妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

妊娠線予防にバイオイルが効果的って本当?皆の口コミも教えて!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

芸能人御用達の妊娠線予防アイテムとして「バイオイル」は有名ですよね。

妊娠線ケアのためのアイテムを探すと、バイオイルについて書かれた記事を見たことがあるという方も多いと思います。

しかし、バイオイルが妊娠線予防以外にも役立つアイテムだということは、ご存知でしたか?

そこで今回は、バイオイルが妊娠線予防や妊娠線ケアにどうして役立つのかはもちろん、他にどんな効果が期待できるのかについて、お話ししていきたいと思います。

バイオイルの購入を検討している方や、妊娠線予防・妊娠線ケアをどうすればいいのか悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

バイオイルとはどんな商品?

妊娠線予防にバイオイルが効果的

バイオイルは、1987年に南アフリカ共和国で販売され、今では世界137ヶ国で取り扱われている保湿ケアアイテムです。

妊娠線以外にも、ニキビ跡や傷跡の保湿ケアに効果を発揮してくれるので、日本だけでなく世界中の方から支持されているんですよ。

バイオイルに使用されているパッケージは、全てリサイクルが可能という環境に優しい点も高く評価されています。

生産段階から、いかなる有害物の放出や有毒性のある物の廃棄・廃水が行われておらず、環境についても考えられているのです。

バイオイルに配合されている成分

妊娠線予防にバイオイルが効果的

バイオイルに配合されている成分の中に、「ピュアセリンオイル(エモリエント成分)」というものが含まれています。

これは12年もの歳月をかけて研究・開発された成分で、角質層の深部まで浸透し、お肌の内側から保湿ケアをしてくれます。

オイルでありながら、べたつかずさらっとした使用感を実現し、使い勝手の良さも人気の理由の一つだと言えます。

他にも、様々な有効成分が配合されていますので、いくつかご紹介していきますね。

パルミチン酸レチノール(ビタミンA)

皮膚の表皮組織の代謝に欠かせない役割を担う成分です。

コラーゲンの生成や皮膚細胞、皮膚膜の生成に深く関わる重要な成分なんですよ。

酢酸トコフェロール(ビタミンE)

高い高酸化力を持つことから、化粧品や食品、医薬品の酸化防止剤として使用されることの多い成分。

皮膚の老化を抑制し、血行を促進する効果があります。

トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ)

妊娠線予防にバイオイルが効果的
マリーゴールドから抽出されたエキスのことです。

鎮痛、清浄作用があるので、傷や湿疹を早く治すために効果的です。

また、新しい皮膚の生成や日焼けによるダメージを受けたお肌を癒す作用もあります。

ラベンダー油(ラベンダー)

妊娠線予防にバイオイルが効果的
リラックス効果が高いことで有名なラベンダーですが、実は古くから天然の消毒剤として使用されています。

皮脂バランスを整え、乾燥やかゆみからお肌を守ってくれるんですよ。

ローズマリー葉油(ローズマリー)

妊娠線予防にバイオイルが効果的
フラボノイド、ボルネオール、シネオールを多く含有しており、血行促進や殺菌効果が期待できる成分です。

他にも湿疹やニキビなどの肌トラブルに対応するだけでなく、むくみの解消にも役立ちます。

ローマカミツレ花油(カモミール)

妊娠線予防にバイオイルが効果的
フランスでは薬用植物として多用されているカモミールには、抗神経痛剤や消毒剤、解熱剤としての働きがあります。

皮膚には代謝促進、抗菌、抗炎症の働きがありますので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことが出来ます。

バイオイルの全成分

基礎オイル・その他

  • ミネラルオイル
  • トリイソノナノイン
  • エチルヘキサン酸セテアリル
  • ミリスチン酸イソプロピル
  • ダイズ油
  • ヒマワリ種子油
  • BHT
  • ビサボロール

植物オイル

  • トウキンセンカ花エキス(カレンデュラ)
  • ラベンダー油(ラベンダー)
  • ローズマリー葉油(ローズマリー)
  • ローマカミツレ花油(カモミール)

ビタミン

  • パルミチン酸レチノール(ビタミンA)
  • 酢酸トコフェロール(ビタミンE)

添加物

  • ローズ香料
  • 赤225

なぜ、バイオイルは妊娠線予防や妊娠線ケアに効果的なの?

