなければいけない時期を過ぎ、気候も良く、赤ちゃんを連れて出かけられる月齢になったのなら、近所を一緒に散歩するという程度で大丈夫です。

外に出るのが難しければ簡単なストレッチだけでも効果がありますよ。

筋力が低下してしまうと、筋肉の上に乗っている皮膚も垂れ下がり、妊娠線にさらにシワが寄ってしまう原因にも繋がってしまうのです。

少し身体を動かすことは気分転換にもなりますので、可能であれば、身体を少し動かしてみてくださいね。

産後に赤い妊娠線が出来ないための予防法

ここからは、産後に赤い妊娠線が出来ないようにするための、予防法についてお話していきたいと思います。

原因を知り、あらかじめ対処しておけば、産後に赤い妊娠線が出来る可能性を下げることが出来ますよ。

お肌を乾燥させない

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

これは産後に赤い妊娠線が出来てしまったときの対処法と同じですが、とにかく保湿をすることを心掛けてください。

妊娠中ですので、ケアに使うのは妊娠線専用のクリームとオイルが良いでしょう。

乾燥しがちな秋や冬だけでなく、エアコンの風で乾燥してしまう夏でもしっかりと保湿をしてくださいね。

また、忘れがちなのが朝起きてからのケアです。

寝ている間に、私たちの身体は水分を失ってしまいますが、それはお肌も同じことです。

朝起きてからのお肌はとても乾燥していますので、妊娠線専用のクリームとオイルを使って、しっかりとお肌にうるおいを与えてくださいね。

お風呂上りも、同様に水分を失ったばかりなので、必ずクリームとオイルで保湿をしてくださいね。

血行が良くなっているタイミングですから、妊娠線専用のクリームとオイルがぐんぐん浸透していきますよ。

保湿ケアは最低でも1日2回は行ってくださいね。

理想は「お肌が乾燥しているな」と感じた時に、すぐにケアすることです。

クリームやオイルを塗るのは、お腹だけではなく、胸やお尻、二の腕、腿など妊娠線が出来やすい部位にはしっかりと塗り込んでくださいね。

まとめ

産後に赤い妊娠線が出来るのはなぜ?

ここまで産後に赤い妊娠線がなぜ出来てしまうのか?その理由や原因、対処法についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

共通して言えることは、どれも「お肌を乾燥させない」ということでしたね。

それ以外にも、急激に体重を増やさないことなど、気を付ける点はありますが、妊娠線にとって一番の大敵は「乾燥」です。

こまめに妊娠線専用のクリームやオイルを塗って、産後に赤い妊娠線が出ないようにしっかりとケアしておきましょう。

もし、産後に赤い妊娠線が出来てしまっても、保湿ケアを続けることで目立たないくらい薄くすることは十分に可能ですので、焦らず諦めず、継続したケアをすることが大切ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です