妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

妊娠線予防クリームとオイルはどっちがいい?違いや順番について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

一度できるとなかなか消えないと言われる妊
娠線やストレッチマーク。だからこそ妊娠中
に妊娠線やストレッチマークができないよう
にしっかりと予防ケアしておきたいですよね。

妊娠線ケアアイテムには妊娠線予防クリーム
やオイル、ローション、パック
などさまざま
な商品がありますが、特に人気を集めている
のが妊娠線予防クリームとオイル
です。

では実際に妊娠線予防クリームとオイルは
どっちを使うとより効果的
なのでしょうか?
ここではそれぞれの特徴や違い、
効果的な使い方、使う順番、選び方などを
まとめて紹介します。
妊娠線予防クリームとオイルどっちを使うか
迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

妊娠線予防クリーム・オイルはなぜ効果がある?

妊娠線予防クリーム・オイルはなぜ効果がある?
そもそも妊娠線は妊娠に伴ってお腹が大きく
なるときに、皮膚がその成長についていくこ
とができずに亀裂が入ってしまいできるもの
です。お腹だけでなく、妊娠中は胸やお尻、
太ももなども大きくなりやすいため、それら
の場所も妊娠線やストレッチマークができて
しまうことがあります。

妊娠線やストレッチマークというのは、表皮
だけでなく真皮層まで断裂してしまうため修
復するのに非常に時間がかかり、多くの場合
は完全に消えずに残ってしまいます。特に、
予防ケアやアフターケアをしないと妊娠線が
多くできてしまったり、非常に深いもの
にな
ってしまうとされています。

そのため、産後まで跡を残さないために妊娠
線予防はとても大切で多くの妊婦さんが妊娠
線予防クリームやオイルなどを使うようにな
っています。妊娠線をつくらないためには皮
膚の水分量と弾力性・柔軟性
が大きな鍵を握
ります。そのため、皮膚内部にたっぷりの水
分や柔軟性を引き出す成分を補給
してそれら
を保つということが大切です。

妊娠線予防クリームやオイルには高い保水効
果や保湿効果、ハリ・弾力などのさまざまな
美容効果が期待できるため、妊娠線予防に非
常に有効だと考えられているのです。
そのためお腹が大きくなる頃からどっちを使
うか考えたり商品選びに悩んだりする人もた
くさんいるのではないでしょうか。

妊娠線予防クリームとオイルはどっちがいいの?

妊娠線予防クリームとオイルはどっちがいいの?
妊娠線をつくらないために効果的だとされる
妊娠線予防クリームやオイルですが、どっち
がより効果的なのか、どっちが自分に合って
いるのかわからず選べない
という人もいると
思います。

どっちを使えばいいのか、どっちが自分に合
っているのかということは、まず妊娠線予防
クリームとオイルそれぞれの特徴や違いを知
るということが大切です。それらを知った上
でどっちを使うか、どのような順番で使うか
を考えていきましょう。

妊娠線予防クリームについて

妊娠線予防クリームについて

妊娠線予防クリームの特徴

妊娠線予防クリームは一見普通のボディクリ
ームとあまり変わりありませんが、妊娠線・
ストレッチマーク予防に効果的な成分が多く
配合されていたり、刺激に敏感になりがちな
妊娠中でも使いやすいよう肌に優しい配合
なっていたり、より深く皮膚内部に届くよう
な工夫がされていることが多いので、普通の
ボディクリームよりもおすすめです。

妊娠線予防クリームには保水・保湿力の高い
ヒアルロン酸やセラミド、肌のハリや弾力を
高めるコラーゲン
などをはじめ、肌荒れを防
ぐ植物成分、真皮や皮下組織にアプローチす
る注目のシラノール誘導体などさまざまな成
分が配合されています。
そのため、肌質や肌悩みに合わせて選ぶこと
もできます。

また、クリームは油分と水分の両方が含まれ
ているので浸透力が高くべたつきにくいこと
やより多くの有効成分を配合することができ
るなどの特徴も持っています。

妊娠線予防クリームの使用方法

妊娠線予防クリームの使用方法
妊娠線予防クリームはいつから使うのがいい
かなど気になる人も多いようですが、最もお
すすめなのは妊娠がわかったらすぐに使い始
めることです。妊娠線ができる原因は肌の乾
燥や柔軟性の少なさであるため、肌の水分や
柔軟性を保ち続けておくことが妊娠線を予防
するために大切です。

