妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

ベルタマザークリームの産後の妊娠線予防・消す効果や成分を徹底解説

 
ベルタマザークリームの成分・効果
この記事を書いている人 - WRITER -

マタニティから出産後のママのケア、赤ちゃんのケアまで使用できる肌に優しいオーガニックの妊娠線クリーム「ベルタマザークリーム」

たまごクラブや、妊活スタイル、母子健康手帳副読本など各種メディアで紹介されている評判の妊娠線予防クリームなんです。

さらに、世界的に権威のあるモンドセレクションでは2016年から2018年まで3年連続で金賞を受賞、その品質はお墨付き。

何がそんなに良いのでしょうか?

それは、なにより、出産経験スタッフにより開発された商品だからです。

妊娠・出産というものは、経験者しか分かり得ない部分があるもの。

「高品質な保湿成分を配合したい」、「デリケートな時期だから肌に優しいものを」、「妊娠初期でも癒される香りに」という想いから作られました。

デリケートになりがちな妊娠中の肌を考慮、無添加にこだわりながらも、シラノール誘導体やコエンザイムQ10、ヒアルロン酸、プラセンタなど、肌を柔らかくして潤いを与える成分がたっぷり入っていて、肌の奥まで届き、妊娠線ができるのをしっかり予防してくれるのです。

伸びが良く、ベタつかない、みずみずしい使用感なので、産後の引き締めケアにも効果あるクリームです。

実際使ってみた人からは、喜びの声が続々届いています。

妊娠線を予防、さらに、できてしまった妊娠線を消すのに効果の高い成分が配合されたベルタマザークリーム。

ここでは、ベルタマザークリームに配合されている成分を徹底検証、それぞれの成分にどんな効果を期待できるのか、具体的にまとめました。

ベルタマザークリームの購入を迷っている人は、ぜひ参考にして下さいね。

妊娠中の肌の悩みとその原因

ベルタマザークリームの産後の妊娠線予防・消す効果

 

妊娠中には、次のようなトラブルに悩まされるものです。

  • 肌の色がくすんでくる
  • お腹の肌質がゴワゴワする
  • 肌がカサカサする
  • 肌に年齢サインが出てくる

こうした肌トラブルの原因は、一つは皮膚バランスの乱れ、そしてもう一つは皮膚の急激な成長です。

妊娠中には、ホルモンバランスも変化しますが、その乱れにより皮膚のバランスも乱れがちになってしまいます。

そして、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、皮膚が引っ張られ、結果的にその成長に皮膚の成長が追い付かず、妊娠線、いわゆるストレッチマークができてしまう結果に…。

お腹はカサカサ、バストはゴワゴワ、太ももにも妊娠線が…、二の腕は出せない…など、一度できてしまった肌トラブルはもう元には戻せないと思っている人にも、ベルタマザークリームはしっかり働いてくれます。

口コミ評価も高いベルタマザークリームは、そんな悩ましい肌に届く優しい成分がたっぷり配合されています。

ベルタマザークリームでケアすれば、肌見せも怖くない、見せたくなる、キレイなママに変身です。

妊娠中、肌トラブルがない人も、キレイな状態を維持するのに役立つクリームです。

ベルタ妊娠線クリームの開発秘話

ベルタマザークリームの産後の妊娠線予防・消す効果

 

ベルタマザークリームは、出産経験スタッフにより開発されました。

「高品質な保湿成分を配合したい」、「デリケートな時期だから肌に優しいものを」、「妊娠初期でも癒される香りに」という3つのこだわりをベースに、産後ケアにとことんこだわって作られました。

ベルタ妊娠線クリームのこだわり

ベルタマザークリームの産後の妊娠線予防・消す効果

 

ベルタマザークリームの全成分は次の通りです。

水、グリセリン、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、BG、 ミリスチルアルコール、コメヌカ油、ステアリン酸グリセリル(SE)、 アスパラギン酸、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、 アルギニン、グリシン、アスコルビルグルコシド、トコフェロール、葉酸、プラセンタエキス、セラミド2、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、ペンチレングリコール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果皮油