妊娠線予防にバイオイルが効果的

多くの芸能人が妊娠線予防や妊娠線ケアに使っていたバイオイルですが、なぜ効果的なのか気になりますよね。

上記にも書きましたが、バイオイルには2種類のビタミンと4種類のアロマオイルが配合されています。

また、主成分がピュアセリンオイルで、お肌への浸透がとても早いという特徴があります。

バイオイルを使って、妊娠線予防や妊娠線ケアマッサージを行っていると、ぐんぐんお肌に浸透していくのを実感することが出来ます。

お肌のターンオーバーを促進する植物由来成分も豊富に配合されていますので、出来てしまった妊娠線ケアにも最適なんですね。

妊娠線予防以外にも、バイオイルは日焼け跡やニキビ跡、顔回りのシワの改善にも効果がありますので、多くの方から支持されているのです。

もちろん、保湿力にも優れていますのでお肌を柔らかくして、妊娠線が出来にくいお肌へと整えてくれます。

保湿力やターンオーバーを促してくれること、有効成分がしっかり浸透していくことが、バイオイルが人気を集めている理由なんですね。

妊娠線予防・妊娠線ケア以外で、バイオイルにはどんな効果がある?

ニキビ跡・傷跡のケア

妊娠線予防にバイオイルが効果的

バイオイルにはターンオーバーを促進する作用がありますので、ニキビ跡や傷跡を目立たなくする効果が期待できます。

毎日、朝と晩にお肌を清潔にした後、マッサージしながらバイオイルを塗り込んでください。

バイオイルはあくまでも傷跡のケアに適したオイルですので、傷やニキビがある状態でバイオイルを使用すると、逆効果になっていまいますので注意してくださいね。

手指の乾燥ケア

妊娠線予防にバイオイルが効果的

バイオイルのテクスチャーはオイルと言えど、さらっとしているのが特徴です。

ですから、日常的な手指のケアに使いやすいんですよ。

特に女性は家事や育児、仕事などで、水仕事をすることが多く、乾燥しやすいですよね。

ちょっとした合間に、バイオイルを少量手に塗り込むだけで、乾燥したお肌がしっとりとうるおいます。

もちろん、効果に個人差はありますが、こまめなケアをすることで必ず効果を発揮してくれることでしょう。

小じわのケア

保湿効果に優れたバイオイルは、乾燥が原因の小じわにも効果的ですよ。

目尻や口元、首筋など、シワが出来やすい部分に塗れば、乾燥小じわを改善してくれるのです。

空気の乾燥だけでなく、エアコンの乾燥、入浴、日焼けなどで、お肌の水分は失われがちです。

それをバイオイルが補ってくれるんですね。

お肌をしっかりと保湿したいのなら、お風呂上りに化粧水でお肌に水分を与えたあと、バイオイルを塗り込んでください。

水分と油分を同時に補うことが出来ますので、お肌がしっとりとうるおいますよ。

バイオイルの使い方

フェイスケア

妊娠線予防にバイオイルが効果的

  1. スキンケアは1日2回、朝と晩に行ってください
  2. 化粧水や乳液、クリームをつけた後、バイオイルを1滴~2滴手のひらに取り、顔全体に塗り広げます
  3. マッサージをしながら、優しく撫でるように塗ってください
  4. 乾燥が気になる部分には、重ね塗りが効果的ですよ

目元や額、頬は内側から外側へ向けて、円を描きながらマッサージ

口元・鼻すじ

下から上へ向かって、押し上げるようなイメージでマッサージしてください

内側から外側へ向けて、円を描きながらマッサージします

ボディケア

妊娠線予防にバイオイルが効果的

  1. 入浴後の清潔なお肌に、くるくるを円を描きながら優しくマッサージします
  2. 乾燥が気になったときに、こまめに塗るようにしましょう
  3. 妊娠している方は、安定期に入ってから使用してくださいね

