妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

アロベビーフォーマムクリームは乳児湿疹にもおすすめ?効果あり?

 
アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹
この記事を書いている人 - WRITER -

生まれたばかりの赤ちゃんのお肌がもちもちすべすべしている、と、思われている方も多いと思います。

「赤ちゃん肌」という言葉があるくらい、柔らかでもちもちなお肌というイメージがありますよね。

しかし、赤ちゃんの皮膚は大人の1/2ほどの厚さしかなく、とてもデリケートですぐに肌荒れが起きてしまいます。

その代表的な肌荒れが「乳児湿疹」です。

他にもおむつかぶれやあせもなど、多くの肌トラブルに悩むママも多いと思います。

そんな子供の湿疹に、妊娠線クリームとして人気の「アロベビークリーム」が効果的という噂があるのをご存知ですか?

本来であれば、妊娠線予防や出来てしまった妊娠線が消えるくらい薄くする働きを持つクリームですが、なぜ、乳児湿疹に効果があるという噂が立っているのでしょうか?

そこで今回は、乳児湿疹に妊娠線クリームであるアロベビークリームが本当に効果的なのか、についてお話していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

もくじ

妊娠線クリームなのにアロベビーフォーマムクリームは、乳児湿疹に効果があるの?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

結論から言うと「イエス」です。

妊娠線の主な原因は「急激な体型の変化」と「皮膚の乾燥」だと言われています。

アロベビークリームはそんな乾燥を予防・改善してくれる働きがあるクリームなんですよ。

そして、乳児湿疹の原因の一つとして考えられているのも「皮膚の乾燥」なんです。

お肌が乾燥することで、皮膚のバリア機能が低下し、湿疹が起こりやすくなってしまうんですね。

特に生後3ヶ月~4ヶ月ごろの赤ちゃんのお肌は、とても乾燥しやすくなっています。

そんな乾燥を予防・改善するためにアロベビーフォーマムクリームが役立つというわけなんですよ。

女性が妊娠するとホルモンバランスが崩れ、とてもデリケートなお肌になります。

安心して妊娠線クリームが使えるように、アロベビークリームは99%が天然由来成分で作られているんですよ。

ですから、生まれたばかりの赤ちゃんに対しても、低刺激で優しく作用してくれるというわけなのです。

では、アロベビーフォーマムクリームには、どんな成分が配合されているのか気になりますよね。

ここからは、アロベビークリームに配合されている天然由来成分について、ご紹介していきたいと思います。

アロベビーフォーマムクリームに配合されている成分について

シア脂

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

アフリカの国々に自生するシアの木から抽出されるものが、シア脂です。

シア脂の最大の特徴は、酸化に強い点です。

豊富に含有されているのは、天然の防腐剤とも言われるビタミンEで、お肌を酸化から守ってくれるんですよ。

アフリカの国々は、過酷な環境ですが、そんな中で育つシアの木はとても生命力が強い植物です。

ビタミンEの他には、オレイン酸をたっぷりと含有しており、高い保湿効果が期待できます。

妊娠線やできてしまった妊娠線を消す働きはもちろん、赤ちゃんの乳児湿疹にも効果的ですよ。

乾燥により、バリア機能が低下した赤ちゃんのお肌を、アロベビーフォーマムクリーム妊娠線クリームが優しくうるおわせてくれます。

ラベンダー水

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

アロマなどで有名なラベンダーには、気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。

日焼けややけど、おできや湿疹にも効果があり、皮脂の分泌バランスを整えてくれます。

他にも、細胞の新生促進効果も期待できますよ。

天然成分ですから、毒性や刺激性もほとんどなく、アレルギーや副作用も報告されていません。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌トラブルを、改善してくれる安全な成分だと言えます。

ヒマワリ種子油

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

夏の花と言えば、ヒマワリですよね。

そんなヒマワリの種子から抽出されるオイルは、化粧品だけでなく食用に使用されるなど、幅広く愛用されています。

ヒマワリ種子油に含有されている主な成分は、オレイン酸、リノール酸、ミネラル類(鉄、リン、カリウム、亜鉛、カルシウム)、ビタミン類(A,D,E)など、豊富な栄養素が含有されています。

