妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

ママ&キッズクリームの成分|妊娠線ケアの全成分を徹底解説します

 
ママ&キッズクリームの成分
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠線ケアに優れた効果を持つアイテムとして人気の高い『ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム』。そんなママ&キッズクリームにはなぜ妊娠線を予防する効果や赤ちゃんの肌を優しく守る効果があるのでしょうか?

ここではママ&キッズクリームに配合されている全成分を徹底チェック!それぞれの成分が持つ効果や特徴について解説しますので、妊娠線ケアに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ママ&キッズクリームの成分を徹底解説!

ママ&キッズクリームの成分

 

ママ&キッズクリーム全成分表示

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ベヘニルアルコール、スクワラン、オリーブ油、メドウフォーム油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、アルガニアスピノサ核油、ペンチレングリコール、ステアリン酸、キシリトール、グリコシルトレハロース、ベタイン、ナイアシンアミド、水添レシチン、トウキンセンカ花エキス、ダイズステロール、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、サクシニルアテロコラーゲン、セラミド2、セラミド3、ポリグルタミン酸、ソルビトール、アラニン、アルギニン、セリン、グリシン、グルタミン酸、リジン、トレオニン、プロリン、トコフェロール、PCA-Na、キハダ樹皮エキス、ニオイテンジクアオイ水、ゲッケイジュ葉水、環状オリゴ糖、黒砂糖エキス、異性化糖、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-51、リゾレシチン、グリコーゲン、キサンタンガム、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、カルボマー、フェノキシエタノール、水酸化K

ママ&キッズクリームのうるおいサポート成分

ママ&キッズクリームの成分

 

ママ&キッズクリームには肌にうるおいを与え、それを保持する効果のある成分がたくさん配合されています。肌のうるおいを守ることは妊娠線予防や妊娠線を消すために欠かすことのできない働きです。

ダブルヒアルロン酸

ママ&キッズクリームには優れた保水力を持つことで知られるヒアルロン酸が2種類配合されています。通常のヒアルロン酸に加え『スーパーヒアルロン酸』と呼ばれるアセチルヒアルロン酸ナトリウムが配合されているため、より肌になじみやすく長時間うるおいを保持することができると考えられます。

アセチルヒアルロン酸ナトリウムは資生堂が開発した、ヒアルロン酸をベースにし親和性と水分保持能力を高めた特許成分ですが、現在では多くの化粧品に使用されています。

ダブルセラミド

セラミドは肌の角質に存在する細胞間脂質の主成分。肌細胞のすき間を埋めることで内部の水分を守り乾燥を防ぎます。セラミドには12種類あり、ママ&キッズクリームに配合されているのはセラミド2とセラミド3という2種類。

セラミド2は高い保湿力があり人間の肌に最も多く含まれてるセラミドで、セラミド3は保湿力とともにシワを抑制する効果を持つセラミドとして知られています。

8種のアミノ酸

アミノ酸はたんぱく質の構成成分であり、人間の肌に存在する天然保湿因子の主要成分でもあります。天然保湿因子を多く持つ肌というのは、水分がしっかりと守られ妊娠線などのダメージを防ぐことができます。

ママ&キッズクリームに含まれているアミノ酸はセリン・グリシン・グルタミン酸・アラニン・アルギニン・リジン・トレオニン・プロリンの8種類。

セリンは肌に角質層に最も多く存在する成分で肌のうるおいを保つ効果が期待できます。グリシンはコラーゲンを構成する成分で肌のハリや弾力を維持。アルギニンは肌の保湿はもちろん新陳代謝を促す成分であるため、妊娠線予防や改善に役立つと考えられています。

スクワラン

スクワランは元々皮脂含まれている保湿成分で、肌を乾燥や紫外線などのダメージから守る働きを持っています。肌への浸透力が高く刺激が少ない成分なので、デリケートな妊婦さんや赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。

スクワランは保湿効果や肌を柔らかくする効果があるため、妊娠線予防に高い効果が期待できるだけでなく、新陳代謝を促進する効果もあるのでできてしまった妊娠線を消すケアにも役立つと考えられています。

