妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方・塗り方・使用期限

 
アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方
この記事を書いている人 - WRITER -

アロベビーフォーマムクリームは妊娠線予防効果が高いことからSNSで口コミ人気が高い今話題の妊娠線予防クリームです。妊娠初期段階から使用することで妊娠線を予防できるだけでなく、すでにできてしまった妊娠線を消したり、出産後の大人のスキンケアや乳児のスキンケアにも使用できる優れものです。

アロベビーフォーマムクリームは99%が天然成分でできているため敏感肌のママをはじめデリケートな赤ちゃんにも安心して使用できますが、クリームの塗り方や塗る時間、塗るタイミング、マッサージはしてもいいのか、いつからいつまで塗れば効果があるのか、といった点が気になりますよね。

せっかく妊娠線予防のために使用するなら効果的な使い方・使用方法を実践したい!
そこで今回は大人気妊娠線予防クリームであるアロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方・使用方法を塗り方やタイミング、気になる使用期限や妊娠線予防クリーム以外の使い方など様々な角度から詳しくご紹介します。

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方・使用方法

アロベビーフォーマムクリームは一見すると伸びの良いボディクリームや美容クリームのようなため、使い方や使用方法に難しい制限はありません。ただし“妊娠線を予防する”という目的を重視する場合、押さえておきたい使い方や使用方法のポイントがいくつかあります。そこでここでは基本的な使い方・使用方法だけでなく、より効果的な使い方・使用方法もしっかり覚えていきましょう。

妊娠線を予防するための基本&効果的な使い方・使用方法

1本でどのくらい使える?

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームは1本200ml。
クリームを塗る範囲や使用量によって異なりますが、1本で約1.5ヶ月分となっています。

いつ塗るの?使用するタイミングは?

アロベビーフォーマムクリームで妊娠線を予防するには1日2回の使用が理想的です。
朝と夜、特に夜は入浴後の肌が温まって清潔な時に使用するとクリームの成分が浸透しやすくなり効果を高めることができます。
また乾燥が気になる時期は1日3~4回の使用をおすすめします。

1回あたりの使用量は?

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームは使いやすいポンプ式仕様です1回あたり2プッシュ程の量が目安ですが、塗り終わった後にティッシュがくっつくくらいたっぷり塗りましょう。

効果的な塗り方

アロベビーフォーマムクリームを塗る際は2プッシュ分かそれ以上を数回に分けてお腹全体に優しく馴染ませるように塗って下さい。
塗り終わった後に手のひらで優しく押さえるとクリームの成分の浸透を促して妊娠線予防効果をアップさせることができます。

効果的なマッサージ方法

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームはみずみずしくスーッと伸び広がるテクスチャーなので塗りやすくマッサージしやすいクリームとなっています。マッサージすることでクリームの有効成分が寄り肌に浸透しやすくなるため、妊娠線予防のためにマッサージをしながら使用することはとても効果的です。また伸びの良いテクスチャーにより妊娠後期の大きくなったお腹も無理なくクリームを伸ばすことができます。ただしマッサージを行う際はあまり強く揉まず、優しく撫でるようにマッサージしましょう。万一お腹に張りを感じた場合は直ちにマッサージを中止して下さい。

塗る期間は?いつからいつまで?

アロベビーフォーマムクリームで妊娠線を予防するならば妊娠が判明した時点からの使用が望ましいです。妊娠中の女性の肌は妊娠前と比べてとても敏感になりやすく、妊娠初期から妊娠後期・出産後のトータルケアが肌ストレスのないマタニティライフにおいて重要なポイントとなります。そこで肌が敏感になり始める妊娠初期にアロベビーフォーマムクリームを塗り始めることで有効成分が肌全体に優しく馴染み、徐々に大きくなるお腹に皮膚が引き裂かれないよう柔らかく保つことができます。いつまで塗ればいいのか、という点に関しては出産後まで塗り続けることをおすすめします。

出産後に使用するメリットはある?