こだわりの成分をまとめました。

こだわりポイント①肌に水分を届ける

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタ妊娠線クリームの最大の特徴は、その高い保湿力です。

肌の奥まで潤いを届けて、角質から徹底的にケアします。

オーガニック成分が、肌の肌に奥にグングン浸透します。

カニナバラ、ノコギリソウ、カンザシ、ローズマリー、タチジャコウソウの5つのオーガニック成分が、奥の奥までぐんぐん浸透して、肌を健康な状態に導きます。

さらに、保湿効果に優れた次のような美容成分がたっぷり含まれています。

ベルタマザークリームの成分・効果

 

  • 馬プラセンタエキス…必須アミノ酸を6種類も含み、細胞レベルでケアする。最高級の馬プラセンタを使用、アレルギーがなく安心。
  • スーパーヒアルロン酸…保湿成分として人気のヒアルロン酸の約2倍の保湿力を誇る。
  • コラーゲン…魚由来のマリンコラーゲンを採用。保水力に優れ、肌に馴染みやすい。
  • コエンザイムQ10…肌の角質層からしっかりケアする

そして、妊娠線予防に非常に効果があるとされるシラノール誘導体が配合されているんです。

シラノール誘導体は、肌の奥にあるコラーゲン組織を生成する働きがあります。肌のハリ・弾力の要となるコラーゲンは、年齢とともに減っていきます。そのコラーゲンを増やしてくれるシラノール誘導体を配合することで、お腹が急激に大きくなっても、皮膚の奥の亀裂、いわゆる妊娠線を防ぐことができます。

こだわりポイント②肌を整えて引き締める

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタ妊娠線クリームの二番目の特徴として、葉酸が配合されているということ。

他の妊娠線ケアクリームには、ほとんど配合されていない、ベルタマザーズクリームの特徴です。

葉酸は、ビタミンB群の一つで、肌を引き締める効果があります。

妊娠中に葉酸でケアすると、出産後も引き締まった状態の肌を維持できるとされています。

出産後、お腹がブヨブヨってなるのを防いでくれるんですね。

これはとっても助かりますよ。

こだわりポイント③無添加処方で安心

ベルタマザークリームの成分・効果

 

妊娠中のデリケートな肌にやさしい無添加成分を使用しています。

香料、石油系界面活性剤、鉄鋼物、パラベン、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤フリーの無添加です。

オーガニック成分だから、赤ちゃんのケアにも使うことができます。

出産後、赤ちゃんのマッサージに、スキンシップに使えると思うと、出産が楽しみですね。

妊娠線の原因とは?

ベルタマザークリームの成分・効果

 

妊娠と同時に美容面で気になるのが、妊娠線のことです。

妊娠線は、ストレッチマークとか肉割れと呼ばれることもありますが、多くの妊婦さんが経験するといわれています。

妊娠何か月でできるかは、個人差があり、お腹が大きくなり始める妊娠5か月頃からできる人が多いようです。

でも、近年では、専用のクリームでケアすれば、予防と対策をとれるので、そこまで心配することはありません。

妊娠線予防をするにあたって、そのメカニズムを知っておけば、納得してケアができると思います。

私ももし妊娠中に、妊娠線ができるメカニズムを知り、徹底的にケアしておけば、妊娠線と無縁だったかもしれません…。

ベルタ妊娠線クリームを使って、ほとんど目立たないレベルには戻せましたが…。

妊娠線は、予防がとっても大事です。

妊娠線ができる原因は2つあります。

まるで皮膚の内側のひび割れに見える妊娠線は、何らかの原因により、皮膚の奥にある真皮や皮下組織の一部(コラーゲンや弾性繊維)に亀裂が生じることで起こります。

できはじめは、赤紫色ですが、徐々に白っぽい線に変わっていきま す。

その原因は、妊娠するとお腹やヒップ、バストなどが大きくなります。それと同時に、皮膚の表面も伸びますが、その伸びる速度に追い付かなくなると、皮膚の内側に断裂が生じるのです。

二つ目の原因は、ステロイドホルモンによる影響です。

妊娠すると、グルココルチコイドというホルモンが多く分泌されるようになります。

このホルモンは、肌の弾力を失わせるという働きも持ちます。

通常、皮膚はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を行うことで、日々新しい皮膚が生まれ変わっています。

しかし、グルココルチコイドが活性化すると、その影響として、ターンオーバーの働きが抑えられて、コラーゲンの生成も抑制されてしまいます。

ターンオーバーが抑えらえた肌は、次第に弾力が低下し、肌自体も弱くなっていくので、妊娠中は普段以上に、皮膚組織に断裂が生じやすくなっているのです。

妊娠線予防クリームでケアしないと?

