妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

キャリネスボディクリームの成分|妊娠線ケアの全成分を徹底解説します

 
キャリネスボディクリームの成分
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠出産というのは人生の大きな出来事であり、そしてなによりもとっても喜ばしい事と言えます。
しかし、色々な悩み、不安などがあったりもするものです。
そんな妊娠出産の中で、より身近な悩みとなっているのが妊娠線に対する悩みと言えるのではないでしょうか?

妊娠線は妊娠、出産を乗り越えた証とも言えますが、お子さんとお外で遊ぶ際などに気になってしまい、どうしても心から楽しめない、そんなケースもあったりします。
また肌が弱い方の場合は、妊娠線が痒くなる、かぶれるといった余計なトラブルにもなってしまう事もあるようです。

昔でしたら妊娠線は仕方がないものと考えられていたかもしれませんが、最近では妊娠線を予防する、そしてさらには妊娠線が消える、妊娠線を消す事ができるといった
妊娠線ケアの為のクリームが出ています。
なかでも効果がしっかりと実感でき全成分が安心できるもので作られていると人気になっているのが、キャリネスボディクリームになります。

なぜこのキャリネスボディクリームがお勧めなのかをまず簡単に説明をすると、やはりその成分が理由となります。
キャリネスボディクリームには、色々な有効成分が配合されていますが、特に有効とされているのがシラノール誘導体になります。
これが配合されている妊娠線ケアクリームは多くない為、このキャリネスボディクリームを選ぶという方が多いようです。

そんなキャリネスボディクリームについて、妊娠線を消す、妊娠線が消える成分、そして妊娠線の改善に役立つ成分の紹介をしていきたいと思っています。
キャリネスボディクリームに興味がある方や、妊娠線について悩んでいる方、また不安に思っている方はぜひご覧になってみてください。

なお、妊娠線のケアに効果的な成分はこちらのコラムでもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
妊娠線に効く成分をご紹介!どんな成分が予防に効果的ですか?

妊娠線ケアクリームのキャリネスボディクリームの妊娠線を消す成分とは?

キャリネスボディクリームの成分

 

上でも紹介したように最近一押しとも言える妊娠線ケア、妊娠線予防クリームなのがキャリネスボディクリームとなります。
様々な有効成分が入っていますが、中でもシラノール誘導体は特にポイントと言えるでしょう。

シラノール誘導体って一体何?

シラノール誘導体って一体何?って方も多いのではないでしょうか?
一部では人気になっていますが、コラーゲンなどのように認知度が高い成分というわけでもありません。

このシラノール誘導体というのはケイ素を生成していくもとになる、ということになります。
なぜケイ素の生成がお肌に関係あるのか、妊娠線を消すために必要になるかと思われるかもしれません。

実はケイ素はコラーゲンをまとめていくのに必要な成分となります。
そのため、ケイ素が足りていないとちゃんとコラーゲンを作っていけない、というふうに捉える事も可能なほどです。
弾力がない、ハリがない、傷なども治りづらい状態となります。

ではコラーゲンが配合された妊娠線予防クリームでも良いのでは、と思われるかもしれませんが、このシラノール誘導体が配合されている事で皮下組織に浸透をしていく事ができます。
妊娠線がどうして治りづらいのか、なかなか消える事がないのかというと、妊娠線は表皮で起きているのではなく皮下組織の部分から避けている状態です。
そのため、コラーゲンだけ塗布してもなかなか消す事が出来ません。

 

キャリネスボディクリームの成分

 

シラノール誘導体を配合したキャリネスボディクリームを塗ると、成分が皮下組織にまで浸透をしていき、皮下組織のダメージを修復していけるようになり、妊娠線を消す事が可能となっていきます。
もちろん妊娠中にキャリネスボディクリームを使う事で妊娠線予防にも使う事ができます。
妊娠線が出来ないようにしつつ、出来た妊娠線にもすぐに対応が出来ると言う事です。

ちなみにシラノール誘導体は海外では美容、妊娠線ケアにおいてかなり認知されている成分となっています。
臨床実験等も行われており、その結果による90%近い女性が、妊娠線の改善、予防について効果を実感できているようです。

トコフェロールでしっかりとお肌を修復!