ポリクオタニウム-51

ママ&キッズクリームの中ではあまり聞き慣れない成分名ですが、『リピジュア』とも呼ばれる優れた保湿成分です。保水力・保湿力の代表的な成分であるヒアルロン酸の2倍の保湿性を持つとも言われており、肌のうるおいを長時間守ってくれます。

肌なじみがよく妊婦さんや赤ちゃんにも優しい成分ですが、水洗い後にもうるおいが保持される効果が認められている優れた効果を持つ保湿成分として注目を集めています。

メドウフォーム油

メドウフォームの種子から抽出されるオイル成分で、肌の水分を保持する効果や肌をなめらかにする効果などを持っています。

天然植物オイルながらとても安定した成分で酸化しにくく、さらに毛穴に詰まらずにすばやく吸収されるため肌への刺激になりにくいのも特徴的です。

ママ&キッズクリームの柔軟性サポート成分

ママ&キッズクリームの成分

 

ダブルコラーゲン

ママ&キッズクリームには、肌のハリや弾力を高める働きを持つ代表的な成分であるコラーゲンも2種類配合されています。

妊娠中はホルモンバランスが変化しコルチコステロイドという成分が多く分泌され活性化します。このコルチコステロイドの影響でターンオーバーが阻害され、コラーゲンの生成量が低下することがわかっており妊娠線ができてしまう原因のひとつと考えられています。

そのため、妊娠線クリームなどにより外部からコラーゲンを補給することは妊娠線予防において重要なことと考えられており、ママ&キッズクリームでもコラーゲンがたっぷり配合されているのです。

ママ&キッズクリームに弾力アップ成分として配合されているのは、加水分解コラーゲンとサクシノイルアテロコラーゲン。加水分解コラーゲンは『低分子コラーゲン』『コラーゲンペプチド』とも言われる成分で、肌への浸透力が高いことが特徴です。

サクシノイルアテロコラーゲンはコラーゲン分子同士が固まりにくいように加工されており、肌への浸透性を高めている成分です。

エラスチン

エラスチンは数百ものアミノ酸が連なって構成されている成分で、コラーゲン同士を結びつける働きを持っています。伸縮性に優れた性質を持つ繊維状の成分で、妊娠線ができる真皮や血管などの弾力性や伸縮性を高める効果があります。

肌のハリや弾力を保つためにはヒアルロン酸やコラーゲンなどが必要だとされていますが、それらを結びつけて支える存在であるエラスチンもとても重要です。

アルガニアスピノサ核油

「アルガンオイル」という名前で広く知られている多機能オイル成分です。砂漠地帯であるモロッコで生育しているアルガンツリーの種子から抽出されるオイルで、高い保湿力を持ちながらも浸透力に優れた軽いテクスチャーが特徴的です。

肌をしっとりなめらかに整えて柔軟性を高める働きを持つため、妊娠線予防にも高い効果が期待できます。

オリーブ油

美容・健康効果が高い植物オイルの定番とも言えるオリーブ油。人間の皮脂に含まれるオレイン酸を豊富に含んでいるため、肌なじみや浸透性がよく肌に優しいという特徴を持っています。

保湿効果が高いオレイン酸の他、抗酸化力に優れるビタミンEや肌にハリと弾力を与えてくれるプロビタミンA、肌をなめらかにするスクワランやリノール酸などさまざまな成分によって構成されており、柔軟性がありすこやかな肌を保つために役立ちます。

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル

人間の表皮脂質に類似した組成成分で、肌になじませたときの伸びがいいため使い心地のいいオイル成分として配合されています。肌内部の水分を保持し、しなやかで柔軟性のある状態に整えてくれるため皮膚組織が断裂して妊娠線ができるのを防いでくれます。

ツボクサエキス

傷ややけどの治療に古くから重用されてきた皮膚修復効果がある植物エキス。ダメージを受けた肌や毛穴の修復を促す効果で知られていますが、水分保持力やコラーゲン生成促進効果、ターンオーバー促進効果もあるため妊娠線予防にも改善にも役立つとされています。

ママ&キッズクリームの肌荒れ対策成分

ママ&キッズクリームの成分

 