そのためお腹が大きくなり始めてからやかゆ
みや違和感など妊娠線の兆候が出始めてから
では、その効果が十分に得られない可能性も
高いのでお腹が大きくなる前から備えるつも
りで使うようにすることをおすすめします。

使用方法についてはそれぞれの妊娠線予防ク
リームよって異なりますが、基本的には朝の
着替え時や入浴後など1日2〜3回を目安に清
潔な肌に塗るというのが適切な使い方となり
ます。

使い方のポイントのひとつ目はとにかくケチ
らずたっぷり使う
ということ。少ない量を無
理に伸ばそうとすると肌への摩擦が強くなり
肌を痛めてしまうこともありますし、お腹に
負担をかけてしまう可能性もあるのでたっぷ
りと手に取って広げてから優しくお腹に伸ば
してください。

妊娠線予防オイルについて

妊娠線予防オイルについて

妊娠線予防オイルの特徴

最近ではボディケアをオイルで行っている人
が多いこともあり、妊娠線予防もオイルを使
用している人が増えてきていると言われてい
ます。オイルというとべたつくイメージを持
っている人もいるかもしれませんが、ボディ
ケアに使用するオイルはさらりとしたテクス
チャーで浸透力が非常に高いものの多いので
あまりべたつきが気にならないオイルもたく
さんあるのです。

妊娠線予防クリームと人気を二分するオイル
ですが、妊娠線予防オイルはその名の通り
100%油分またはそのほとんどが油分で構成さ
れているものとなります。そのため保湿効果
に非常に優れており、肌の水分を逃さずしっ
かりと守ってくれるので乾燥により妊娠線が
できることを防いでくれるとされています。

ベースとなるオイルはさまざまですが、
妊娠中の肌に刺激の少ない優しい自然由来
オイルやオーガニックオイルであることがほ
とんどでホホバオイルやアーモンドオイル、
マカダミアナッツオイル、アルガンオイル、
ローズヒップオイルなどが使われています。

これらを使用した妊娠線予防オイルの中には
保存料などを使用しない無添加オイルも多い
ため、購入するときはあまり大容量のものを
買うよりも1か月程度で使い切れるサイズ

ものを選ぶと高品質なオイルを使用し続ける
ことができるのでおすすめです。

妊娠線予防オイルの使用方法

妊娠線予防オイルの使用方法
妊娠線予防オイルの使用方法は基本的には妊
娠線予防クリームなどと同様で、朝と晩を中
心に1日2〜3回程度お腹や胸、太もも、お尻
など妊娠線が気になる部分にたっぷりと塗っ
て保湿します。特に入浴後は肌に水分が残っ
ているため、その水分をしっかりと守るため
にもオイルで保湿する
と効果的でしょう。

また、妊娠線予防オイルをしようするときは
オイルの伸びを良くしてより浸透しやすくな
るように手のひらにとって体温であたためて
から肌に伸ばすようにするといいと思います。

妊娠線予防クリームとオイルの使い分け・順番

妊娠線予防クリームとオイルの使い分け・順番

妊娠線予防クリームとオイルの違い

妊娠線予防やケアをしたいと思ったときに妊
娠線予防クリームとオイルのどっちを使うか
悩む人は多いと思います。どちらも乾燥から
肌を守るという点では同じような効果が得ら
れますが、具体的にどのような違いがあり、
どっちが効果的なのかわからないという人も
少なくないでしょう。

そもそもクリームとオイルは含有される水分
量と油分量に大きな違いがあります。
オイルというのは油のことですから、妊娠線
予防オイルは100%油分、または成分のほとん
どが油分となっています。
それに対してクリームの場合は油分と水分が
混ざっているもので、商品それぞれでそのバ
ランスは異なります。

オイル=油分が多いほど肌内部の水分を守る
効果が高いと考えられますが、その分水分量
の多いクリームに比べて肌への浸透力は低い
と考えられます。また、クリームの方が皮膚
の柔軟性を高める成分や美容成分などを配合
しやすいためより多くの効果が期待できる

いうメリットがあります。

ただし、これはどっちが妊娠線予防に優れて
いるということではなく、効果の違いがある
と考えるといいでしょう。そのため、どっち
か片方ではなく、肌に水分を補給するクリー
ムとその水分を守るオイルの併用が最も効果
が高いケア
だとされています。