オレイン酸とリノール酸の効果で、お肌を優しく保湿し、皮膚を柔らかくしてくれます。

乾燥によるごわつきやかさつき、かゆみも改善してくれるので、乳児湿疹への効果も期待できます。

さらに傷や湿疹を修復する抗炎症作用もありますので、肌荒れの改善効果も発揮してくれますよ。

ツボクサエキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

ツボクサの葉から抽出されるツボクサエキスは、古くから薬用の植物として愛用されてきました。

日本だけでなく、インドや中国で、やけどや傷の治療に用いられてきたんですよ。

そんなツボクサエキスには、多くの働きがあります。

  • 血行促進効果
  • 新陳代謝の向上、ターンオーバーの促進
  • 肌の弾力性をアップさせる
  • 抗炎症作用
  • ニキビなどの肌荒れを予防、改善
  • コラーゲンの生成を促す

など、様々な効果が期待できる植物エキスです。

オウゴン根エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

中国や朝鮮半島、モンゴルで自生する多年草の植物であるオウゴンは、漢方の生薬として古くから使用されてきました。

日本では、薬用だけでなく観賞用の植物としても親しまれているんですよ。

  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗酸化作用
  • 収れん作用
  • 保湿作用

など、化粧品に配合されると、様々な効果が期待できる植物エキスです。

他にもPM2.5や車の排ガス、たばこの煙など、外部刺激からお肌を保護する働きがあります。

妊娠中のデリケートなお肌や、皮膚の薄い赤ちゃんのお肌を守ってくれるんですね。

カンゾウ根エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

オウゴン根エキスと同様、古くから漢方に用いられている生薬の一つです。

このカンゾウ根エキスには「グリチルリチン酸」と言われる成分が、豊富に含有されています。

砂糖の50倍もの甘味があるので、漢字で書くと「甘草」となるんですよ。

日本では平安時代から使用されている、歴史のある生薬です。

カンゾウ根エキスの主な効果は、消炎作用です。

肌荒れやニキビを改善し、健やかな状態にしてくれますので、乳児湿疹にも効果を発揮してくれますよ。

妊娠線クリームでありながら、アロベビークリームには、このような天然由来成分がたくさん配合されているんですね。

タチジャコウソウ花/葉エキス

シソ科の植物であるタチジャコウソウという植物の花や葉から抽出されるものです。

親しみのある名前だと「タイム」と言われていますね。

ハーブの一種であるタチジャコウソウには、優れた抗菌作用が期待できます。

収れん作用もありますが、お肌を柔らかくし、保湿する働きもありますよ。

カミツレ花エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

カミツレは古い呼び方で、今はカモミールと言われることが多いですね。

ハーブの一種であるカミツレの花から抽出されたエキスには、多くの作用が期待できます。

抗菌作用、抗炎症作用、収れん作用、鎮痒作用、血行促進作用などが挙げられます。

妊娠することでホルモンバランスが崩れ、お肌が乾燥しやすく、かゆみを伴うことも珍しくありませんが、そんなお肌の悩みを解決してくれるんですよ。

アロベビークリームに配合することで、乳児湿疹を改善する効果が期待できます。

妊娠線クリームなのに、湿疹に効果的というのは、このような働きがある成分が豊富に配合されているからなんですね。

オレンジ果実水

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

オレンジの果実から抽出されたエキスを指して言います。

採取する時期や国によって、成分は多少異なりますが、主な成分をご紹介しますね。

  • フルーツ酸
  • フラボノイド
  • ビタミン類(ビタミンA,B,C,E)
  • 糖類(ショ糖、転化糖)

