妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

ママ&キッズのローションとクリームの違い|何が違う?おすすめは?

 
ママ&キッズのローションとクリームの違い
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠線予防や産後ママ・赤ちゃんのスキンケアに多くの女性が選んでいる『ママ&キッズ』。『ママ&キッズ』のローションやクリームはなぜ多くの人から支持され人気を集めているのか、その理由を探ってみたいと思います。

さらに『ママ&キッズ』から販売されているローションやクリームは数多くありますがそれら商品にはどのような違いがあるのか、特徴や配合成分の違いなどを徹底比較し、それぞれどのような人におすすめなのか紹介していきたいと思います。

もくじ

ママ&キッズローションとクリームの違いとは?

ママ&キッズのスキンケアシリーズについて

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

ママ&キッズは株式会社ナチュラルサイエンスの主要ブランドのひとつで、「デリケートな赤ちゃんの肌のために心から信頼できるスキンケアアイテムが欲しい」というママたちの深い愛情に応えるために生まれました。

乾燥して乱れやすい肌のバリア機能をサポートし、ぷるんとしたうるおいのあるすこやかな肌へ導くため、皮膚科医専門医の協力の基、本当に必要なものだけをベストなバランスで配合しています。さらに家族みんなで安心して使うことができるように低刺激処方にも徹底してこだわっています。

ママ&キッズ製品には3つのこだわりがあり、そのひとつが厳選された成分による低刺激処方であること。特に天然オリゴ由来の独自成分である『スーパーオリゴ』は、妊婦さんや赤ちゃんなどデリケートな肌にしっかりとしたバリアをつくってさまざまな外部刺激から肌を守ります。

『スーパーオリゴ』とは保湿力に優れたコクトオリゴ・肌にツヤを与えるホワイトオリゴ・肌の水分と油分のバランスを整えるバランスオリゴの3種のオリゴを内側に取り込んで、角質層にとどまって効果を保つ持続オリゴから構成されている成分です。

ママ&キッズのローションやクリームには、『スーパーオリゴ』の他にもセラミドやアミノ酸、エクストラオリーブ、ビフィズス菌エキスなど肌に優しいながらも強力にアプローチしてくれる成分を厳選して配合しています。

ママ&キッズの2つ目のこだわりは日本でも数少ない小児皮膚科専門医の協力のもと、製品開発が行われているということ。たくさんの子どもの肌を見てきた皮膚科専門医とともに、本当に肌に必要なものは何かと考えて配合成分や処方に反映しています。

低刺激性、無添加処方にこだわり、香料や着色料・パラベン・石油系界面活性剤などは使用せず、敏感肌によるパッチテストやアレルギーテストなども行われ安全性が確保されています。

 

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

3つ目のこだわりとして、ママ&キッズの製品ボトルや包装は安全性や地球環境について考えられたものが採用されています。無添加のローションやクリームを高品質でフレッシュな状態のままユーザーに届けるため、気密性の高いポンプや逆流しにくいチューブ、破損しにくいプラスチック素材が取り入れられています。使い切るまで空気に触れないフレッシュポンプボトル構造で、最後まで安心して使うことができます。

ママ&キッズでは妊婦さんや産後のママ、赤ちゃんに向けたローションやクリームなどのスキンケアアイテムが販売されていますが、その多くが口コミランキングや人気ランキングでNo.1に選ばれています。

たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019スキンケア部門乳状ローション・たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019スキンケア部門クリーム・たまひよ赤ちゃんグッズ大賞妊娠中によかったランキング2019妊娠用ボディケアアイテム部門・2018年ゼクシィBaby人気育児ブランド妊娠ボディケア部門・第8回マザーズセレクション大賞2016(ベビーミルキーローション)などを獲得し、妊産婦さんから高い支持と評価を集めているスキンケアブランドとなっています。

妊娠線ケアにおすすめのローション&クリーム

ママ&キッズ スキンコントロールローション

ママ&キッズ スキンコントロールローション

 

<製品の特徴や成分・効果について>

「しっとり」「マイルド」「さっぱり」の3種類が肌悩み・肌質別に選ぶことができる保湿ローションです。

乾燥によって荒れてしまった肌にうるおいを与えて、元々肌が持っているうるおい成分と同様の保湿成分が配合されており、肌の角質層内にしっかり浸透して長時間うるおいを保ちます。

