妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

キャリネスボディクリームの効果の出る期間はいつからいつまで?

 
キャリネスボディクリームの効果の出る期間
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠、出産というのはとってもおめでたい、喜ばしい出来事ですが、その過程において色々な悩みが発生すると思います。
そんな中妊娠線の心配をしている、予防やケアをしておきたいと考える人も多い事でしょう。

昔は全くケアをする事もなかったかと思いますが、最近は美意識が高い女性、そしてママたちが増えた事で妊娠線ケアの為のクリームやコスメ、妊娠線予防製品などが多く発売されています。
その為妊娠線を消す、妊娠線予防の為の製品が全く無かった頃に比べて、妊娠線が消える商品の選び方がとても難しくなっている事でしょう。

そんな妊娠線ケアのクリームになりますが、最近はシラノール誘導体等の有効成分が配合されているキャリネスボディクリームがとても人気になっているようです。
マッサージをする事なく効果を得られる、効果が実感できるという感想やレビューも多く、高い評価をされているようです。

ただ、実際にどれくらい使えば効果があるの?いつからいつまで使うと効果が出るの?という疑問を持たれている方も多いようです。
まず、キャリネスボディクリームの公式サイトが質問コーナーで答えているものでは、妊娠4ヶ月位から使い始めるとあります。
使い終わりにおいては特に記載はされていません。

そしてどれくらいで効果があるのかというと、やはり妊娠4ヶ月くらいから使い始めておくと効果が出やすいのではないかと思われます。
また出産後はご自身の妊娠線の状態によって使い終えるタイミングを変えても良いのではないでしょうか。

こちらでは使い始めるタイミングやその期間、そして効果などを解説していきたいと思います。
妊娠線ケアに悩んでいる方、妊娠線を消す方法を探しているかた、妊娠線が消えるコスメに興味がある方はぜひご覧になって下さい。

キャリネスボディクリームの使う期間はどれ位?

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

妊娠線が出来ない、また出来てしまった妊娠線にも効果を発揮してくれる、消えると言うレビューがあるのがキャリネスボディクリームになりますが、実際にどれくらい使えば良いのかわからないと思われている方も多い事でしょう。
ここでは公式サイトを参考にキャリネスボディクリームを使う期間、効果に必要な期間を考えてみました。

開始時期は妊娠4ヶ月位からが望ましいです!

キャリネスボディクリームを使う事で妊娠線を予防したい、また出来てしまったらすぐに消えるようにしたいと考える場合、妊娠4ヶ月位から使い始めるのが効果を実感できるようにするコツとなりそうです。
ではなぜキャリネスボディクリームを使う始めるタイミング、開始時期は4ヶ月が推奨されているのでしょうか?

妊娠した事がある方はおわかりかと思いますが、妊娠4ヶ月位からお腹がふっくらとしはじめてきます。
もちろん個人差はありますが、これくらいからお腹が張り始める事が多く、その結果皮膚が張る、皮膚に負担がかかりはじめるタイミングとなります。

そもそも妊娠線が出来る理由は皮下組織の断裂になります。
皮下組織が断裂する理由は2つあげる事ができます。

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

1つは上でも述べましたがお腹がふっくらとし始める事により、皮膚が物理的に伸ばされてその結果避けてしまいます。
これは妊娠中ずっと続きますので、ずっと出来続けると言う事です。
特に臨月の時期になるとよりできやすいと考えられます。

そしてもう1つの理由はホルモンバランスの変化です。
女性は妊娠をするとホルモンバランスが変化をするのはとても知られている事です。
しかしその結果皮膚の弾力が衰え、その結果、引っ張られる力に対抗することなく、あっさりと皮下組織が断裂をしてしまう、と考える事が出来るかと思います。

このようにホルモンバランスの乱れにプラスして、物理的な変化によって妊娠線は出来ることになります。
妊娠線とは少し違いますが、急激に体重が増えてしまった方なども、同じような線があるのは原理としては同じようなものと言えるでしょう。

こう言った事から、物理的にお腹がふっくらし始める4ヶ月から始める、まずはこれが大きなポイントです!