ベルタマザークリームの成分・効果

 

妊娠したら、早めの妊娠線予防ケアがすすめられますが、なぜ、そんなに妊娠線ケアが大事なのでしょうか?

もし、ケアしなかったら、どうなるのでしょうか?

それを疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

妊娠が分かると嬉しい気持ちになるでしょう。

「赤ちゃんと一緒にベビーカーでお散歩したいな」、「赤ちゃんが生まれたらかわいい洋服を着せたいな」など、色々と胸を膨らませることでしょう。

妊娠周期が進むにつれて、お腹は大きくなっていき、何もケアしなくても妊娠線できないなぁ~、ラッキーと思っていても、妊娠後期、臨月になり、突然現れることも多いのが妊娠線なんです。

妊娠中期、後期になっても妊娠線が現れなくて、これは妊娠線ができないのではないか?と安心していても、それは突然やってくるんです。

妊娠線ができてしまったら、「もう少しちゃんとクリーム塗っておけばよかった」、「毎日塗っていなかったから」など後悔してしまいます。

妊娠線は一度できてしまうと、完全に消すのは非常に難しく、最近では美容皮膚科でも手術やレーザー治療など妊娠線を消す治療は行われていますが、どうかすると何十万という高額治療

さらに、1回の治療で消すことは難しく、長期的に通院しなければなりません。

そんなことにならないように予防が大事だと、妊娠線予防クリームを塗ってケアしていても、できてしまうこともある妊娠線。

「しっかりクリーム塗っていたのに、なんで妊娠線できちゃったんだろう?」と嘆き、悲しい思いをしている産後ママさんはたくさんいます。

妊娠線の他にも、肌の色がくすんだり、皮膚がゴワゴワしたり、乾燥してかゆいなど、様々なトラブルに悩むママも少なくありません。

そこで、大事なことは、やはり、妊娠線を予防するために効果のある成分が入った、専用のクリームを使って、正しくケアすることなのです。

ベルタマザーズの一般的なボディクリームとの違い

ベルタマザークリームの成分・効果

 

妊娠したら、妊娠線予防ケアが大事です。

妊娠したら、遅くとも5か月目からは妊娠線予防ケアを始めるのが良いとされているので、半年近くはクリームを塗り続けることになります。

そして、産後もケアすることも考えると、ずいぶん長いこと、クリームを使う必要があり、節約のためにも、リーズナブルな市販のボディクリームで済ませてしまっている人も少なくないと思います。

ベルタマザーズは、妊娠線クリームですから、やはり、一般的なボディクリームとは成分内容が全く違い、明らかに、妊娠線予防に効果があります。

一般的なボディクリームには、主にグリセリンやヒアルロン酸などの保湿成分が入っていて、肌を乾燥から守り、潤わせる効果があります。

そこで、ボディクリームの妊娠線予防効果を高めるには、肌に浸透しやすいお風呂上りにマッサージをしながら塗り込むなどの工夫が必要。

それでも、保湿成分の他には、妊娠線予防に効く成分は含まれないことがほとんど。

妊娠線の原因は、乾燥が原因だと思って、一般的なボディクリームで保湿する人もいます。

でも、妊娠線の原因の項目で説明した通り、妊娠線は皮膚の奥にある真皮や皮下組織の一部に断裂が生じることで現れるもの。

そこで、いくら保湿クリームやオイルで肌の表面だけを潤わせたとしても、真皮までは届かないので、あまり効果がありません。

それどころか、妊娠線予防に良いと思って、ボディクリームを塗り続けた結果、かゆみが出て、肌がボコボコになったという人も少なくないようです。

このように、妊娠線は表皮だけを保湿するだけでは効果なしというのは、美容、医療業界では当たり前の事象です。

だったら、一般的なボディクリームよりも高価なベルタクリームを塗っても意味がないのでは?と思われるかもしれません。

でも、ベルタマザークリームをおすすめする一番の理由は、シラノール誘導体が配合されているからなんです。

ベルタマザークリームの成分・効果

 