妊娠初期から出産にかけて徐々に大きくなったお腹は皮膚も大きく伸びた状態です。
出産後は大きく伸びた皮膚がダルダルになってしまいますが、アロベビーフォーマムクリームにはこの伸びた皮膚を引き締める成分も配合されているため、出産後もクリームを塗り続けることでより早く伸びた皮膚をキュッと引き締める効果が期待できます。

妊娠初期・中期・後期の効果的な使い方・使用方法まとめ

妊娠初期(妊娠4週目~)

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

肌が敏感になり始める時期です。
一度できてしまうと消えにくい妊娠線を予防するならこの時期からの妊娠線予防ケアを始めましょう。1日2回、乾燥する季節は1日3~4回ほどクリームを塗ります。また入浴後の肌が温まった柔らかい状態に使用するのがベストタイミングです。

妊娠中期(妊娠16週~)

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

お腹だけでなくヒップやバストにも変化が現れ始める時期です。その体の変化に皮膚が引っ張られ始めるため、お腹だけでなくヒップやバストをアロベビーフォーマムクリームでしっかり保湿ケアしましょう。
実際に妊娠線はお腹周りだけでなくヒップやバスト、太ももにできる場合も多いので、全身をケアすることが妊娠線予防において重要です。またこの時期は肌の敏感な変化により痒みを感じやすいため、痒みを感じたり少し肌が気になった時はアロベビーフォーマムクリームをこまめに塗ると良いでしょう。

妊娠後期(妊娠28週~)

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

妊娠28週以降の妊娠後期に入ると急激にお腹が大きくなります。
初期から中期にかけてアロベビーフォーマムクリームでしっかりケアをしてきた方もこの時期に油断するといっきに妊娠線ができてしまいます。
そこでいつも以上にたっぷりクリームを使ってしっかり保湿して下さい。またお腹が大きくなると下腹やヒップ、太ももにクリームが上手く塗れないこともあるので、鏡を使うなどして塗り残しが無いように気を付けましょう。

アロベビーフォーマムクリームで妊娠線を消す効果的な使い方・使用方法

アロベビーフォーマムクリームは基本的に妊娠線を予防するための妊娠線クリームですが、
使い方や使用方法によってはすでにできている妊娠線を消すことも不可能ではありません。

ただし妊娠線は一度できてしまうと消すことが難しく、数ヶ月で改善できるものではありません。実際に妊娠線が消える期間には個人差がありますが、半年~数年単位でのケアが必要となってきます。

妊娠線を消す使い方・使用方法

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームですでにできている妊娠線を消す効果的な使い方・使用方法はただ1つ。
「とにかく毎日根気強く使い続けること!」です。

妊娠線とは肌表面だけでなく内部にまで深く亀裂が入った状態であるため、この亀裂を修復するためには長い時間が必要となります。
肌は一定の周期で生まれ変わる“ターンオーバー”という作用があり、常に新しい肌へと生まれ変わっています。

このターンオーバーのサイクルは一般的に28日といわれていますが加齢と共にサイクル期間は延び、30代以降になると「28+年齢数」の日数もかかるといわれています。つまり30歳の方だと58日、約2ヶ月もかかるということです。

しかしこれはあくまで肌表面のトラブルに対して修復される期間であり、肌内部まで避けている妊娠線を修復するにはこの期間の数倍は必要となります。つまり諦めずに根気強く毎日ケアし続けることが妊娠線を消す最大の近道ということです。

実際に妊娠線が消えた口コミ体験談

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

(30代前半)

第1子妊娠時に妊娠線ができてしまい、気付いてからは直ぐに妊娠線クリームを使い始めたのですが、出産直後にお腹全体を見た時が一番ショックでしたね。妊娠中の妊娠線はお腹全体が膨らんでいたからかそれほど酷いものには見えなかったのですが、出産してお腹が萎むと皮膚のたるみも相まって本当に“シワシワの汚いお腹”って感じでした。

ネットでも色々調べてみたものの妊娠線を消すのは本当に大変みたいで、1~2年ケアしても消えなかったという人もチラホラいました。
このままもう消えないのかなぁと諦めモードでしたが、何もしないよりはマシだろうと思い、産後のボディケアも一緒にしようと思いアロベビーフォーマムクリームを使い始めました。

アロベビーフォーマムクリームを使い始めて1年、妊娠線が大分薄くなってきたなぁと感じていた頃に第2子を妊娠しました。2人目の時は妊娠が分かった時点から出産後までアロベビーフォーマムクリームで妊娠線予防ケアを行ったおかげか、妊娠線は全くできませんでした!この時点で1人目の時の妊娠線もかなり薄い状態。2人目を出産して落ち着いてからお腹を見た時、1人目出産時と比べてかなりお腹がキレイだなぁと感動したくらいです。

