妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアはどうすればいいの?

 
臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?
この記事を書いている人 - WRITER -

新しい家族と出会うまであと少し。というところまできた臨月になると、妊娠線(ストレッチマーク)ができやすくなります。

ヒリヒリ痛いと感じる方も多く、また、産後の妊娠線(ストレッチマーク)に悩まされる方も少なくありません。

そこで今回は、臨月や産後に出来るヒリヒリ痛い妊娠線(ストレッチマーク)について、お話ししていきたいと思います。

なぜ、出来てしまうのかなど、その意味を知れば対策を立てることも出来ますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

臨月や産後に、ヒリヒリ痛い妊娠線(ストレッチマーク)ができた意味は?

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?

妊娠線(ストレッチマーク)とは、お腹が大きくなるにつれて、皮膚が引っ張られ、表皮の下にある真皮や皮下組織が断裂する症状を指して言います。

表皮は伸縮性がありますが、真皮と皮下組織には弾力性がありませんので、急激な体型の変化についていけないのです。

妊娠線(ストレッチマーク)は、お腹だけでなく胸やお尻、二の腕、太もも、ふくらはぎなど、身体のあらゆる部位に出現する可能性があります。

真皮や皮下組織といった、お肌の奥で起きている断裂は、目に見えないだけで、皮膚の表面に生じる傷と同じようなダメージです。

ですから、かゆみを感じたり、痛いと感じるというのは、当然のことなんですね。

なにをしていたら妊娠線(ストレッチマーク)は、痛いと感じるの?

かゆみや痛いと感じるときは、妊娠線(ストレッチマーク)が出来始めるころに生じることが多いんですよ。

お肌を見ても、見た目はいつもと変わらないかもしれませんが、かゆみや痛いと感じるときは、お肌から出ているサインのような意味があるのかもしれません。

目に見えなくてもお肌の奥で亀裂が生じており、放っておくと徐々に線が表れるということも考えられます。

臨月や産後に妊娠線が生じたとき、ヒリヒリ痛いと感じる人もいれば、チリチリ、ピリピリ痛いと感じる人もいます。

痛みの感じ方は人それぞれですが、むずむずするようなかゆみを伴うケースも珍しくありません。

また、臨月になり、お腹がどんどん膨らんでくると、お腹周りの皮膚が突っ張り、少しの刺激でも痛いと感じてしまうことがあります。

他にも服や下着の繊維がこすれた時、ヒリヒリすることもあります。

妊娠線(ストレッチマーク)のかゆみを痛いと感じる誤認識もある

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?

妊娠線(ストレッチマーク)はかゆみを伴うことが多いのですが、かゆみを痛いと誤認識するケースも珍しくありません。

皮膚が伸ばされ、真皮や皮下組織に亀裂が生じることで起きる妊娠線は、むずむずしたかゆさを伴うことが多いという特徴があります。

私たちの身体ではかゆみと痛みを感じる神経は別にありますが、臨月や産後の妊娠線が出来る前兆として、かゆみを微弱な痛みと誤認識することもあるのです。

ヒリヒリ痛いわけではありませんが、お肌が乾燥すると肌の組織が傷付きやすく、かゆみが強くなってしまうのです。

乾燥がひどくなると、粉をふいたり、ひび割れの症状が起きやすいように、表皮の下でもうるおいが不足していれば、それだけ傷が付きやすくなってしまうんですね。

妊娠線(ストレッチマーク)がヒリヒリ痛いときは、どんなケアが良いの?

臨月や産後に出来る妊娠線がヒリヒリ痛いと感じるときは、どのようなケアが効果的なのか、ご紹介していきますね。

まず、絶対に行ってはいけないことは、痛みやかゆみに我慢できず、かきむしってしまうということです。

お肌の状態を悪化させることが考えられますし、他の肌トラブルに繋がる危険性もあります。

症状がひどくなってしまったときは、自己判断での治療を続けるのではなく、産婦人科や皮膚科へ行き、相談してくださいね。

とにかく保湿をする!