シラノール誘導体の働きは、先ほども説明しましたが、詳しく言うと、コラーゲン同士の結合を強くして、肌の弾力を高める。

ケイ素として、皮膚の中にとどまり、働き続けること。

ケイ素の保水力で、乾燥から細胞を守ること。

フリーロジカルを抑制して、過酸化脂質を抑制すること。

このような素晴らしい効能を持つ成分なんです。

シラノールは美容業界で効果が実証されていて、最先端の美容業界で注目の成分です。

妊娠線予防に関係する最も重要な効果である、妊娠線は皮膚の真皮や皮下組織という深い場所に亀裂が起きることが原因という部分を補ってくれるという面で言えば、妊娠線予防に効果があるのは、シラノール誘導体を含むクリームのみということになります。

さらに、ケイ素は肌の真皮まで浸透するため、浸透して、真皮のダメージを修復してくれる効果もあります。

妊娠線は、真皮や皮下組織に受けたダメージですから、そこを修復しないことには、妊娠線は薄くなりません。

妊娠線予防と、できてしまった妊娠線のケアには、シラノール誘導体を含むベルタマザークリームが断然おすすめなんです。

一人ひとりに合った専任のカスタマーサクセスのサポート

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタマザークリームを公式通販サイトから購入すると、一人ひとりに合った専任のカスタマーサクセスがついて、生活改善や食事レシピ、目指すスタイルづくりについてアドバイスしてくれます。

妊娠線予防、ケアには、栄養管理や食事内容も重要です。

生活改善やなりたいスタイルに近づけるように、バックアップしてくれます。

ベルタのスタッフは全員、出産・授乳・育児経験者。

ベルタは、安心のサポート体制が実現しているんです。

特に初めての妊娠時には、色々な不安が、産後まで付きまとうものです。

母親や姉などがいればサポートしてくれますし、病院では医師や助産師さんが相談に乗ってくれるでしょう。

でも、身内など身近な人に言いづらいことってありますよね?

そんな時、便りになるのが、ベルタのカスタマーサクセスです。

皆さん、妊娠・出産を経験されているので、親身になることができ、どんな些細なことにでも、丁寧に対応してくれるそうです。

妊娠線予防のポイント

ベルタマザークリームの成分・効果

 

近年は、妊娠線の情報についても豊富になり、多くの妊婦さんが積極的にケアするようになり、妊娠線が現れることなく出産できたという妊婦さんも少なくありません。

妊娠新線予防にまず効果的な方法は、体重のコントロールです。

あまり急激に体重が増加して、お腹が大きくなりすぎると、真皮の伸びがそのスピードに追い付けず、真皮に亀裂が生じるので、助産師さんなどの指示に従い、体重増加を抑制することが大切です。

そして、肌の弾力を保つには、保湿ケアが重要です。

ベルタマザークリームなど、専用のクリームで保湿して潤いを与えると、妊娠中もハリのある柔らかい肌を維持することができます。

妊娠線のケアは、お腹が大きくなり始める妊娠初期からスタートする方が良く、臨月に入って体がきつくなっても忘れずにケアを続けましょう。

特に、出産前1週間は、妊娠線ができやすい時期で、特に、自分で見えないお腹の下の方にできることが多いようです。

しっかりケアしていたのに妊娠線ができてしまった!なんてことにならないように、出産まで怠らず、見えにくい下腹部もしっかりケアを続けましょう。

ベルタマザークリームなら、つわり中も気にならない、柑橘系の香りになっていて、初期から無理なくケアできます。

ベルタマザークリームの使い方

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタマザークリームの効果的な使い方です。

クリームを500円玉くらい手に取り、ケアする箇所全体にやさしく塗ります。

特にお腹周りは、無理な力を入れず、優しくなでるようになじませましょう。

お腹は、クリームを優しく時計回りに塗ります。

それから、下から上にゆっくり優しくなでます。引き上げるときには、鼻から息を吸い、ゆっくり口で吐きます。

最後に、深呼吸をして、赤ちゃんと一緒に気落ちを落ちつけながら、お腹の中心から外側へゆっくりとなでます。

ベルタマザークリームの価格

ベルタマザークリームの成分・効果

 

そんなに評価の高いベルタマザークリーム、いったい、価格はどのくらいするのでしょうか?