すこやかな肌に整えるビフィズス菌エキスやゆらぎ肌を立て直すバリアヒアルロン酸を中心に、4種のセラミドや6種のアミノ酸、独自成分のスーパーオリゴなどが肌をしっとりなめらかな状態にします。さらに、クララエキスやアラントインなど肌荒れ対策効果のある成分も配合されているので整肌効果の高いスキンローションとなっています。

<スキンコントロールローションがおすすめの人>

しっとりタイプ…乾燥肌の人、乾燥小じわが気になる、秋~冬のボディケア、ニキビや肌荒れ対策がしたい
マイルドタイプ…混合肌の人、肌にうるおいが欲しい、季節の変わり目の肌トラブルケア、ニキビや肌荒れ対策がしたい
さっぱりタイプ…オイリー肌の人、ニキビや吹き出物対策、かゆみのあるトラブル肌に、赤ちゃんのあせも予防、ボディミストや日焼け後の全身ケア

<商品価格>

150ml/2,656円(税込)

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

<製品の特徴や成分・効果について>

助産師さんと先輩ママの協力によって生まれた妊娠線予防&妊娠線を消す効果が期待される人気のボディクリーム。デリケートになりがちな妊娠中女性の肌にも優しくアプローチできるように、低刺激・無添加処方にこだわったクリームで浸透力にも優れており手軽に使えるのも魅力のひとつです。

保湿力に優れるスーパーヒアルロン酸やハリや弾力を高めるダブルコラーゲン、肌の柔軟性をサポートするツボクサエキス・カレンデュラオイル・アルガンオイルなどが妊娠線をしっかりと防ぐだけでなく、グリチルリチン酸ジカリウムによって妊娠中に起こりやすいかゆみや肌荒れを予防します。

妊娠線が消える効果があるとして、保湿成分やターンオーバー促進成分なども配合されているので産後のボディケアにも最適です。

なお、ママ&キッズ ナチュラルマーククリームを実際に使用した方の口コミ体験レビューをこちらでご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
ママ&キッズクリームの口コミ体験レビュー|妊娠線に効果はあった?

<ナチュラルマーククリームがおすすめの人>

妊娠線を予防したい、かさつきやかゆみが気になる、お腹の赤ちゃんとのスキンシップをしたい、ボディの美肌ケアに

<商品価格>

150g/2,916円(税込)
470g/7,850円(税込)

赤ちゃんにおすすめのローション&クリーム

ママ&キッズ ベビーミルキーローション

ママ&キッズのローションとクリームの違い
 
<製品の特徴や成分・効果について>

生まれてすぐのデリケートな赤ちゃんのスキンケアにおすすめの乳状ローション。羊水に含まれる8種のアミノ酸や胎脂に近いベビーズエマルジョンなど赤ちゃんの肌に本当に必要なものだけを厳選配合しています。

小児皮膚科医の協力のもと開発され、新生児から安心して使えるベビーローションとして全国180か所以上の産院で使われています

さらりとしたテクスチャーで肌になじみやすいなめらかな使い心地が特徴で、べたつきが苦手な赤ちゃんや子どものケアにも最適。特に乾燥が気になる部分にはベビーミルキークリームの重ね塗りがおすすめです。

<ベビーミルキーローションがおすすめの人>

生まれたばかりの赤ちゃんのスキンケア、キッズやママなど家族みんなのボディケア、べたつく感触が苦手な人、肌に優しいボディケアを探している

<商品価格>

150g/1,944円(税込)

ママ&キッズ ベビーミルキークリーム

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

<製品の特徴や成分・効果について>

生まれてすぐに使えるさらりとしたボディローションであるベビーミルキーローションとあわせて使いたい乳状クリーム。ママのお腹をお手本にして、8種のアミノ酸やベビーズエマルジョンなどの保湿成分が配合され肌本来のうるおいを守ります。

ワンタッチ&逆止弁チューブ構造で空気が入らず最後まで酸化しにくく新鮮な状態で使うことができます。

ママ&キッズ ベビーミルキーローションとの成分的には大きな違いはありませんが、保湿力がより高いため、使う部位や季節によってローションとクリームを使い分けるといいでしょう。