グリチルリチン酸ジカリウム

生薬として利用される甘草根から抽出される成分で、優れた抗炎症作用を持っています。肌荒れや炎症、ニキビなどの予防・改善に効果が期待されています。

妊娠中はかゆみや赤みなど肌トラブルを起こしやすく、それが原因で妊娠線につながってしまうこともあります。ママ&キッズクリームではさまざまなトラブルを多角的にケアすることで妊娠線を予防します。

カレンデュラオイル

カレンデュラは「キンセンカ」や「マリーゴールド」と呼ばれるキク科の植物。乾燥させた花びらをオイルに漬け込んでつくられるもので、保湿効果はもちろん豊富に含まれるビタミンやフラボノイドなどの成分による傷修復作用や炎症予防効果などが期待されています。

ママ&キッズクリームのように妊娠線ケアや赤ちゃんのスキンケアアイテムに使用されることが多い植物オイルのひとつで、肌への刺激が少ないことでも知られています。

キハダ樹皮エキス

キハダ樹皮エキスには保湿効果とともに抗炎症作用があり、肌をすこやかな状態に保つことができます。かゆみや炎症を鎮める効果がありますが、自然由来成分のため肌に優しく穏やかな働きを持つのでデリケートな妊娠中でも安心して使用することができます。

黒砂糖エキス

黒砂糖に含まれている「コクトオリゴ」とも呼ばれる成分で、高い保湿力を持っています。黒砂糖に含まれる成分ですが含有量は少ないため貴重で高価な成分でもあります。

肌にうるおいを与えてそれを守り、肌荒れを防いでくれる効果が期待されています。肌の乾燥以外にもしわやシミ、かゆみなどを防ぐ効果にも優れておりさまざまな肌トラブル対策に役立つと考えられています。

ニオイテンジクアオイ水

ローズゼラニウムの花から抽出される成分で華やかで甘い香りを持つ芳香水でありながら、皮脂のバランスを整えてすこやかな状態に保つ効果が期待されます。バランスを整える作用に優れるため乾燥肌にも脂性肌にも対応し、痛んだ肌の回復にも役立ちます。

香り成分には不安定な気持ちやイライラを抑える効果を持ち、穏やかな気持ちにしてくれるとも言われているため妊娠中のデリケートな女性のケアに最適です。

妊娠線が消える・消す効果のある成分は?

ママ&キッズクリームの成分

 

ママ&キッズクリームにはさまざまな効果のある成分が配合されていますが、その多くは妊娠線ができることを防ぐ予防効果があると考えられる成分です。しかし、その中には妊娠線が消える効果にも期待できる成分も含まれています。

妊娠線は消えることがないと言われることもありますが、適切なケアをすることで妊娠線を薄くして目立たないようにすることはできると考えられています。

できてしまった妊娠線をできるだけ早く消すためには、肌の新陳代謝=ターンオーバーを促進することが重要です。妊娠線は表皮よりも奥にある真皮や皮下組織にできているものなので、ターンオーバーがとても緩やかなので保湿やめぐりを高める作用、細胞活性作用などがある成分が配合された妊娠線クリームなどでサポートしてあげると効果的です。

ママ&キッズクリームの添加物について

ママ&キッズクリームの成分

ママ&キッズクリームは低刺激性の無添加処方にこだわっており、香料・着色料・パラベン・アルコール(エタノール)・鉱物油・石油系界面活性剤は使用していません。

ママ&キッズクリームの配合成分に関するまとめ

ママ&キッズクリームの成分

 

ママ&キッズクリームには肌のうるおいや柔軟性を守る成分が豊富に配合されています。妊娠線を防ぐためには伸びがよく断裂しにくい状態の肌を保つことが大切なので、ママ&キッズクリームに含まれる保湿成分や弾力アップ成分は非常に効果的な成分と言えるでしょう。

また、ママ&キッズクリームには妊娠中に起こりやすいかゆみなどの肌トラブルを防ぐ抗炎症作用を持つ成分や外部ダメージから肌を守る成分も配合されています。ママ&キッズクリームは妊娠線をはじめとした妊娠中のさまざまな肌トラブル予防におすすめのアイテムなので、妊娠線ケアに悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

なお、ママ&キッズ ナチュラルマーククリームを実際に使用した方の口コミ体験レビューをこちらでご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
ママ&キッズクリームの口コミ体験レビュー|妊娠線に効果はあった?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です