妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

ストレッチマークはいつから予防するの?おすすめケアをご紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

男性にも女性にも出来てしまうストレッチマ
ークについてご存知でしょうか?

妊娠線、または肉割れ線とも言われるストレ
ッチマーク
は、一体どうして出来てしまうの
でしょうか?

また、その予防方法や、妊娠線の場合はいつ
から妊娠線対策をすればいいのかについてご
紹介していきたいと思います。

ストレッチマークにお悩みの方はぜひ、最後
までご覧になってくださいね。

ストレッチマークはどうして出来るの?

ストレッチマークはどうして出来るの?
いつから予防すればいいのでしょうか?とい
う話の前に、ストレッチマークが出来てしま
う仕組みについてご説明しますね。

私たちのお肌は外側から表皮、真皮、皮下組
の順番で重なって構成されています。

ストレッチマークが出来やすい箇所の一つに
お腹が挙げられますが、妊娠してお腹が大き
くなると、皮膚もそれに合わせて大きく伸び
ることになります。

しかし、真皮がその伸びるスピードについて
いくことが出来ず、繊維やコラーゲンの断裂
が生じることがあります。

断裂してしまうと皮膚の表面からひび割れ
ように見えるのがストレッチマーク(妊娠線、
肉割れ線)
なのです。

そしてストレッチマークは表皮に出来る擦り
傷や吹き出物のようにターンオーバーで簡単
に消えることがない、やっかいなものなんで
すよ。

ストレッチマークは妊婦さん以外でも起こる

妊娠線とも言われているストレッチマークで
すが、別名肉割れ線とも言われています。

つまり、男性でも成長期のお子さんでも生じ
る可能性があるものなんですよ。

成人している方が急激に太ってもストレッチ
マークは生じますし、太っていなくても成長
期のお子さんが急激に大きくなることでスト
レッチマークが出来てしまいます。

他にも激しい運動をして筋肉量を増加させた
り、運動不足で血行不良になると起こりやす
と考えられています。

ストレッチマーク(妊娠線)の予防はいつからすればいい?

ストレッチマーク(妊娠線)の予防はいつからすればいい?
上記に記しましたが、ストレッチマークは男
性でもお子さんでも起こりうることですが、
この記事では妊娠線対策として、いつから予
防すればいいのかご紹介していきたいと思い
ます。

一度出来てしまうと厄介なストレッチマーク
ですが、その予防はいつからすればいいので
しょうか?

また、いつまですればいいのかという期間や
時期も知りたいですよね。

ストレッチマークがいつから出来るかの時期
には個人差がありますので、予防をしなかっ
たからと言って、必ず出来るというものでは
ありません。

出産するまでストレッチマークが出来なかっ
たという方もいるほどなんですよ。

しかし、多くの方が妊娠後期である8ヶ月〜
10ヶ月ごろに出来たと自覚しているようです。

胎児が急激に成長する妊娠後期は、その成長
に伴いお腹が大きくなる時期でもあるからで
すね。

人によっては妊娠中期である5ヶ月〜7ヶ月
出来た方もいますし、もっと早い方では妊娠
初期である4ヶ月以前に出来たという方もいら
っしゃいます。

このようにストレッチマークが出来る時期や
期間は人によって大きく異なるということが
わかりました。

ですから、いつから予防すればいいのか?
という問いに対する答えとして、おすすめし
たい妊娠線対策の時期は、「妊娠がわかった
時点で」ということになりますね。

妊娠してみないといつからストレッチマーク
が出来やすいかどうかはわかりませんので、
妊娠がわかった段階で早いうちから妊娠線対
策を行っていれば、しっかり予防をすること
が出来ます。

初期はつわりで体調が優れない方も多いと思
いますので、あくまで無理をせず、体調の良
いときにケアすることが大切ですよ。

妊娠初期からでも出来るストレッチマーク対策

妊娠初期からでも出来るストレッチマーク対策
ストレッチマークは急激にお腹が大きくなり、
皮膚が引っ張られることで出来る妊娠線のこ
とです。

ですから、妊娠がわかった早い段階から妊娠
線対策をすれば、皮膚を柔らかくすること
出来ますので、ストレッチマークが出来にく
い状態を整えることが出来るのです。

ストレッチマーククリームやストレッチマークオイルを使う

ストレッチマーク対策をするには産前からス
トレッチマーククリームやストレッチマーク
オイルといったケアアイテムを使うことをお
すすめします。

お腹や胸など妊娠線が出来やすいところに塗
るだけで、妊娠線対策をすることが出来る手
軽なアイテム
ですよ。

塗り始める時期はや期間はその方の肌質によ
って異なりますが、やはり早ければ早い方が
良いと言えるでしょう。

では、どんなストレッチマーククリームやス
トレッチマークオイルを選べば良いのでしょ
うか?