ちなみに妊娠4ヶ月というとつわりが落ち着いてきていたり、またエコーをみると赤ちゃんらしくなってきたりと、色々と楽しみが出てきて余裕が出てくる頃です。
さらに赤ちゃんも安定をしてきおり、妊娠初期のトラブルも終えていますので、こういった時にケアを始めてみるとリラックス効果も得られます。

ただ、つわりは人によって個人差がありますので、そういったつわりの方に余計な負担がかからないように香料などは一切入っておりませんので、ニオイの心配もありません。
また低刺激になっており、アルコールフリー、無着色、無鉱物油になっているので、敏感な時期でも使いやすくなっています。

キャリネスボディクリームはいつ効果が出るの?

キャリネスボディクリームはいつ効果が出るの?という疑問を持たれている方もおられるようですが、実は答えが難しい質問と言えます。
なぜなら、「いつ」という答えはないと考えられるからです。

日常的なケアを維持していく事で妊娠中に出来る可能性がある妊娠線予防をする、そして体内で妊娠線が出来てしまってもそれを消すことが出来るのがこのキャリネスボディクリームの効果となるからです。
ですので、使い始めてしまえば常に効果は持続をしていると言えるでしょう。

こういった妊娠線ケアは予防が1番大事と言われています。
キャリネスボディクリームには妊娠線を消す効果もあり、妊娠線が消えるという評判もありますが、やはり1番良いのは作らない事です。
そのために大事なのは、妊娠4ヶ月から使い始めたら毎日2回使う事となります。

妊娠線出来てきたかも、と思った時に使うというものではなく、使い始めたら出産までしっかり使い続けるのが効果が実感しやすいお勧めの使用方法となります。

臨月の時は絶対に使い続けてほしいです!

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

妊娠線予防をしたい、もし出来たとしても妊娠線を消したいそう思う方に1番気をつけてほしいタイミングは臨月のときです。
臨月のタイミングはおそらく心身ともに忙しいタイミングといえるのではないでしょうか?
しかし、そういったタイミングでこそ妊娠線に気をつけていきたいのです。

実は妊娠線の多くは、臨月の時に発生します。
臨月の時に一気に数本現れる事も少なくなく、それまではほぼ妊娠線がなく過ごしていたのに、ということもある位です。
ですので今まで以上により丁寧に、しっかりと塗っていくようにしましょう。

出産後のケアにもお勧めです!

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

出産してしばらくは使うことが難しいと思いますが、退院をして自宅に戻るとケアをする事も可能になる場合もあります。
もちろん、母子の健康が優先ですが、ケアをしようと思える状況であればぜひするようにして下さい。

臨月の際は自分で確認出来なかった下腹などを始め、妊娠線が出来ていなければそれで問題はありません。
しかし、どれだけケアをしても多少は出来ている事が多いと言われています。
一度出来てしまったものがパーフェクトに元通りになるというのは難しいのですが、キャリネスボディクリームのような修復効果がある成分を豊富に配合したクリームを使う事で限りなく目立たなく修復をしていく事は可能です。

ただ、気をつけてほしいのは塗っていく場所になります。
妊娠線はウエストや腰のあたり、胸、脇、下腹、お尻、太もも、二の腕など様々な場所にできます。
人によってはふくらはぎなどにも出来るようです。

ですが、赤ちゃんが接触をする可能性がある胸やデコルテあたりなどは避けるようにしましょう。
このキャリネスボディクリームは赤ちゃんに塗るのはなんの問題もないと言われているクリームです。
ただ授乳となると話は別ですので、ミルクで育てているという場合は別ですが、授乳の場合は口に入らないようにお気をつけ下さい。

なお、妊娠線が出来やすい箇所についてはこちらのコラムでもご紹介していますので、参考にしてみてください。
妊娠線ケアをしておきたい場所はどこ?どんなケアをすればいい?

まずは妊娠4ヶ月から臨月までを想定しておきましょう!