キャリネスボディクリームの成分

 

シラノール誘導体が皮下組織を修復してくれる機能がありますが、実はトコフェロールにも修復をしていくのを助ける機能があります。
そのため、妊娠線の部分にキャリネスボディクリームを塗る事で、シラノール誘導体が皮下組織を修復をし、そしてトコフェロールによってそれを助けていく事が可能です。

同時に保湿もしっかりとできる成分ですので、よりお肌がなめらかでハリのある状態にしていく事が可能です。
ちなみにトコフェロールというと、なにか特殊な成分なのではないかと思われるかもしれませんが、ビタミンEというと美容の為の成分だなと納得、安心をしてもらえる事かと思います。
ピンポイントで使う事も出来るオイルといえますが、テクスチャが固めなオイルも多いですので、様々な成分が配合されているキャリネスボディクリームで補っていくのがストレスが少なくお勧めです。

オリゴペプチド-24でしっかりとお肌を再生!

キャリネスボディクリームの成分

 

キャリネスボディクリームの一番の目玉というとシラノール誘導体になりますが、実はオリゴペプチド-24も妊娠線を消す為には重要な成分となります。
皮膚を再生する効果があると言われているのがEGFとなります。
以前はとても高級な成分でしたが、最近は常識的な範囲での高級成分と言った扱いと言えるでしょう。

そんなEGFと似たような働きをしてくれるのが、このオリゴペプチド-24になります。
名前だけみると乳酸菌を連想するような成分ですが、EGFの生産を誘導する効果があり、さらに細胞増殖も助けてくれます。
そして、お肌の修復を助けてくれますので、まさに妊娠線を消す為にちょうど良い成分と言えるでしょう。

EGF自体が再生してくれますので、2重の意味でお肌を再生し、妊娠線を消す事が期待できるといえるようです。
また、持続性、効果、安全性なども確認されていますので、より安心をして使える妊娠線を消すための成分です。

キャリネスボディクリームにはEGFが配合されていないから、と言う理由で妊娠線ケアクリームとして、予防クリームとしてちょっと候補から外そうかなと思っている方も
おられるかもしれません。
しかしこのオリゴペプチド-24が配合されていますので、ある意味自分自身のEGFを活用しつつさらにオリゴペプチド-24の修復力も利用出来ると言う意味ではこの成分が入っているキャリネスボディクリームのほうがより有効となります。

レチノールでお肌の若返りとともに妊娠線を消していきましょう

 

 

レチノールは最近では色々なコスメに使われている成分となります。
お肌の新陳代謝をよくして、つるつるになると言う効果でとても人気があります。

レチノールとハイドロキノンをあわせて顔の肌をピカピカにするようなケアの方法もとても流行していますが、そのターンオーバーを速やかにしてくれるレチノールがキャリネスボディクリームにも配合されています。
シラノール誘導体とレチノールが一緒に配合されている事で、奥深くまで成分を届けながら、ターンオーバーでどんどん新しい皮膚にしていく事が可能です。

また、お肌のハリなども出てきますので、シワっぽい状態が改善されて、見た目にも妊娠線が目立たなくなります。
そのため、思ったよりも効果が実感できないと言う場合でも、モチベーションを保つのを助けてくれる事でしょう。

キャリネスボディクリームを妊娠中に使う事で、妊娠線を予防出来ます!

キャリネスボディクリームの成分

 

妊娠中は色々と赤ちゃんのことや、今後の事など、不安もありつつもワクワクとした毎日を過ごされているかと思います。
女性はすぐに母性が芽生える事が多いですので、赤ちゃんのことを考えがちですが、ここで妊娠線ケアをしておくと、後々の妊娠線の問題を軽くする事が可能です。
ここではキャリネスボディクリームの妊娠線予防に良い成分を紹介していきます。

スクワラン、グリセリン等でまずは保湿をしっかりしましょう!