保湿力のあるものを選ぶ

ストレッチマークを予防するには、お肌をし
っかりと潤わせることが大切です。

ですから、ストレッチマークオイルやストレ
ッチマーククリームを選ぶ際は、保湿力に優
れたものを選んでくださいね。

特におすすめしたい成分はセラミドやヒアル
ロン酸
など、美容効果にも保湿効果にも優れ
た成分
です。

他にも自然由来成分であるアーモンドオイル
やホホバオイルなどを配合しているものも良
いでしょう。

ストレッチマーククリームやストレッチマー
クオイルを購入する前には、これらの成分が
豊富に配合されているかどうかチェックして
くださいね。

安全性に優れたものを選ぶ

安全性に優れたものを選ぶ
せっかく保湿力に優れたストレッチマークオ
イルやストレッチマーククリームを選んでも、
肌荒れや肌トラブルに繋がってしまっては意
味がありません。

元々デリケートなお肌の方はもちろん、妊娠
したことでお肌が敏感になっている方にはオ
ーガニック成分配合の安全性の高い商品をお
すすめします。

着色料やアルコールなどの添加物は出来るだ
け避けるようにするとより安全に使用するこ
とが出来ますね。

他にもパラベン、アキュテイン、ハイドロキ
ノン、トルエン、サリチル酸、トレチノイン
といった成分も出来るだけ避けるようにして
ください。

これらが配合されている商品を使用したから
と言って、お腹の赤ちゃんにすぐに影響を及
ぼすわけではありませんが、妊娠中のデリケ
ートなお肌に負担をかけてしまう可能性があ
りますので、十分に注意してくださいね。

無香料のものを選ぶ

ストレッチマーククリームやストレッチマー
クオイルの中には、リラックス効果をもたら
してくれる香り付きのものがあります。

普段であればその香りでリラックスすること
が出来るのでしょうが、妊娠中ですと香りに
敏感になってしまい、その香りが不快に感じ
てしまうことも珍しくありません。

使い始めは良くても、だんだん香りが不快に
なってしまうというケースもあります。

店頭で購入する場合は、一度その香りの強さ
などを確認することが出来ますが、ネット購
入の場合、それが難しいですよね。

そんな時はネットの口コミを参考にしてみて
ください。

個人差があるものですが、やはり実際に使用
した方の意見は参考になると思います。

絶対にストレッチマーククリームやストレッ
チマークオイル選びで失敗したくないという
方は無香料のものを選んでくださいね。

テクスチャーは口コミを参考にして選ぶ

テクスチャーは口コミを参考にして選ぶ
ストレッチマーククリームやストレッチマー
クオイルの中には、保湿力に優れているとい
うメリットがある反面、べたつきやすいとい
うデメリットもあります。

使用後にべたついてしまうと、快適な使い心
地とは言えませんし、特に夏場は使うのが億
劫になってしまいますよね。

もちろん、浸透力が高く、べたつかないアイ
テムもたくさんありますので、商品の口コミ
を参考にしながらどんなテクスチャーである
か、チェックしてください。

コスパに優れたものを選ぶ

ストレッチマークの予防をいつから始めるか
は、人それぞれですが、早い方ですと妊娠初
期から妊娠線対策をする方もいます。

つまり、長い方ですと10ヶ月ほどの期間
毎日ストレッチマークオイルやストレッチマ
ーククリームを使うことになるのです。

そのため、購入するならコスパ面に優れたも
のが良いですよね。

乾燥しやすい時期ですと、1日に2回、3回
ってケアすることもあると思います。

お腹以外でも太ももや二の腕に使うという方
も珍しくありません。

価格を重視するだけでなく、容量や1回に使
う使用量などもチェックして購入すれば、
お得に購入することが出来ますね。

市販のクリームやオイルで代用できる?

市販のクリームやオイルで代用できる?
いつからか出来てしまうストレッチマークを
予防するために多くの専用クリームやオイル
が販売されています。

しかし、ドラッグストアや薬局でもワセリン
やベビーオイルなどの保湿効果のある商品が
取り扱われています。

近くで購入することが出来ますし、ストレッ
チマークオイルやストレッチマーククリーム
と比べて価格も安価ですので、こちらで代用
したいという方もいらっしゃるかもしれませ
ん。

市販のワセリンやベビーオイルには「お肌に
ある水分が蒸発しないように予防する」効果
しかありません。

これではいつからか出来てしまうストレッチ
マークの予防対策としては不十分だと言える
のです。

保湿効果がいくら優れていたとしても、妊娠
中でホルモンバランスが崩れ、お肌がデリケ
ートな状態になっている時期は、保湿成分だ
けが優れていても予防できない
のです。

いつからか出来てしまうストレッチマークを
予防するには、市販のクリームやオイルより
も妊娠線対策専用のストレッチマークオイル
やストレッチマーククリームをおすすめしま
す。

また、市販の商品ですとアレルギーの原因
なりうる、リノール酸が配合されているケー
スもあります。

妊娠中はお肌が非常にデリケートな状態です
ので、出来るだけ避けた方が良いと言えるで
しょう。

オイルとクリームに違いはある?

いつからか出来てしまう妊娠線対策として有
効なストレッチマーククリームやストレッチ
マークオイルですが、どちらを使えばより妊
娠線を予防することが出来るのでしょうか?