妊娠線予防ケアから産後ケアまで、ある程度の期間使用するものだから、価格は気になりますよね。

通常価格は、6,980円(税込み)です。

6か月は続けてみたいという、一番人気の定期便コースなら、初回はとってもお得な500円(税抜き)。92%オフの、なんとワンコインで利用できるんです。しかも、送料無料

ただし、6回の受け取り(合計金額25,440円税込み)までは解約不可、解約は7回目以降から受付可能です。

ベルタマザークリームの口コミは?

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタマザークリームを使ってみた人の感想、評価はどんな感じなのでしょうか?

30代・女性の口コミ

妊娠して、肌が乾燥してかゆくなってきたので購入しました。

お風呂上りにお腹をはじめ、お尻や二の腕、胸、太ももなどをケアしましたが、ちょうと1か月で1本使いきる感じでした。

かなり潤うので安心感はありました。

最終的に半年間、ベルタマザークリームでケアしましたが、妊娠線ができず、良かったです。

30代・女性の口コミ

妊娠線予防用ということでしたが、肉割れの跡を消したくて購入しました。

色々なクリームを比較した結果、有効成分がしっかり入っていて、効くと思ったのでベルタにしました。

1本を太ももの肉割れに使いましたが、少しですが薄くなってきたと思います。

20代・女性の口コミ

妊娠線予防のために購入しました。

まだ、使い始めて3週間ですが、何も効果を感じられず不安…。

確かに、塗るとしっとりしますが、このままお腹が大きくなって、本当に妊娠線ができないか?疑問です。

30代・女性の口コミ

1年前に出産しましたが、ベルタマザークリームでケアしていたおかげで、全く妊娠線ができず過ごせました。

購入のきっかけは、妊娠した時に、母のお腹の妊娠線を思い出したことです。

私は29歳で妊娠したということもあり、ケアはしっかりしようと思ってました。

もともと、ベルタシリーズの酵素ドリンクを愛用していたこともあり、妊娠線クリームもベルタのものにしました。

お客様サポートも利用して、妊娠中の生活の不安や肌のこと相談しました。親身になってくれ、安心して過ごすおkとができました。

また、第2子を授かった時にも、絶対にお世話になります。

いつまでたっても、キレイでいたいですから。

20代・女性の口コミ

ベルタマザークリームは、予防だけでなく、できてしまった妊娠線にも良いということを口コミで見て、すごく期待していました。

でも、3本、3ヵ月使って、目に見える効果はありません。

初回は500円ってことで、定期コースを選んじゃいましたが、あと3ヵ月使ってみて、効果なしなら、キャンセルをしようと考え中です。

お休み制度とか、途中キャンセルできれば良いのに…。

ちょっと高いですよね。

まとめ

ベルタマザークリームの成分・効果

 

ベルタマザークリームは、妊娠線のできるメカニズムを考えて開発された、妊娠線クリームです。

また、一度できてしまった妊娠線を薄くする効果も期待できます。

実際使ってみた人の体験談、レビューでも、ベルタマザークリームでケアしたおかげで、妊娠線ができずに出産を迎えられた、できてしまった肉割れが薄くなってきたなどの、意見がありました。

中には、一度できた妊娠線には効かない、効果ない、まだ消えないという人もいますが、長期的に使っていけば、消えたと思える日が来るかもしれないですよね。

妊娠線は、一般的なボディクリームを使っても、効果はありません。

妊娠線を絶対作りたくない人、産後もキレイなママでいたい人、できてしまった妊娠線を少しでも薄くしたい人に、とってもおすすめの妊娠線クリームですよ。

なお、ベルタマザークリームを実際に使用した方の口コミ体験レビューもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
ベルタマザークリームの口コミ体験レビュー|妊娠線は消える?効果は?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です