その後も1年ほどアロベビーフォーマムクリームを使い続けた結果、今では1人目の時の妊娠線がほぼほぼ消えました。ここまでくるのに2年ほどかかりましたが、やはり妊娠線のないツルツルなお腹は嬉しいですね♪
諦めずにケアを続けて本当に良かったです。

(20代後半)

昨年初めての出産を経験しましたが、初めての妊娠線も経験しました。妊娠線はマタニティ雑誌で拝見したり先輩ママからも聞いたことがあり、私なりに市販の妊娠線クリームでケアをしていたのですが、下腹部分に結構ビッシリできてしまいました。

妊娠後期になるとどうしても下腹が自分の目で見えなくなるのでケアが不十分になってしまったようです。同時期に出産した友人は妊娠線が全くできず出産後のお腹がキレイで羨ましかったです。でも自業自得ですよね。
何とかキレイに消したくて口コミをチェックしまくり購入したのがアロベビーフォーマムクリームです。

もうすぐ使い始めて1年半になりますが、結構薄くなってきて自分でも驚いています!
私自身はドコに跡が残っているか分かりますが、主人には「見た目はもう完全に無いように見える!」とのことです。1年半近く使い続けるとトータルコストがかなりの額になりましたが、キレイになったお腹を見ると後悔よりもやって良かったと思えます♪

 

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

いかがですか?実は私も第1子妊娠時に妊娠線ができてしまい大後悔した一人です。かなり長い時間をかけてケアをした結果何とか妊娠線を消すことに成功!第2子妊娠時は早い段階から妊娠線予防ケアをしたおかげで妊娠線はできませんでした。

アロベビーフォーマムクリームなどの妊娠線予防クリームで妊娠初期から産後間までケアを行う場合、使用期間は大体8~10ヶ月ほどになりますが、一度できてしまった妊娠線を消すためには1~2年と実に倍以上の年月が必要となります。そうなるとモチベーションを保つのが難しいですし、コスト的にも負担が大きくなります。そういった点から考えるとやはり妊娠線は予防するのが一番ですが、できてしまってからも決して諦めることはありませんよ。

アロベビーフォーマムクリームは他の妊娠線クリームと比べても保湿力が高いので、頑張って使い続ければ妊娠線を消すことも不可能ではありません。だから妊娠線を予防する以外の使い方・使用方法もぜひ覚えておいて下さいね。

アロベビーフォーマムクリームの使用期限について

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームは1本200ml入りで約1.5ヶ月分。クリームを塗る範囲や量によって消費スピードの個人差はありますが、大体平均すると1ヶ月で1本ほど消費する方が多いです。しかしアロベビーフォーマムクリームを使い始めるタイミングによっては最後の1本が大量に余ってしまった・・・なんてケースも出てきます。

「余った奴は次の妊娠時まで取っておこうかな」と考える方もいらっしゃいますが、その際に気になってくるのがアロベビーフォーマムクリーム自体の“使用期限”です。
というのもアロベビーフォーマムクリームは成分の99%が天然成分でできており、肌に刺激を与える化学薬品も12成分無添加処方となっているためあまり長期間の保存には適していないからです。

そこでアロベビーフォーマムクリームの使用期限について確認したところ、「未開封の状態で2年、開封後は1年」とのことでした。
また「開封後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存すること」となっています。

もしセット購入して未開封のものがあればそのまま置いておいても大丈夫ですね。次の妊娠時に使用してもOKですし、友人にプレゼントしても喜ばれます。開封しているものに関しては使い切ってしまいましょう。大量に余った時のおすすめの使い方や使用方法は次の項目でご紹介します。

アロベビーフォーマムクリームの妊娠線予防以外の使い方・使用方法

アロベビーフォーマムクリームは購入のタイミングによっては大量に余ってしまう場合があります。そんな時、もし商品が未開封なら使用期限が2年もあるのでそのまま置いておいて次回妊娠時の妊娠線予防ケアに使用するか、友人にプレゼントするといった使い方・使用方法がおすすめです。

しかし既に開封してしまっている場合には使用期限が1年しかないので、ここは思い切って妊娠線予防以外の使い方・使用方法を試してみましょう。アロベビーフォーマムクリームを妊娠線予防以外で使用する場合、主に「大人のスキンケア」と「乳児湿疹の予防ケア」に使用することができます。

大人のスキンケアに!