これらがアロベビークリームなどの妊娠線クリームに配合された場合、保湿効果や収れん効果が得られるだけでなく、皮膚細胞就活作用も期待できます。

乳児湿疹などで肌荒れした状態でも、お肌にうるおいをプラスし、きめ細かくなめらかな状態へ整えてくれます。

オリーブ果実油

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

妊娠線クリームに良く配合されているオリーブ果実油は、アロベビークリームにも配合されています。

天然由来の安全なオイルですから、生まれたばかりの赤ちゃんや妊娠中の敏感肌でも安心して使うことが出来ますよ。

その名の通り、オリーブの果実から抽出されるオイルですが、実はオレイン酸が豊富に含有されています。

オレイン酸は、ヒト皮脂中に存在する不飽和脂肪酸の代表的な成分として有名ですよね。

皮膚との親和性が高く、角質層から水分が逃げないように予防してくれますので、お肌のうるおいを維持することができるのです。

また、お肌を柔らかくする働きも期待できますので、妊娠線はもちろん、乳児湿疹の改善効果も発揮してくれますよ。

ホホバ種子油

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

砂漠でも育つほど生命力の強い植物であるホホバの種子から抽出された、オイルのことを指して言います。

ホホバ種子油の特徴は、なんと言っても、熱に非常に強いという点です。

酸化安定性が高く、370度以上の高温で、4日間熱し続けても品質が変わらなかったという研究結果が出ているほどです。

ホホバ種子油は皮脂バランスの調整作用に優れており、脂っぽい肌なら皮脂の分泌を抑制し、乾燥しているお肌なら皮脂分泌を促進してくれるのです。

低刺激な植物由来のオイルですから、デリケートなお肌な方でも、生まれたばかりの赤ちゃんでも安心して使うことが出来る万能はオイルだと言えます。

また、浸透力にも優れているので、べたつかず、使い勝手も良いんですよ。

ホホバオイルがお肌に浸透すると、皮膚を柔らかくする効果が期待できますから、妊娠線クリームにもよく配合されているんですね。

バオバブ種子油

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

木の中で水分を溜められるという特徴を持つ、バオバブの木の種子から抽出されるオイルです。

過酷な環境であるアフリカのサバンナに自生する、生命力の強い植物ですよ。

そんなバオバブ種子油には、豊富な栄養素がたっぷりと含有されています。

保湿効果でお肌をうるおすことはもちろん、抗酸化作用を持ちアンチエイジング効果も期待できます。

また、紫外線などの外部ダメージからお肌を保護する効果もありますので、デリケートなお肌の方でも安心ですね。

アロベビークリームに配合することで、妊娠中の湿疹や乳児湿疹を予防・改善効果が得られます。

カニナバラ果実エキス

ローズヒップの一種であるカニナバラの果実から抽出されるエキスには、美肌効果が期待できます。

お肌にハリと透明感を与える効果があるんですよ。

乾燥肌を予防・改善する働きもありますので、妊娠線や乳児湿疹の原因である乾燥を防いでくれるんですね。

安全性が高く低刺激な成分ですので、アロベビークリームをはじめとした妊娠線クリームにも最適な成分だと言えます。

イタドリ根エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

ダテ科の植物であるイタドリの根茎から抽出されたエキスです。

出血した患部にイタドリを患部に刷り込むと、痛みが和らぐということから「痛取」と呼ばれるようになったんですよ。

止血作用に優れているだけでなく、ポリフェノールの一種であるレスベロトロールという成分も豊富に含まれています。

ポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用に優れているんですよ。

お肌のバリア機能を向上させたり、肌の炎症や肌荒れなど様々なトラブルを改善してくれる効果があります。

収れん作用や保湿作用も備えていますので、お肌を保湿しつつ、健やかな肌作りが出来るように環境を整えてくれるんですね。

チャ葉エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

チャノキの葉というツバキ科の植物から抽出されるエキスが、チャ葉エキスです。

烏龍茶や紅茶、緑茶は全て同じこのチャノキの葉から作られているんですよ。

チャ葉エキスにはビタミンCやアミノ酸、フラボノイド、アルカロイド類(キサンチン、カフェイン、テオフィリン)などが含有されています。

この茶葉エキスが化粧品に配合された場合、期待できる効果は、抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用、収れん作用などが挙げられます。

