妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

乾燥肌は妊娠線に要注意!乾燥肌と妊娠線にはどんな関係がある?

 
妊娠線の原因は乾燥
この記事を書いている人 - WRITER -

初めての妊娠で嬉しい気持ちや、赤ちゃんを愛おしむ気持ちが溢れてくるものの、多くのことで悩む女性も珍しくありません。

お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、体型の変化に戸惑ったり、マイナートラブルから妊娠線のケアなど、悩み事は尽きません。

今回は、妊娠線の話題にスポットを当てて、お話ししていきたいと思います。

妊娠線はどうしてできるのか?また、乾燥が妊娠線の原因となるのは本当なのか?など、様々なことについてご紹介していきます。

どうすれば妊娠線を予防できるのかなどの、対策方法もお話ししますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

そもそも妊娠線ってなんのこと?

妊娠線の原因は乾燥

妊娠線とは、一般的に言う「肉割れ」のことです。

女性が妊娠すると、お腹や胸の皮膚が急激に伸び、皮膚が引っ張られるという現象が起きます。

私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織の三層構造となっており、伸びていく変化に対応できるのは表皮のみなのです。

表皮の下にある真皮と皮下組織は、伸縮性が少なく、皮膚の急激な伸びに対応できず、亀裂が生じます。

この亀裂が妊娠線で、肌表面にひび割れを起こすものなんですよ。

表皮が傷付いているわけではありませんが、表皮の下で断裂が起きているので、赤っぽい線に見えるのです。

妊娠線と乾燥にはどのような関係があるの?

ここからは、妊娠線と乾燥についてお話していきたいと思います。

乾燥肌の人は、妊娠線が出来やすいと言われていますが、それはどうしてなのでしょうか?

妊娠線とは、皮膚の急激な伸びに真皮と皮下組織が対応できず、亀裂が生じるものですが、お肌が乾燥しているとこの亀裂が簡単に生じてしまうのです。

赤ちゃんがお腹にいる妊娠中は、お肌のターンオーバーが遅れやすくなりますが、これに乾燥した状態が続いているとさらにターンオーバーは遅れてしまいます。

しっかりと保湿された弾力のあるお肌ならば、皮膚の伸びにも対応することが出来ますので、妊娠線を作りにくい状態にしてくれるのです。

つまり、お肌が乾燥した状態が続いていると、妊娠線ができる原因となってしまうということなんですね。

一度できてしまった妊娠線を完全に消すことは難しいので、妊娠線ができる前に原因となる乾燥肌を保湿し、しっかりとケアを行うことが大切ですよ。

乾燥が原因で出来やすい妊娠線を予防する方法

お肌が乾燥した状態が続くと、妊娠線の原因となってしまいます。

では、どんな対策が妊娠線予防に効果的なのでしょうか?