<ベビーミルキークリームがおすすめの人>

生まれたばかりの赤ちゃんのスキンケア、キッズやママなど家族みんなのボディケア、べたつく感触が苦手な人、特に乾燥が気になる秋~冬のケア、よだれかぶれが気になる口元や手足のくびれ部分の保湿ケア

<商品価格>

75g/1,944円(税込)

乾燥性敏感肌におすすめのローション&クリーム

ママ&キッズ オルゴミルク

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

<製品の特徴や成分・効果について>

べたつかずに長時間うるおいが続く人気の乳液。スーッとなじむなめらかなローションタイプですが、4種のセラミドで肌のバリア機能を高めてしっとりもちもちの肌を維持します。ゆらぎやすい妊娠中・産後ママや赤ちゃんの肌をうるおいベールで優しくガードします。

妊娠線が消えるのには時間がかかるとされていますが、肌のうるおいを守り代謝を高めることが必要だと考えられています。ママ&キッズ オルゴミルクには肌を内側からうるおす6種のアミノ酸や肌本来のすこやかさを引き出すスーパーオリゴ、ビフィズス菌エキスなどがたっぷり配合されています。

<オルゴミルクがおすすめの人>

乾燥性敏感肌に困っている、肌のうるおい不足が気になっている、妊娠中や産後のボディケア、肌がデリケートな赤ちゃんやキッズのスキンケア

<商品価格>

108ml/3,024円(税込)

ママ&キッズ モイスチャーオリゴクリーム

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

<製品の特徴や成分・効果について>

乾燥しやすい敏感肌をすこやかに整える高保湿クリーム5種のセラミドがバリア機能を高めて、さらに6種のアミノ酸やダブルコラーゲンによってうるおいを逃がさず長時間キープします。頑固なかさつき肌もしっとり落ち着かせてくれるので大人の悩み肌にもトラブルを起こしやすい赤ちゃんの肌にも最適なクリームとなっています。

また、濃密なクリームながら肌なじみがよくするすると伸びて心地よく使うことができるのも特徴です。

<モイスチャーオリゴクリームがおすすめの人>

乾燥性敏感肌に困っている、肌が荒れやすい、妊娠中や産後のボディケア、肌が弱い赤ちゃんやキッズのスキンケア、特に乾燥がひどい時期のスキンケア、赤ちゃんのオムツかぶれやよだれかぶれ対策

<商品価格>

60g/3,024円(税込)

ママ&キッズ モイスチャーオリゴクリームAD

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

<製品の特徴や成分・効果について>

肌のバリア機能をサポートする6種のセラミドやオリーブ油に加え、バリアヒアルロン酸やスーパーオリゴなど肌にたっぷりのうるおいを与えて維持する優れた保湿成分が贅沢に配合されています。

さらに肌の炎症をしずめる働きを持つグリチルリチン酸ステアリルや皮脂バランスを整えるビタミンB3誘導体などが配合され、ダメージを受けやすいデリケートな肌に密着して立て直してくれる超濃密保湿クリームに仕上がっています。

特にうるおい不足で悩んでいる人、乾燥により肌がデリケートになっている、ヒリヒリとした痛みやかゆみを感じる、バリア機能が低下している肌に、目元・口元の乾燥対策、赤ちゃんのオムツかぶれやよだれかぶれ対策

<商品価格>

60g/3,456円(税込)

ママ&キッズローションとクリームの違いまとめ

ママ&キッズのローションとクリームの違い

 

妊娠線ケアや赤ちゃんのスキンケアアイテムを豊富に扱っている『ママ&キッズ』では、妊娠線を防ぐ効果や消す効果、トラブルを予防する効果などさまざまな働きを持つアイテムを販売しています。

商品にそれぞれに特徴の違いはありますが、どれも優れたスキンケア効果が期待されるだけでなく、デリケートになりやすい妊産婦さんや生まれたての赤ちゃん、子どもたちの肌に安心して使うことができるように安全性の高さや使用感の良さにこだわっているのが特徴です。

『ママ&キッズ』のスキンケアアイテムはその効果や使用感の違いにより、ローションやクリームなど多彩なラインナップとなっています。それぞれの悩みや肌質、利用シーンに合わせてベストと思えるアイテムがきっと見つかると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です