ローズマリー葉エキス

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

ハーブの一種であるローズマリーの葉から抽出したエキスが、ローズマリー葉エキスです。

タンニンやポリフェノール、フラボノイドを豊富に含有しているという特徴があります。

抗菌作用、抗酸化作用、血流促進作用も期待できますから、アロベビークリームなどの妊娠線クリームにもよく配合されているんですよ。

天然由来成分ですから、乳児湿疹や妊娠中のデリケートなお肌にも安心して使うことが出来ます。

そもそも乳児湿疹とはどういう症状なの?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

ここまで妊娠線クリームであるアロベビークリームが、乳児湿疹に効果的かどうか、についてお話してきました。

天然由来成分99%配合で、お肌に低刺激なもの、お肌を整える効果、保湿する効果により、乳児湿疹の改善効果が期待できるというものでした。

では、そもそも乳児湿疹とはどういう症状なのでしょうか?アトピーとの違いも気になりますよね。

ここからは、乳児湿疹がどういうものかについて、お話ししていきたいと思います。

乳児湿疹って?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

生後2週間~2ヶ月ごろにかけて、乳児に多く見られる湿疹のことです。

顔や首、頭皮などを中心に、赤いポツポツしたものや、黄色いかさぶた、フケのようなものが出てきます。

中には膿の流出が出るなど、症状は様々です。

乳児湿疹の原因はハッキリと解明されておらず、諸説あります。

しかし、主に胎盤を通じて、赤ちゃんに渡されていたママの女性ホルモンが皮脂分泌を促進しているからと考えられています。

さらに、生まれたばかりの赤ちゃんは、毛穴が小さいので皮脂が詰まり炎症を起こしやすいと言われています。

ですから、湿疹が悪化しやすいんですね。

乳児湿疹の治療方法について

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

乳児湿疹は、生後2ヶ月を過ぎたころから自然と症状が軽くなることが多いので、出来てしまってもそれほど心配することはありません。

ママから受け継いだホルモンの働きが弱くなれば、段々治まってくるんですね。

しかし、湿疹が長引いたり、悪化する場合は、小児科や皮膚科を受診する方が良いでしょう。

  • お肌を清潔にして保湿をする
  • 症状がひどい場合は、皮膚の炎症を抑える薬を処方

基本的には、この二つの方法を指導されることが多いようですよ。

塗り薬は炎症を押さえるためのステロイド剤の塗り薬、抗菌薬入りの塗り薬で細菌感染を予防するものなどが、処方されます。

乳児に使用しても大丈夫なステロイド剤を処方してもらえますので、安心してくださいね。

生まれたばかりの赤ちゃんを連れて病院に行くのは大変だからと、市販薬を購入する方もいらっしゃいますが、湿疹の原因が乳児湿疹ではない可能性もありますので、まずは病院を受診してくださいね。

乳児湿疹の症状を改善し、再発を防ぐには、薬による治療の他に適切なスキンケアが大切です。

皮脂の分泌が盛んな部分に出来やすいので、泡立てた石鹸を撫でるように優しく汚れや皮脂を洗い流してください。

石鹸の泡が残らないようにしっかりと洗い流すことが大切ですよ。

また、湿疹の表面にかさぶたやフケのようなものが付いているなら、無理に剥がさないように注意してくださいね。

ベビーオイルや天然由来のオリーブオイルなどのオイルをコットンに浸し、患部に優しく押し当ててください。

そうすることで、かさぶたがふやけて、洗ったときに綺麗に取り除くことが出来るのです。

さらに、入浴後や洗顔後もお手入れが必要です。

入浴後、洗顔後はお肌が乾燥しやすい状態ですので、皮脂分泌がさらに増えてしまう可能性もあります。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんは、皮脂分泌が低下しはじめるので、乾燥しやすくなります。

ですから、入浴後、洗顔後は赤ちゃんにも使える低刺激な保湿剤を使用して、しっかりとケアをしてくださいね。

どうすれば乳児湿疹を予防することが出来るの?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが悩む症状ですが、適切に処置をすれば、発症を防ぐこともできるんですよ。

湿疹を防ぐにはどうすれば良いのか、3つのポイントをご紹介していきますね。

ポイント1:お肌の状態を清潔に保つ

乳児湿疹は、皮脂の過剰分泌が原因であると考えられています。

皮脂が溜まりやすい部分は特に念入りに洗うようにして、清潔なお肌を保つように注意してくださいね。

皮膚のしわも良く伸ばして、しっかり洗いましょう。

ポイント2:保湿ケアをこまめにする

妊娠線クリームであるアロベビークリームが、乳児湿疹に効果的と言われるのは、保湿効果に優れているからです。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんのお肌は、とても乾燥しやすくなります。

乾燥が湿疹の原因となることも珍しくありませんので、アロベビークリームをはじめとした妊娠線クリームを使用して、保湿ケアをすることも有効です。

無添加で低刺激のものを選び、赤ちゃんのお肌に優しく、保湿力のあるものを選んでくださいね。

ポイント3:室温や体温調節に注意する

意外かもしれませんが、赤ちゃんは汗っかきです。

汗もの原因にもなりますし、汗をかくと皮膚が炎症を起こし、湿疹に繋がることもあります。

ですから、室温や服装に充分注意して、汗が過剰に分泌されないように気を付けてくださいね。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎に違いはあるの?