こまめな保湿

妊娠線の原因は乾燥

お肌が乾燥しているのなら、保湿をすることが一番の解決方法です。

妊娠線ができる原因となる前に、しっかりと保湿をしてお肌にうるおいを与えてあげましょう。

保湿には妊娠線専用の保湿クリームやオイルを使用してくださいね。

薬局やドラッグストアで取り扱われている保湿クリームやオイルでは、お肌にある水分を逃さないという役割しか果たすことが出来ません。

妊娠線専用の保湿クリームやオイルなら、高い浸透力を持つアイテムが多く、有効成分をしっかりと浸透させ、お肌にうるおい成分を届けます。

そして、そのうるおいを逃さないようにカバーもしてくれますので、乾燥が原因となる妊娠線を予防するのなら、専用のケアアイテムを使用してくださいね。

妊娠線専用の保湿クリームやオイルは、数多く販売されています。

どれがいいかわからないと悩んだときは、浸透力が高いものや、お肌に低刺激なオーガニックの商品を選ぶと良いでしょう。

つわりが落ち着き、匂いに敏感でなくなったのなら、お好きな香りのアイテムを選ぶのも良いですね。

保湿をするタイミングは朝と夜のお風呂上りの1日2回です。

それでも乾燥が気になるのなら、保湿クリームやオイルを塗る回数を増やし、こまめな保湿を心掛けてくださいね。

水分補給

妊娠線の原因は乾燥

妊娠線専用の保湿クリームやオイルで身体の外側を保湿しなのなら、今度は水分補給で身体の内側からもうるおいを与えてあげましょう。

私たちは1日1.5リットル~2リットルほどの水分を飲むことが望ましいと言われていますが、妊娠中はこれ以上の水分を摂る必要があります。

妊娠中に水分を摂りすぎると、身体がむくむ原因になると考えられるかもしれませんが、身体がむくむのは塩分の摂り過ぎが原因です。

冷たい飲み物を飲むと、身体を冷やし血行不良に繋がりますので、飲むときは温かい飲み物を飲んでくださいね。

妊婦さんにおすすめなハーブティーも数多くありますし、身体を温める効果のあるジンジャーや不足しがちなビタミンC、葉酸、鉄分を含むハーブティーもありますよ。

カフェインを控えているなら、ノンカフェインのコーヒーや紅茶でリラックスも出来ますよ。

乾燥以外が原因で妊娠線はできるの?

ここまでは、どうして乾燥が原因で妊娠線ができるのかや、その対策方法についてお話してきましたが、乾燥以外のことが原因で妊娠線が出来るケースも珍しくありません。

ここからは、乾燥以外のことが原因でできる妊娠線についてお話していきたいと思います。

急激な体型の変化

妊娠線の原因は乾燥

妊娠中は当然、体重が増えてしまいますが、適正な範囲の体重増加を超えてしまうと皮下脂肪が増え、妊娠線ができる原因となってしまいます。

皮下脂肪が増えると、血液の流れが滞り、お肌に良いはずの栄養素を上手く運ぶことが出来なくなります。

また、皮下脂肪が増えれば増えただけ、お腹も大きく膨らみますので、その分皮膚も大きく引き伸ばされてしまいます。

表皮の下にある真皮や皮下組織が断裂しやすい状態になり、妊娠線ができやすくなってしまいます。

お肌の状態を悪くするだけでなく、妊娠線の原因となってしまいますので、乾燥を防ぐことに加えて、しっかりと体重管理を行うことが大切です。

ホルモンバランスの崩れ

妊娠をすると女性ホルモンの分泌が活発になりますが、この女性ホルモンにはコラーゲンの生成を阻害する働きがあります。

ご存知の通り、お肌を美しく保つためにはコラーゲンが必要不可欠ですが、女性ホルモンの分泌が活発になるとそのコラーゲンが不足状態に陥ってしまうんですね。

コラーゲンが不足したお肌はうるおいも減り、乾燥しやすくなります。

これが妊娠線の原因に繋がってしまうんですね。

赤ちゃんを健康に育てるために女性ホルモンが必要となりますが、お肌の調子を悪くしてしまう作用もあるのです。

食べ物の好みが変わる

妊娠線の原因は乾燥

妊娠中は、食べ物の好みが変わるということが良くあります。

つわりのときは特定の食べ物以外は食べられないということも多いので仕方がありませんが、それ以降は食べ物の好みに変化があったとしても、出来るだけバランスよく食べるようにしましょう。

お腹の赤ちゃんのためでもありますが、食事が偏ることでお肌にとっても必要な栄養素が不足してしまいます。

また、少ない栄養素を不必要な老廃物を排出するために使ってしまうこともありますので、さらに栄養が足りなくなってしまうのです。

この状態が続くと、お肌が乾燥状態になり、妊娠線の原因になってしまうんですね。

お腹の赤ちゃんの健康のためだけでなく、お肌の健康のためにも、食生活には十分気を遣ってくださいね。

妊娠線が出来やすいタイプはどんな人?