どっちを先に塗るとより効果的かなど使う順
番については次に詳しく説明します。

妊娠線予防クリームとオイルを使う順番

妊娠線予防クリームとオイルはどっちか片方
を使用するのではなく、クリームで肌にうる
おいを与えてからオイルで肌に蓋をしてうる
おいを守るのがおすすめです。

そのため使う順番もクリームを塗った後にオ
イルを塗るという順番が適切な使い方です。
その順番が逆になってしまうとオイルの油分
で水分の浸透を妨げてしまうので使う順番に
は注意しましょう。

しかし、最近人気のボディオイルの中には水
分の浸透を助けるブースター効果を持つもの
もあるため、その場合は使う順番が異なる場
合もあります。妊娠線予防クリームやオイル
商品それぞれの特徴によりどっちを先に使う
べきかなどの順番も変わってくるため、使い
方やどっちを先に使うべきかといった順番に
ついても確認しておくといいでしょう。

妊娠線予防クリームとオイルの効果的な使用方法

妊娠線予防クリームやオイルの使い方のポイ
ントは、とにかくケチらずたっぷり使うとい
うこと。少ない量を無理に伸ばそうとすると
肌への摩擦が強くなり肌を痛めてしまうこと
もありますし、お腹に負担をかけてしまう可
能性もあるのでたっぷりと手に取って広げ

から優しくお腹に伸ばしてください。

つわりやお腹の張りなどがなく、体調が落ち
着いているときは、妊娠線予防クリームやオ
イルを塗るだけでなくマッサージを行うのも
おすすめです。特に入浴後などは肌が柔らか
くなっているので浸透力も高まっているため、
マッサージの効果と相まってよりケア効果が
期待できます。ただし強い力で押したりする
必要はなく、皮膚表面を優しく動かす
ように
するといいでしょう。

妊娠線予防クリームとオイルのどっちを先に
使うかという順番については、商品にもより
異なりますが基本的な順番としては「クリー
ム→オイル」となりますので、クリームを塗
って軽くマッサージをしてからオイルを全体
になじませるようにします。この順番を間違
えると十分な保水効果や保湿効果が得られな
いこともあるので注意しましょう。

ちなみに、クリームやオイル以外にローショ
ンなどを使用する場合の順番は水分量の多い
ものから先に使うことが基本となるため、
ローションを使ってからクリームやオイルを
使うという順番になります。
この場合はローションで水分補給をするため、
その後のケアではクリームかオイルのどっち
か片方でも問題ありません。

基本的な使い方としては1日2〜3回の塗布
されていますが、臨月など特にお腹が急激に
大きくなる時期や乾燥が気になる時期はその
回数を増やして気になったときにこまめにケ
するとより効果的です。

また、妊娠線はお腹以外にも胸や太もも、
お尻などにもできやすいのでしっかりと妊娠
線予防クリームやオイルでケアをするように
しましょう。
お腹以外でも使い方や使う順番については同
様で、清潔にした肌にクリームから塗ってし
っかりと浸透させた後にオイルを塗るという
順番で使います。

妊娠線予防クリームとオイルに関するまとめ

妊娠線予防クリームとオイルに関するまとめ
妊娠はとても幸せなもので大きくなるお腹も
幸せの象徴とも言えますが、妊娠線ができて
しまうのはやはり嫌ですよね。その予防ケア
をすることができる妊娠線予防クリームやオ
イルも数多く販売されており、どっちを使え
ばいいか、どんなものが特に効果的なのか、
ケアの順番はどうする?など気になることも
多いはず。

妊娠線ケアというのは人生の中で何度も行う
ものではないですし、初めての妊娠の際には
どっちを使うかということやケアの順番につ
いてもよくわからない人がほとんどだと思い
ます。

妊娠線予防に大切なのは肌への水分補給とそ
の水分を守ること。たっぷりと水分を抱えた
肌は柔らかく柔軟性があるため、大きくなる
お腹に適応して断裂を防ぐことができるのです。

妊娠線予防クリームとオイルは水分量と油分
量に違いがあるため、役割も大きく異なるた
めどっちも大切
です。クリームで肌に水分や
柔軟性を引き出す成分を補給し、オイルでそ
れらを保つというのがベスト
な使い方。
使う順番は「クリーム→オイル」が基本です
が、オイルの中でも浸透力を高めるブースタ
ー作用を持つものの場合はその順番が変わる
こともあるので、それぞれの商品の特徴に合
わせた使い方、順番を守るようにしましょう。

どっちか片方を使う場合には肌質や肌悩み、
使用感などで選んでもいいと思いますが、
使用後も乾燥を感じる場合はどっちかだけで
は保水または保湿力が足りないという可能性
が高いのでダブル使いを試してみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です