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は、症状がとてもよく似ているので、素人目では区別がつきにくいですよね。

アトピー性皮膚炎は、お肌のバリア機能の低下などが原因で、慢性的に皮膚炎が生じる症状を指して言います。

かゆみを伴う湿疹が特徴ですね。

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹は、症状がとてもよく似ていますが、アトピー性皮膚炎の方がかゆみが強く、肘の内側や足の付け根、ひざの裏側など、全身に発症することが特徴として挙げられます。

乳児湿疹にしろ、アトピー性皮膚炎にしろ、正しいスキンケアを行うことがとても大切なことには違いありません。

症状がひどくなるようなら、外用薬を使用して、症状を改善していきましょう。

アトピー性皮膚炎は気管支喘息などの病気を引き起こす可能性もありますので、医師と相談しながら、慎重に経過を見守ってくださいね。

アロベビークリームで乳児湿疹が改善した人、しなかった人

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

あっという間に治りました!

妊娠線クリームで湿疹が消えたという噂を聞いて、半信半疑で使い始めました。

医師からは保湿をこまめにするようにと言われる程度で、薬も処方されませんでしたし、アロベビーフォーマムクリームなら99%天然由来成分で作られている安全なものだと思ったからです。

マタニティ商品であるストレッチマーククリームで、本当に改善するのかな?という思いもありましたが、保湿クリームを含めて一番お肌に優しそうだったのでアロベビーフォーマムクリームを選びました。

実際に使ってみたところ、3日目までは特に変化がありませんでしたが、4日目以降からみるみるうちに改善されていきました。

赤い湿疹の赤みが引いていき、お肌がどんどんツルツルになっていきました。

オムツかぶれも心配なので、お尻にも塗っていますが、今のところお尻も綺麗なままです。

無添加・低刺激の妊娠線クリームですから、どの部位に塗っても安心なところが評価できますね。

これからも続けていこうと思います。

アロベビークリームは妊娠中からのマストアイテム

妊娠線クリームとして有名でしたので、出産後も愛用していました。

生後1ヶ月の娘の湿疹が気になり、ひどくなる前にアロベビークリームを少しずつ塗り始めました。

少しでもひどくなったらすぐに病院に連れて行くつもりでしたが、ひどくなることもなく、娘の肌の保湿に役立っています。

ベビーオイルでは保湿が足りなかったのに、アロベビークリームだとしっかり保湿ができています。

乳児湿疹も少しずつ治まってきて、赤ちゃんらしいすべすべのお肌になっているので、気が付いたら触ってしまっています(笑)

ブツブツ肌がツルツル肌に♪

ベビーのお肌がブツブツし始めたのが気になり、アロベビーフォーマムクリームを塗ってみました。

産後の保湿ケアにいいよ、と姉が私にくれたものだったんですが、99%も天然由来成分で出来ているのなら、ベビーに使っても大丈夫じゃ?と思ったんです。

配合されている成分を色々と調べましたが、ベビーに害のあるものはなさそうでした。

ブツブツしていたお肌が2,3日塗っただけで、ツルツルになってきたのには驚きました!