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

上で説明しましたが、使い始めるのは妊娠4ヶ月くらいからとなります。
そしてとりあえずは臨月、出産までは使うようにしてほしいです。
出産後にご自身の様子をみて、出産後使うかどうかは考えるようにしましょう。

またキャリネスボディクリームの費用的にどれ位の本数が必要になるのかが気になる方もおられるでしょう。
一般的に妊娠4ヶ月から出産まで使用をした場合4本程度使う方が多いようです。

最初のうちはそこまで減らないのですが、お腹が大きくなるにつれてより量も必要となりますのでだんだんと使用量が増えていきます。
臨月の頃には1ヶ月1本程度使う場合もありますので、4本程度の本数が必要になると考えられます。
人によっては合計で7本ほど使用をしたと言うケースもあるようです。

キャリネスボディクリームはいつまで使い続ければいいの?

公式サイトでも特に触れられてないため、疑問に思う方も多いとおもいますが、いつまで使い続ければいいの?という声もあるようです。
しかし実際のところ、ご自身の好きなタイミングでやめて問題ありません。

皮膚科医が監修をした美容クリームです

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

このキャリネスボディクリームは皮膚科医の方が監修をした美容クリームです。
医薬品ではない為、いつまで使って下さい、という区切りもありません。
ただ妊娠線予防、消す効果などがある為、産婦人科でも取り扱いがあったり、レビューでもお勧めされたりしているというだけになります。

妊娠線はある程度出来る可能性が高いものですが、様々な要因でほとんど出来ない場合もあると思います。
そういった方は出産後にすぐにやめても問題はありません。
妊娠中に使い続けて、妊娠線予防をした効果はそれでなくなったりもしませんし、その後にいきなり妊娠線が出てきてしまう事もありません。

やめる事によるトラブルなどもありませんので、安心をして使用をやめる事が出来ます。

妊娠線が気にならなくなったらやめるタイミングです

ある程度妊娠線が出来て目立っていたとしても、その後お腹が少しずつもとに戻っていき、お肌のたるみも改善していく段階でかなり改善され見た目的に気にならなくなる事もあると思います。
そういった段階でキャリネスボディクリームを使っていたら、弾力、お肌の修復などを助けてくれますので、見た目で目立たなくなるのもはやいです。

ただキャリネスボディクリームをやめるタイミングを考える歳に、気をつけてほしいのが授乳の時期に大きくバストアップをしたケースです。
大体の場合胸のサイズはアップするようですが、中でもとても大きくサイズアップする場合があります。
そういった場合、胸にも多く妊娠線ができやすくなります。

特にバストのサイズアップのピークは出産後になるようですので、出産前の状態からもうキャリネスボディクリームでのケアは必要ないかな?と思っていたらバストに妊娠線が残ってしまったという事にもなりかねません。
出産後に大きくバストアップをした場合などは、授乳などの妨げにならないようなタイミングや、卒乳後などに使っていくと良いのではないでしょうか。
下腹部とバストでは妊娠線が出来やすいピークが違ってくるという事も覚えておく必要があります。

また卒乳後にバストはかなりサイズダウンし、元気がなくなってしまいます。
バストアップの効果はキャリネスボディクリームにはありませんが、お肌のハリ、潤い、そして妊娠線ケアといった効果はありますので、卒乳後のバストケアとして活用できます。

キャリネスボディクリームの効果が出る期間、使う期間まとめ

キャリネスボディクリームの効果の出る期間

 

では最後に簡単にキャリネスボディクリームの使う時期、いつからいつまでつかうのかなど、要点だけまとめておきます。

キャリネスボディクリームの使う期間

開始時期:妊娠4ヶ月位から使い始めるのが推奨です
終了時期:出産後、妊娠線が気にならなくなったタイミング
気をつける時期:臨月のタイミング
気をつける時期(バスト):出産の数日後

こういったタイミング、時期になります。
特に妊娠線を予防する為にも開始時期のタイミング、臨月のケアには力を入れていくようにして下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です