妊娠線が出来ないようにする、予防をする為にはやはり1番重要なのは保湿になります。
そもそも妊娠線がなぜ出来るのかと言うと、皮膚が伸びていくのに対して適切なケアが行われていない状態になっているからです。

潤いが不足をしていると、引っ張られた皮膚はあっという間に避けてしまいます。
しかしそこでキャリネスボディクリームを塗っておく事で、ジワジワと伸び、避けるまでの限界がより長くなります。
またハリや弾力があるとよりしっかりと伸びますので、妊娠線が出来にくい状態になっていくでしょう。

そして伸びた結果皮下組織が断裂をしますが、キャリネスボディクリームは上で述べたようにシラノール誘導体等が配合をされています。
これによって塗るとすぐに妊娠線の修復が始まりますので、完全に妊娠線になってしまう前にケアが出来る、予防が出来ると言う事が言えるのです。

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルによってしっかりとお肌の保護と改善を!

キャリネスボディクリームの成分

 

妊娠線が出来ている状態というのは、お肌の奥深くで断裂が起きてしまっている状態と言えます。
そう言った観点からみると、100%健康な状態とは言えません。
さらに妊娠線を予防、そして改善したい状態の女性というのは、お肌のケアだけに力を注げる状態ではない事がほとんどです。

妊娠中でしたらお腹の中で大事な子供を育てている状態ですし、出産後は出産のダメージはしばらく残ります。
そして母乳で育てる場合は、かなりの栄養素を持っていかれる状態となります。

このような状態になっていく妊娠出産の中で出来る妊娠線を少しでも予防をしていくのは、お肌のガードを、そしてお肌を柔らかくして妊娠線が発生しづらい状態にしていきたいところとなります。

キャリネスボディクリームは安心をして使える妊娠線ケアアイテムです!

上ではキャリネスボディクリームの全成分の中から、予防の為の成分、そして妊娠線を消すための成分などを紹介してきました。
そしてここでは、キャリネスボディクリームは何が入っていないのか、ということを紹介していきます。

様々な添加物が入っていません!

キャリネスボディクリームの成分

 

入っている成分を知るのもとても重要ですが、妊娠線ケアクリームを選ぶ上で、入っていないものを知るのもとても大事な事といえます。
何故かと言うと妊娠中はホルモンバランスの変化、乱れが起きてきます。
そのため、より妊娠線ができやすくなるのですが、それ以外にもちょっとした添加物などであれたり、かぶれたりとトラブルが起きやすい状態になるのです。

そのため、妊娠中や出産後などに使うボディークリームなどにはできるだけ余計な成分が入っていない、添加物などが使われていない製品を選ぶのがポイントとなります。
その点キャリネスボディクリームはそういった配慮がしっかりされていますので、安心をして使う事が可能です。

  • 無香料
  • 無着色
  • アルコールフリー
  • 無鉱物油

このようになっています。
ですので余計なお肌のトラブルを起こすことなく、妊娠線を予防、妊娠線を消す、消えるようにする為に使っていく事が可能となります。

皮膚科医が自分でも使いたいと考えて作られた妊娠線ケアクリームです

キャリネスボディクリームの成分

 

キャリネスボディクリームを制作・監修をしたのは皮膚科医の女医さんになります。
そのため、女性目線で、そして皮膚科医目線の両方から作られているものです。

ですので、妊娠中の匂いに敏感な時期に考慮して無香料になっていますし、ワンプッシュで手間なく適量が出てくるボトルデザインになっています。
また、有効成分をギュッと配合してマッサージをしなくても効果が発揮出来る、そんな妊娠線を消すことができる、予防が出来るクリームとなっているのです。

基本的に使うタイミングとしては妊娠4ヶ月程度からとなっていますが、美容クリームとしても使う事が出来ますので、当てはまる期間以外つかってはいけないと言うわけでもありません。
ですので、タイミングが多少前後しても、ちょっと余ったりしても問題がないため、比較的気軽に使うことができ、またお肌にも良いのが嬉しいポイントです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です