伸びが良くて使いやすい妊娠線クリームなのに、浸透力も高く、べたつかないところがGOODですね♪

月齢を重ねていくにつれて、自然に治っていくものと聞いてはいたけど、やっぱりブツブツしているお肌が悪化しないか見ていて心配になります。

早いうちに改善してくれて本当に良かったです。

湿疹だけじゃなくて、よだれ・おむつかぶれにも◎

アロベビークリームは、乳児湿疹がきっかけで子どもに使うようになりました。

妊娠中から使っていましたので、お肌に対する安全性とか、品質の高さは信頼していました。

頬の乾燥がひどく、よだれかぶれやおむつかぶれなど、肌荒れがとにかくひどかった子どものケアにも使い始めたのですが、一晩でかなり改善しました。

アロベビークリームのすごいところは、浸透力の高さかな、と思っています。

例えば、他の妊娠線クリームやベビーオイルだと、ただ肌に上から被せているような感じなんですが、アロベビークリームは塗ったらすぐに浸透していくのが良くわかります。

全身にたっぷり塗れて、べたつかないっていう使い勝手がお気に入りです。

子どものお肌もすべすべになってきているし、これからも手放せません。

悪化はしないけど、改善もしない

口コミで乳児湿疹にも効果があると知り、購入しましたが、うちの子には合わないみたいです。

悪化することはありませんが、改善もしないんですよね。

毎日5回は塗っているのに、現状維持が続いているという感じです。

子どもが生後1ヶ月を過ぎたばかりなので、あまり病院には行きたくなかったのですが、小児科か皮膚科に行った方がいいのかもしれません。

1歳過ぎた今でも愛用しています☆

生後3週間で乳児湿疹が出始めたのをきっかけに、アロベビーフォーマムクリームを1年以上愛用しています。

妊娠線クリームが、湿疹に効果あるなんてと思いながら使い始めました。

ですが、一晩で子どもの湿疹が改善したので、とても驚いたのを覚えています。

ベビーオイルでダメだったのに、妊娠線クリームで改善するなんて思いもしませんでした。

それからはすっかり手放せないアイテムとなり、今でも毎日保湿ケアに使っています。

おかげで、年中通して子どものお肌はすべすべのまま!

肌荒れ知らずで過ごせているのも、アロベビーフォーマムクリームのおかげだと思っています。

赤ちゃんの肌荒れに悩んでいる人におすすめです!

妊娠線クリームだから、効果的なのかという疑問のある方も多いと思いますが、私はおすすめですね~。

というのも、息子の乳児湿疹にかなり効果を発揮してくれたからです。

赤くてブツブツしていた息子の湿疹も、今では見る影もないくらいツルっと綺麗になっているんです。

乳児湿疹って、見ている方も辛くなるくらいの見た目になりますから、少しでも改善したいと思うんですよね。

自然と治ると言われても、やっぱりなんとかしたいって思い、アロベビーフォーマムクリームを購入しました。

99%天然由来成分なら、生まれたばかりの赤ちゃんに使っても安心できますしね。

無添加・低刺激というところも安心ですし、浸透力が高いのでべたつかず、すごく使いやすいです。

赤ちゃんの汗もやおむつかぶれ、乳児湿疹などの肌荒れに悩んでいる方には、おすすめできる商品だと思いました。

妊娠線クリームとしての、アロベビークリームは効果あるの?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

乳児湿疹にも効果があるということで、ここまでご紹介してきましたが、肝心の妊娠線クリームとしては効果的なのかも気になりますよね。

ここからは、私の体験談をお話ししながら、アロベビーフォーマムクリームが、効果的な妊娠線クリームなのかどうかについて、お話しさせていただきます。

この記事を書いている私は、アラサーで二児の母をしています。

アロベビークリームを使い始めたのは、下の子を妊娠したときからです。

一人目の妊娠をしたときの私は、妊娠線について楽観視していて、市販の保湿クリームを気が向いたときにぺたぺた適当に塗るだけでした。

そんなケアでは、もちろん妊娠線はできてしまいますよね。

妊娠前と比べて、すでに10キロも体重が増えていましたし、臨月になってから想像よりもずっとお腹が大きくなってしまいました。

あるとき、鏡で自分のお腹を見てみると、下腹からバリバリと何本も妊娠線ができてしまっていたのです!