毎日徹底してケアをしていても、妊娠線が出来てしまったという方もいれば、そこまでケアに専念していなくても妊娠線は出来なかったという方もいらっしゃいます。

お肌の状態など個人差によるものが大きいのですが、妊娠線が出来やすいタイプはどんな方なのでしょうか。

乾燥肌の方は妊娠線が出来やすいということを、ここまでご説明してきましたが、他にも注意が必要なのはどんな方なのかお話ししていきますね。

ふくよかな体型の方

妊娠線の原因は乾燥

妊娠したことによって急激な体型の変化は、妊娠線に繋がる原因となるとお話ししましたが、元々ふくよかな体型で皮下脂肪の多い方も妊娠線が出来やすいと言えます。

理由は同じく、皮下脂肪が多ければ多いほどお腹が膨らみやすく、妊娠線が出来やすくなるからです。

妊娠前からふくよかな体型の方は、お肌の乾燥をケアするだけでなく、皮下脂肪を減らすことも大切ですよ。

小柄な体型の方

ふくよかな方とは反対に、小柄な体型の方も妊娠線が出来やすいタイプだと言えます。

小柄な方は元々皮膚の面積が小さく、お腹が大きくなったときに妊娠線が出来やすくなります。

出産を経験している方

妊娠線の原因は乾燥

一度、出産を経験している方は、一人目と比べてお腹の赤ちゃんが大きくなる傾向にあります。

ですから、一人目の時は妊娠線が出来なくても、二人目のときは妊娠線ができてしまった!という方も珍しくありません。

双子以上を妊娠している方

一人だけを妊娠している方と比べて、双子以上を妊娠している方は、当然ながらその分お腹が大きくなります。

大きくなればなるほど、皮膚が引っ張られて妊娠線が出来やすくなりますので、しっかりとケアをしてくださいね。

乾燥が原因の妊娠線を予防するには、どんな保湿方法がおすすめ?

乾燥が原因の妊娠線を予防するには、保湿をすることが何よりも大切です。

専用のクリームやオイルを使って保湿をすれば、皮膚が柔らかくなり、お腹が大きくなっても体型の変化に対応することが出来ますよ。

クリームとオイルとどちらが良いの?と悩む方も多いと思います。

まずは、それぞれの特徴についてご紹介していきますね。

妊娠線クリーム

妊娠線の原因は乾燥

妊娠線クリームは、水分と油分がバランス良く含有されていますので、浸透力が高く、肌馴染みが良いとされています。

香りもオイルと比べて、癖のないものが多いので、使い勝手が良いというメリットがありますよ。

しかし、オイルよりも配合されている成分が複雑なため、デリケートなお肌の方は荒れないかどうかきちんとチェックする必要があります。

他にも、保湿力がオイルよりも弱いというデメリットがありますので、妊娠線クリームを使う場合はこまめに塗らなければなりません。

妊娠線オイル

妊娠線の原因は乾燥

妊娠線オイルの特徴は何といっても、保湿力の高さにあります。

水分よりも油分の方が良いので、乾燥肌が原因の妊娠線を予防するにはもってこいのアイテムです。

しかし、浸透力はクリームと比べて劣ってしまいますので、べたつきが気になる方も少なくありません。

また、オイル独特のにおいが苦手という方も多いんですよ。

クリームとオイルは、どちらを使えばいいの?

妊娠線の原因は乾燥

クリームにもオイルにも、それぞれメリット・デメリットがありますので、使う方の好みに合わせて選んでください。

しかし、乾燥が原因の妊娠線を絶対に作りたくない!と思われるなら、両方とも使うことをおすすめします。

普段のスキンケアでも、水分の多い化粧水をつけて、その次に油分の多い乳液を付けますよね?

それと同じで、妊娠線ケアも、水分と油分のバランスの取れたクリームを塗り、その後油分の多いオイルを塗れば、しっかりとお肌にうるおいをプラスすることが出来るのです。

お風呂上りだけクリーム+オイルのケアで、日中はクリームのみという使い方や、乾燥がひどい秋や冬だけオイルをプラスするという使い方、妊娠線が出来やすい下腹部だけオイルを付けるという使い方など、ご自身の生活に合った使い方をしてくださいね。

どんなときもお腹の赤ちゃんと会話するような、リラックスした気持ちでマッサージをしてください。

お腹が大きくなり、自分では塗りにくい場所が出てきたら、パートナーに手伝ってもらうのも良いでしょう。

二人で赤ちゃんに話かけながら、楽しいスキンケアタイムを設けてくださいね。

まとめ

妊娠線の原因は乾燥

乾燥が原因でできる妊娠線について、ここまでお話ししてきましたが、いかがでしたか?

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、お肌が乾燥しやすい状態が続きます。

それが原因で妊娠線が出来てしまわないように、こまめな保湿を心掛けてくださいね。

乾燥だけでなく、皮下脂肪を増やし過ぎないように体型の管理をして、バランスの良い食事や適度な運動も必要ですよ。

ご自身の体調に無理のない範囲で、楽しい妊娠生活を送ってください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です