胸~鎖骨

2,3滴を手に取り、胸に小さな円を描くようにくるくるとマッサージしながら塗ります

妊娠している場合は、脇の下まで入念に塗り広げてください

お腹

2,3滴を手に取り、おへそを中心にしてくるくると円を描くようにマッサージします

妊娠している場合は、おへその下もしっかりと塗ってくださいね

太もも~お尻

2,3滴を手に取り、下から上に向かって小さく円を描きながら塗ります

太もものサイドや、お尻から太ももにかけての部分など、脂肪が付きやすいところは丁寧に塗ってください

バイオイルの価格

  • 25ml…700円
  • 60ml…1,600円
  • 125ml…2,800円
  • 200ml…3,600円

バイオイルの購入方法

妊娠線予防にバイオイルが効果的

バイオイルは南アフリカの会社が製造している商品ですが、日本でも手軽に購入することが出来ます。

通販やドラッグストアでも取り扱われていますので、気軽に購入することが出来ますよ。

ただし、注意点が一つだけあります。

バイオイルは私たち日本人の肌に合わせて開発された商品で、低刺激性テストやパッチテストもしっかりと行われているものですから、安全性の高いものだと言えます。

しかし、バイ「オ」オイルという商品を間違えて購入しないようにしてくださいね。

バイオオイルが偽物ということではなく、海外で販売されているものなのです。

価格もバイオオイルの方が手ごろなので、購入してしまいたくなりますが、日本人のデリケートなお肌に合わせて作られたものではありませんので、肌トラブルに繋がる恐れがあります。

パッケージもほとんど同じですから、間違えないように注意してくださいね。

「バイオイル(Bioil)」と「バイオオイル(Bio-oil)」と、表記の違いに注目してください。

バイオイルを使った方の口コミ体験談

大好きな山田優さんが愛用しているとブログで知り、ちょうど私も妊娠線予防に何かアイテムが欲しいと思っていたところだったので、迷わず購入しました(笑)

オイルって思えないくらいサラサラしていて、使いやすい~♪

お肌にぐんぐん浸透していく感じが気持ちいですね(^-^)

朝と夜、1日2回、お腹に塗っているだけですが、すごくしっとりしています!

お腹の赤ちゃんが大きくなって、最近私の体重も増えてきたので、他の部分もしっかりと塗らなきゃなって思っているところです(笑)

フェイスケアにも使えるらしいので、お腹だけじゃなくて、顔の保湿にも使ってみたいですね。

芸能人の方がブログとかでたくさん紹介していたので、興味本位で買いました。

他の口コミにもありますが、本当にサラサラしていて、あっという間に浸透していくので、塗った感じがないくらいです。

夏はバイオイルだけ、冬はバイオイルの後にニベアの青缶などのクリームを塗って、妊娠線予防ケアをしていました。

もうすぐ臨月に入りますが、今のところ妊娠線が出来る感じはありませんね。

かゆみを抑えるラベンダーが配合されているからかもしれませんが、バイオイルを塗る前に感じていた肌のかゆみがかなり軽減しました。

兄嫁が妊娠したときに愛用していたので、何となく妊娠したらバイオイルが良いんだろうなって思っていました。

バイオイルは残念ながら、無添加ではないという点だけが残念ですが、今のところ妊娠してもデリケートなお肌にはならなかったようで、肌トラブルなく使えています。

敏感肌の方はパッチテストをしっかりしてから使った方がいいと思いますよ。

伸びが良くて、さらっさらのオイルなので、使いやすさは文句なしですね。

ただ、元々が乾燥肌な私にはちょっと保湿力が足りないな、と思うこともあります。

そんなときはバイオイルの後に、保湿クリームを重ねて塗ったり、併用して使うこともあります。

他の化粧品と混ぜて使えるっていう汎用性の高さも評価できますね。

出来てしまった妊娠線ケアにも、バイオイルは効果的らしいので、産後も気を抜かずに愛用していこうと思っています。

まとめ

妊娠線予防にバイオイルが効果的

ここまで妊娠線予防や妊娠線ケアに効果的なバイオイルについて、詳しくお話ししてきましたが、いかがでしたか?

浸透力に優れたピュアセリンオイルをはじめとし、2種類のビタミン、4種類の植物成分を配合しているバイオイルは、保湿力の高さが多くの女性から支持されているアイテムだということがわかりましたね。

妊娠線予防や妊娠線ケア以外にも、ニキビや傷跡を目立たなくする効果、乾燥による小じわの改善など、多くの効果をもたらしてくれます。

また、他の化粧品と混ぜて使えるなど、使い勝手の良さも人気の秘密だと言えます。

通販やドラッグストアで購入することが出来ますので、妊娠線予防や妊娠線ケアアイテムをお探しの方は、一度バイオイルをお試しになってみてくださいね。

オイルですが、サラサラのテクスチャーと、浸透力の高さに病みつきになってしまうかもしれませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です