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームが余った時の効果的な使い方の一つが大人のスキンケアとして使用する方法です。
アロベビーフォーマムクリームは配合成分の99%が天然成分であり、保湿力にも優れているのでボディクリームとして使用することができます。

特に出産後はホルモンバランスが整うまでに時間がかかり、その間は妊娠中と同じく肌も敏感でデリケートな時期です。もともとの肌質も関係してきますが、冬場の乾燥しやすい季節の保湿ケアにはまさに最適な商品となります。ボディクリームは一般的に体へ使用しますが、アロベビーフォーマムクリームは低刺激なので顔の肌にも安心して使用できます。

つまり全身の肌の保湿ケアに使用できるということ!もしアロベビーフォーマムクリーム1本のほとんどが残ってしまっても全身の保湿ケアに使用すれば1ヶ月もしないうちに使い切ることができます。もともと乾燥肌という方や敏感肌という方はぜひこういった使い方・使用方法をお試し下さい。

なお、アロベビーフォーマムクリームの大人のスキンケアとしての使用についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
アロベビーフォーマムクリームは大人にも使える?効果あり?

乳児湿疹の予防ケアに!

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方

 

アロベビーフォーマムクリームが余った時の効果的な使い方として、
大人のスキンケア以外に挙げられるのが「乳児湿疹の予防ケア」です。

乳児湿疹って何?

乳児湿疹とは生後2週~2ヶ月頃に多く見られる湿疹のことです。
主に頭皮・顔・首を中心に現れます。
湿疹自体は「赤いポツポツ状」「黄色いフケやかさぶたみたいなもので覆われたもの」「膿が出るもの」など様々なタイプがあります。

乳児湿疹の原因は解明されていませんが、「母親の胎内で胎盤を通して母親から受け取った女性ホルモンが皮脂分泌を促すため」と考えられており、実際に乳児湿疹を発症すると毛穴に皮脂が詰まり炎症を引き起こして悪化しやすいという特徴があります。

乳児湿疹の治療法とケア方法

乳児湿疹は乳児の体内での女性ホルモンの働きが時間の経過とともに弱くなることで自然に症状が軽くなっていきますが、重症化した場合や長引く場合には医療機関での治療が必要となります。

自宅でケアする場合は「患部を清潔にして保湿すること」がポイントとなります。そのケアに最適なのがアロベビーフォーマムクリームです。アロベビーフォーマムクリームは元々成分の99%が天然成分であり、高い保湿力を持っています。化学成分12種が無添加処方なので赤ちゃんの敏感な肌にも安心して使用することができ、乳児湿疹の予防・改善ケアに最適な保湿剤といえます。

また乳児湿疹のケアだけでなく、毎日の保湿ケアにもおすすめです。乳児は生後3ヶ月を過ぎると皮脂分泌量が低下し肌が乾燥しやすく、特に入浴後の肌はカサカサになりがちです。肌が乾燥すると肌荒れを引き起こす原因にもなるため、毎日のスキンケアでしっかり保湿することが重要です。

なお、アロベビーフォーマムクリームの乳児湿疹の予防ケアとしての使用についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
アロベビーフォーマムクリームは乳児湿疹にもおすすめ?効果あり?

<まとめ>アロベビーフォーマムクリームは効果的な使い方次第でママも乳児も大助かり!

alobaby_nyuji

 

アロベビーフォーマムクリームの効果的な使い方・使用方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
基本的な使い方は効果的な使い方・使用方法のポイントさえしっかり押さえておけば妊娠線を予防することができます。

またアロベビーフォーマムクリームはすでにできてしまった妊娠線を消すこともできます。
ただし妊娠線を消すには長い年月が必要となるため毎日根気強くケアを続ける必要があります。

さらにアロベビーフォーマムクリームの良いところはもし大量に余ったとしても無駄にならないということ!大人のスキンケア商品として全身に使用できるボディクリームとしての使い方・使用方法があるほか、乳児期に現れやすい乳児湿疹の予防・改善ケア用の保湿剤としての使い方・使用方法もあります。

特に出産直後・乳児期はこれ1本でママと赤ちゃんのスキンケアを同時に行うことができるため、保湿剤を使い分けたりする手間がかなり省けますよ。

妊娠中や出産後は肌の状態が敏感になり安定しないことで様々なトラブルを招きやすい時期でもあります。アロベビーフォーマムクリームは妊娠初期から出産後だけでなく乳児にも使用できる安全性に優れた妊娠線クリームなので、妊娠線予防だけでなく肌トラブルが現れた時などに今回ご紹介した様々な使い方・使用方法をぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です