なんとなく私はできないだろうと思ってたので、これはかなりショックでした。

でも、出来てしまった妊娠線は完全に消えることはありません。

私にできることは、ただただ保湿をすることだけでした。

そんな後悔を踏まえて、二人目を妊娠したときは、こまめに妊娠線クリームを塗ろうと決めました。

口コミで評判の良い妊娠線クリームはたくさんありましたが、調べた中でアロベビークリームが一番、お肌に優しそうという印象を持ちましたので、購入することにしました。

朝と晩と、一日二回、上の子のお世話に追われながらも、毎日欠かさず塗りました。

そのおかげか、新しく妊娠線ができることはありませんでしたし、上の子のときに出来た妊娠線も消えるくらい薄く目立たなくなりましたよ。

継続した保湿ケアのおかげで、デコボコしていた痕も滑らかになっていますし、人目を気にせず温泉に入れるかな、というくらいです。

もちろん完全に消えるわけではありませんけれど、コンプレックスになるくらいではありません。

それに子供を二人産んで、妊娠線そのものを自然と受け入れられるようになったというのもありますね。

お腹の中で大切に育てた勲章だ!くらいに思えるほどにはなりました。

ですから、妊娠線ができてしまった方も、焦らず、諦めず、地道にケアを続けて欲しいと思います。

アロベビークリームの保湿効果が高いわけ

妊娠線クリームの効果で最も大切なのは、保湿力があるかどうかです。

乳児湿疹や妊娠線を予防するにも、改善するにも、保湿力に優れているかどうかが、とても大切なのです。

そんなアロベビーフォーマムクリームは、集中&持続型ダブルの保湿力があるところが特徴として挙げられます。

アロベビーフォーマムクリームに配合されているダブル保湿成分は、下記の二つです。

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

・サクラン

スイゼンジノリから抽出された成分で、保湿成分であるヒアルロン酸と比較しても10倍もの保水力を持ちます。

・アクアキシル

植物由来持続型高保湿成分であるアクアキシルは、お肌を保湿するだけでなく、その保湿効果を長時間持続させる効果があります。

お肌をうるおいで満たすことで、乾燥や外部刺激からお肌を守り、妊娠線を予防してくれるんですよ。

植物由来成分がかゆみもケアしてくれる

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

上記で、アロベビーフォーマムクリームに配合されている成分をご紹介していますが、その中の7種類の成分が、かゆみのケアもしてくれます。

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、お肌がかゆくなるなどの、トラブルが起こりやすい状態が続きます。

私も妊娠中に、肌がむずむずするような痒みに悩まされたこともあります。

  • カモミール
  • オウゴン
  • カンゾウ
  • チャ葉
  • イタドリ根
  • ローズマリー葉
  • ツボクサ

この7つの植物由来成分が、お肌を整え、かゆみなどの肌トラブルからお肌を守ってくれるんですよ。

お腹が大きくなるとお肌がつっぱり、かゆくなることも珍しくありません。

選び抜かれたオーガニック植物成分が、肌荒れやかゆみを予防してくれるので、健やかなお肌へと導いてくれます。

お肌に優しい99%天然由来成分配合

これまで何度もお話ししていますが、アロベビーフォーマムクリームの最大の魅力は「99%天然由来成分」であるという点です。

妊娠中はホルモンバランスの影響で、お肌がとてもデリケートになります。

今まで肌荒れとは無縁だった方でも、妊娠前に使っていたクリームでは肌荒れしてしまうようになった、ということも決して珍しくないのです。

アロベビークリームは、生まれたばかりの赤ちゃんにも使えるくらい、優しい妊娠線クリームであることにこだわられています。

99%以上天然由来成分ですから、デリケートなお肌でも、産後の保湿ケアにも、乳児湿疹に悩む赤ちゃんにも、安心して使うことが出来るんですよ。

つわり中でも安心?超微香のさわやかな香り

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

アロベビークリームは、無香料ではありません。

ネロリのアロマがほのかに香る、超微香のクリームです。

つわりの真っ最中でも、このさわやかな香りなら大丈夫だったという方も多いんですよ。

また、テクスチャーも良く、とても伸びが良いのも魅力の一つです。

お腹が大きくなっても、伸びが良く広がるので、あらゆる部位をカバーすることが出来ます。

浸透力にも優れていますので、妊娠線ケア、湿疹ケアをしたあとでも、すぐに服を着られますよ。

つわり中でも使えるかどうかは、その方によりますので、少しでも気分が悪いと思ったら無理せず、安静にすることを第一に考えてくださいね。

ボディケアのポイントはある?

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

妊娠初期

ホルモンバランスが崩れ、お肌が敏感になり始める時期です。

手のひらにクリームをたっぷりと取り、お腹全体に優しくなじませてください。

他にも、胸や二の腕、太もも、お尻など、皮下脂肪が付きやすい部位を重点的にケアしてくださいね。

クリームの量はその方それぞれですが、目安は「塗り終わったあとティッシュがくっつくくらい」です。

妊娠中期

つわりも落ち着き、本格的に妊娠線ケアを始める方が増える時期です。

お腹も少しずつ大きくなり、クリームの量も以前よりも増えたな、と実感している方も多いのではないでしょうか?