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?

臨月や産後に妊娠線がヒリヒリ痛いと感じるようなら、とにかく保湿をすることが一番の対処方法です。

ストレッチマークが出来る原因は、お肌に水分が不足しているからです。

お肌の乾燥状態が続くと、真皮や皮下組織で亀裂が入りやすく、その亀裂がかゆみや痛みとなってしまいます。

ですから、妊娠線を予防しつつ、出来てしまった妊娠線を改善するには、有効成分がお肌の奥まで浸透するような保湿クリームを使うことをおすすめします。

使用する保湿クリームは薬局やドラッグストアで販売されているものではなく、妊娠線ケア専用のものが良いでしょう。

一般的なアイテムですと、お肌にある水分を逃さないという役割しか果たしてくれません。

しかし、妊娠線ケア専用のクリームなら、お肌の奥までしっかりと浸透し、うるおい成分を届けてくれるので、乾燥を改善するのにピッタリなんです。

さらにコラーゲンの生成をサポートする成分が配合されているものも多いので、裂けた組織がより再生しやすい環境を整えてくれます。

代謝を向上させ、ターンオーバーを促進する

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?

ストレッチマークは、お肌の奥が裂けて出来る傷のようなものですので、細胞組織を修復することで症状の改善が期待出来ます。

そのためには、お肌の新陳代謝を向上させ、新たなお肌への生まれ変わりを促すことが大切です。

新陳代謝を向上させるには、質の良い睡眠とバランスの取れた食生活が重要です。

ビタミンやたんぱく質を中心に栄養をしっかりと摂り、ぐっすりと眠ることで成長ホルモンの分泌を促すことが出来るんですよ。

また、ウォーキングなどの有酸素運動をして、ストレスを溜めないことも大切です。

ホルモンバランスを整えることで、新陳代謝が向上し、それが妊娠線の改善に繋がるのです。

服や下着の素材が合っているか、締め付けすぎていないかをチェックする

臨月や産後に妊娠線がヒリヒリ痛いと感じるときは、服や下着の素材が合っていない可能性があります。

デリケートな時期ですので、いつもはなんともない服でも、合成繊維の摩擦やゴムの締め付けが痛みやかゆみの原因となることも珍しくありません。

また、妊娠線が出来てしまったら、それはお肌のコンディションが悪いという意味です。

出来るだけお肌への刺激が少ない天然素材の服や下着を着用し、締め付けのないゆったりとしたものを選んでくださいね。

産後の妊娠線の痛みはいつまで続くの?

妊娠線は出産すると、少しずつ痛みやかゆみが落ち着いてきます。

赤紫色だった線も、白っぽい色になり、目立たなくなってきますよ。

大体の方は産後半年~1年で、目立たなくなりますので、それに伴い痛みやかゆみも落ち着いてくるでしょう。

しかし、産後にできた妊娠線や、双子以上を出産してひどい妊娠線が出来てしまった場合は、かゆみや痛みが落ち着くまで少し時間がかかります。

そのためにも、毎日欠かさず保湿をすることが大切なんですね。

まとめ

臨月の妊娠線はヒリヒリ痛い?産後のケアは?

ここまで臨月や産後の妊娠線がヒリヒリと痛い理由や改善策についてお話してきましたが、いかがでしたか?

新しい家族との出会いを楽しみにしつつも、ストレッチマークをはじめ、様々なマイナートラブルに悩まされている方も多いと思います。

しかし、妊娠線に関しては、毎日しっかりと妊娠線専用のクリームやオイルを使って保湿をしていけば、必ず症状は改善されます。

焦らず、諦めず、妊娠線のケアをする時間を楽しむくらいの気持ちで、毎日のケアを行ってくださいね。

臨月でお腹の下など届きにくい部分は、パートナーの男性や上のお子さんに手伝ってもらうと、家族の触れ合いの時間にもなりますので、オススメです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です