妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

産後の妊娠線と体重との関係性は?体重が増えると出来やすいの?

 
産後の妊娠線と体重との関係性は?
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠中は大丈夫だったのに、産後に妊娠線が出来てしまった!と驚く方は、珍しくありません。

そのまま放置していても、妊娠線は赤色から薄い白銀色へと変化していき、見た目は目立たなくなります。

しかし、肌はデコボコして、見た目が気になるという方も多いんですよ。

そこで今回は、産後に妊娠線ができないためにはどうすればいいのか、についてお話していきたいと思います。

また、産前・産後の体重の関係性についてもご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

皮下脂肪と妊娠線にはどんな関係がある?

産後の妊娠線と体重との関係性は?

まず、産前・産後の体重と変化と妊娠線の関係についてお話していきたいと思います。

妊娠線とは、いわゆる「肉割れ」と同じものですので、妊娠中に急激に太り、皮下脂肪が増えると妊娠線が出来やすいと言われています。

皮下脂肪とは、筋肉の上部分にある脂肪のことで伸縮性がありません。

ですから、急激な体型の変化に耐えることが出来ず、簡単に裂けてしまうのです。

いくら表皮だけを柔らかくしても、皮下脂肪が裂けて、妊娠線が出来てしまっては意味がありませんよね。

産前の体重によって、妊娠中に増えてもいい体重の増加量は異なります。

産後に妊娠線を作らないためにも、体重管理はしっかりと行いましょうね。

また、体重を管理するということは、妊娠中毒症や妊娠糖尿病などのリスクを避けることにも繋がります。

無理なダイエットはもちろん禁物ですが、リスクの低い出産をするためにも、体重管理は非常に重要だと言えるのです。

産後に妊娠線が出来るのはなぜ?

産後の妊娠線と体重との関係性は?

妊娠中に妊娠線が出来なくて安心していたのに、なぜか産後に突然妊娠線が出来てしまった!という方も珍しくありません。

これは、妊娠中に既に出来ていた目立たない妊娠線が、出産後に目立つようになったというケースが多いと考えられています。

体重増加やお肌の乾燥が原因で妊娠線は出来てしまいますが、産後に目立つ妊娠線は、大きく膨らんだお腹がしぼんだことによって出現します。

大きく膨らんだ風船にはシワがありませんが、しぼんだ風船にはシワがありますよね?

そんなイメージを浮かべるとわかりやすいと思います。

産後に妊娠線が出来ないようにするには、どうすればいい?

お肌を乾燥させないようにする

産後の妊娠線と体重との関係性は?

産後に妊娠線が出ないようにするには、なによりも保湿が大切です。

お肌をしっかりと保湿し、表皮の下にある真皮や皮下組織にまでうるおいを与えることで、柔軟性が増し、臨月にお腹が大きくなっても、その体型の変化に対応することが出来るのです。

乾燥した状態が続くと、お肌のターンオーバーも滞りがちになりますし、妊娠線が出来やすい環境を作ってしまうんですよ。

妊娠線専用のクリームやオイルを併用して使い、ダブル保湿をすることでより高い効果を得ることが出来ます。

薬局やドラッグストアで販売されている保湿クリームでは、今お肌にある水分を逃さない効果しか得られませんので、お肌に水分をプラスすることが出来ません。

また、妊娠線専用のクリームやオイルは天然成分が豊富に配合されている、無添加処方のものが多く、デリケートな時期でも安心して使うことが出来ますよ。

妊娠線専用のクリームやオイルでのケアは、最低でも1日2回、朝起きた時とお風呂上りに行ってください。

どちらも身体から水分が失われているタイミングですので、たっぷりのクリームとオイルでお肌に水分を与えてくださいね。

体重管理をする

産後に妊娠線が出来ないようにするためにも、リスクの少ない出産をするためにも、体重管理は必須です。

つわりが落ち着いたころや、臨月に入り赤ちゃんが下りてくると食欲が増すというケースが多く、そのころに体重が急激に増えてしまう方が多いんですよ。

しかし、表皮の下にある真皮と皮下組織には柔軟性が少なく、急に体重が増えてしまうと急激な体型の変化についていくことが出来ません。

妊娠中に妊娠線が出来なくても、産後になると急に現れるというケースも珍しくありません。

産後に出来た妊娠線には、有効成分配合の妊娠線専用のクリームがおすすめ

産後の妊娠線と体重との関係性は?

どれだけケアをしていても、どれだけ体重管理をしていても、産後に妊娠線が出来てしまうことはあります。

もし、産後に妊娠線が出来てしまったときは、どのようなケアが良いのかお話ししていきますね。

基本的には妊娠中に行っていた専用クリームとオイルによる保湿が効果的です。

しかし、皮下組織の再生をサポートする成分を配合しているものを選べば、より高い効果を得ることが出来るでしょう。

  • EGF(上皮成長因子)…表皮の細胞に働きかけ、新陳代謝を促進する
  • ビタミンC誘導体…皮膚に浸透しやすいという特性を持つビタミンCで、高い高酸化力を持つ
  • FGF(線維芽細胞増殖因子)…医療現場でも用いられている成分で、お肌の治癒に関係する成長因子
  • シナノール誘導体…皮膚の修復や断裂した皮下組織を再生させる

まとめ

ここまで産後に出来る妊娠線を予防する方法や、体重との関係性についてお話してきましたが、いかがでしたか?

産後に妊娠線を作らないためには「保湿をすること」「体重管理をすること」が重要です。

また、出産後に突然妊娠線が出来てしまうケースもありますので、産後もしっかりと保湿してくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です