特徴としてクリームは油分と水分のバランス
がとれているので、お肌にしっかりなじみや
すいというもの。

オイルは油分が多いので、クリームよりも保
湿力が高いという特徴
があります。

どちらも妊婦さんの好みで使うのが一番です
が、クリームとオイルの併用が最もおすすめ
ですよ。

先にクリームを塗り、お肌に有効成分を浸透
させた後、オイルで保湿をすることでお肌の
状態をより良くすることが出来るのです。

他にも初期はストレッチマーククリームで妊
娠線対策をして、お腹が大きくなり始めたら
より保湿力のあるストレッチマークオイルを
使用するという方もいらっしゃいますよ。

また、乾燥しがちな時期だけオイルを使うと
いう方もいます。

いつからストレッチマークが出来るかは個人
差がありますので、どのような予防をするか
も人それぞれですね。

ストレッチマークが出来やすい方は早めに妊娠線対策を!

ストレッチマークが出来やすい方は早めに妊娠線対策を!
いつからストレッチマークが出来るかは個人
差があると言いましたが、どのような方が出
来やすいと言えるのでしょうか?

出来やすい方の予防する時期や期間について
調べてみました。

体重増加が8キロ以上の方

妊娠中である産前は、とてもお腹が空きやす
いですよね。

特につわりがひどいと、この食べ物しか食べ
られない!ということも珍しくありません。

しかし、つわりが落ち着いてからもそのペー
スで食べ続けていては、体重はどんどん増え
てしまいます。

体重増加が激しいと妊娠中毒症などの危険性
もありますし、妊娠線も出来やすくなるんで
すよ。

産前の体重増加が8キロ以下の方は、あまり
妊娠線が出来ないそうです。

ですから、産前の体重増加が8キロを過ぎ
いる方はすぐにでも妊娠線対策を行う時期だ
と言えます。

産後までの期間、しっかり妊娠線対策をして
いきましょう。

スレンダーな方

妊娠前から細くて華奢な身体付きの方は、
元々の皮膚面積が狭いため、妊娠してお腹が
大きくなったとき普通の体型の方よりも皮膚
が引き延ばされやすくなるのです。

産前からの期間、最も妊娠線が出来やすいの
はスレンダーな方かもしれませんね。

双子や三つ子を妊娠している方

双子や三つ子を妊娠している方は、当然一人
だけを妊娠している方よりもお腹が大きくな
ります。

もちろんその分皮膚も伸びてしまいますので、
妊娠線が出来やすいと言えますね。

乾燥肌の方

いつからか出来るストレッチマークを予防す
るためには保湿は欠かせません。

お肌が乾燥しがちだと、その分皮膚が柔らか
くなりませんし、皮膚が伸びたときに断裂し
やすくなってしまいます。

乾燥肌の方は、早い時期から妊娠線対策をす
ることをおすすめします。

高齢出産の方

近年、高齢出産の方が増えていますが、そん
な方もストレッチマークが出来やすいと言え
ます。

年齢を重ねるにつれて、皮膚の弾力が失われ
てしまうので、20代30代前半の妊婦さんより
も妊娠線が出来やすいのです。

高齢出産の方も、早い時期から妊娠線対策
行ってくださいね。

出産を経験している方

所謂、経産婦の方も妊娠線が出来やすい方だ
と言えます。

一度出産を経験して、大きくなったことのあ
るお腹は再び大きくなりやすいのです。

また、子宮も伸びやすく、大きくなるスピー
ドも一人目よりも早くなるそうです。

一人目よりも早く大きくなるお腹に皮膚がつ
いていけず、妊娠線が出来やすくなってしま
うのです。

まとめ

まとめ
ストレッチマークの予防はいつからすればい
いのか?について、ご紹介いたしましたが、
いかがでしたか?

いつから出来るかは人それぞれ、個人差が大
きく、この時期から妊娠線対策をするのがベ
スト!この期間だけケアをして!という明確
は答えはありません。

産前、身体の調子が良い時期を見計らって、
早めに妊娠線対策をすることをおすすめします。

妊娠線が出来やすい方に当てはまる方は、
妊娠初期からケアをするとなお良いでしょう。

産前は身体の変化が非常に激しい時期ではあ
りますので、初めての妊娠の場合は、変化に
戸惑うかもしれません。

しかし、それは元気な赤ちゃんを産むための
準備ですので、出来るだけストレスなく過ご
してくださいね。

いつからか出来てしまうストレッチマークの
予防のことばかり考えていては、ストレスが
溜まってしまいます。

それぞれの体調や気持ちの余裕、ペースに合
わせて予防すれば大丈夫ですよ。

時には、ストレッチマーククリームやストレ
ッチマークオイルの香りで気持ちをリラック
スさせることも良いでしょう。

出来てしまった妊娠線は完全に消すことが難
しいと言われています。

逆に、産前しっかりと妊娠線対策をすること
が出来れば、「いつから妊娠線が出来てしま
うんだろう」と不安になることもありません。

愛しい赤ちゃんと出会うための準備期間を、
楽しく過ごしてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です