塗る部位も大きくなってきますので、手のひらで優しく撫でるように塗ってくださいね。

大きくなるのはお腹だけではありません。

お尻や太もも、二の腕、胸にも忘れずに塗ってくださいね。

見落としがちなのは、太ももの内側と外側、付け根辺りと、ひざ裏やもも裏です。

下から上に持ち上げるように、塗り広げてくださいね。

お肌が乾燥するとかゆみを感じる方も多くなります。

かゆみは乾燥や妊娠線ができる前兆とも言われていますので、お肌がかゆくなったらすぐに保湿ケアをしましょう。

妊娠後期

出産が目前に迫ってくると、毎日がせわしなく過ぎていくと思います。

しかし、胸やお腹は一気に大きくなりますし、お肌もさらに乾燥しやすい状態になります。

今まで以上に、たっぷりのクリームをこまめに塗ることを心掛けてくださいね。

最低でも一日二回、理想はお肌の乾燥を感じたらすぐに保湿ケアをすることです。

お腹が大きくなると下腹部や太ももの付け根など、ケアしにくい部分が出てきます。

そんなときはパパや上のお子さんに手伝ってもらいながら、楽しくボディケアの時間を過ごしてくださいね。

出産後

妊娠線はお腹が大きくなるときにしかできないと思っている方も、多いと思います。

ですが、妊娠線はお腹がしぼむ出産後に出来ることも珍しくないんですよ。

お腹がしぼむことで、たるみにも繋がりますので、産後のお肌を引き締めるためにも、アロベビーフォーマムクリームでケアを続けてくださいね。

また、生まれたばかりの赤ちゃんの保湿ケアにも使えますので、親子で愛用出来ますよ。

もちろん、乳児湿疹などの肌トラブルの予防・改善効果が期待できますよ。

まとめ

アロベビーフォーマムクリームと乳児湿疹

 

長くなりましたが、ここまで妊娠線クリームであるアロベビークリームが乳児湿疹に効果的なのかについて、お話ししてきましたがいかがでしたか?

アロベビーフォーマムクリームにはどのような天然由来成分が配合されているのかなども、ご紹介してきましたね。

使ってみた方の口コミや私の体験談も、お話しさせていただきました。

今、赤ちゃんの肌トラブルや乳児湿疹に悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

妊娠線クリームとして、どのような効果があるのかもお話ししましたね。

アロベビーフォーマムクリームの魅力は、

  • 99%以上の天然由来成分が配合されていること
  • 無添加処方、低刺激であること
  • 保湿力に優れていること
  • 肌馴染みが良く、浸透力が高いということ

この4つだと私は思っています。

超微香のネロリの香りも、私はとても好きでしたよ。

一度できてしまうと妊娠線は消えることはありません。

しかし、諦めずに保湿ケアを続けることで、目立たないくらい薄くすることは十分可能ですから、出来てしまったからといって、消して諦めないでくださいね。

また、生まれたばかりの赤ちゃんは乳児湿疹以外にも、おむつかぶれやあせもなど、様々な肌荒れが起こりやすい状態です。

大人よりも皮膚が薄いので、外部刺激からのダメージを受けやすいのです。

そんな赤ちゃんのお肌を健やかな状態にするためにも、日ごろから保湿ケアをすることはとても大切です。

アロベビークリームなら、お肌に優しい低刺激成分ですから、安心して使うことが出来ますよ。

ベビーマッサージをすることは、赤ちゃんとママとの大切なスキンシップの時間にもなります。

忙しい毎日の中、保湿ケアをするのは大変かもしれませんが、少しでも楽しい時間を過ごしてくださいね。

アロベビークリームがお肌に合うのかどうか、心配だという方もいらっしゃるかもしれませんが、アロベビークリームは15日間の全額返金保証制度があります。

使用してから、万が一、お肌に合わなくても返金してもらうことが出来ますので、気軽にお試し出来ますよ。

毎日のボディケアで、ママも赤ちゃんも健やかなお肌を目指してくださいね。

なお、アロベビークリームに含まれている成分や期待できる効果、実際に使用した人の口コミはこちらでもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
アロベビーフォーマムクリームの妊娠線予防成分や効果|妊娠線は消える?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です