妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

妊娠線を予防しないとどうなる?ケアしないと妊娠線ができるの?

 
妊娠線を予防しないとどうなる?
この記事を書いている人 - WRITER -

およそ半数以上の妊婦さんが出来てしまうと言われている妊娠線ですが、予防しないと必ず出来てしまうのでしょうか?

毎日、1日に何回も保湿クリームやオイルを塗ってケアするのは大変ですよね。

妊娠線を予防しないままと、予防したときと、どんな違いがあるのか調べてみました。

今回は、妊娠線を予防しないとどうなるのか、また、妊娠線が出来る人と出来ない人との違いについてお話していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

妊娠線は半数以上の妊婦さんにできるもの

妊娠線を予防しないとどうなる?

毎日こまめにケアをしていても、妊娠線が出来る方はいらっしゃいます。

予防しないままだと、当然ながら、妊娠線が出来る可能性はさらに高くなってしまいます。

妊娠線の予防しないままでも、妊娠線が出来なかったという方もいらっしゃいますが、その人数は少数と言っても良いでしょう。

肌質などの体質も関係していると考えられていますので、予防しないままでも妊娠線が出来ない方もいらっしゃるんですね。

しかし、大多数の方は妊娠線は出来てしまうものと考えてください。

一人目の赤ちゃんのときは妊娠線が出来なくても、二人目は出来てしまったという方も多いですし、実際、二人目以降の妊娠だとお腹の赤ちゃんが大きくなりやすく、妊娠線も出来やすくなってしまうのです。

妊娠線はおよそ10ヶ月もの間、お腹の赤ちゃんを大切に育んできた証ですので、妊娠線は恥ずかしいものだとは思いません。

ですが、一度できてしまった妊娠線は完全に消すことはできませんので、作らないに越したことはありませんよね。

予防しないまま、できてしまった妊娠線を見て後悔するくらいなら、しっかりとケアをした方が賢明だと言えます。

ここからは、なぜ、妊娠線が出来てしまうのかについてお話していきますね。

妊娠線ができるメカニズム

妊娠線を予防しないとどうなる?

妊娠線は、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、お腹の皮膚が引っ張られることが原因で出来てしまいます。

私たちの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層構造になっています。

表皮には弾力や柔軟性がありますので、お腹の赤ちゃんが大きくなっても、その体型の変化に対応することが出来ます。

しかし、真皮と皮下組織には柔軟性がありませんので、体型の変化に対応することが出来ず、亀裂が生じてしまいます。

これが「妊娠線」の正体なんですね。

妊娠線を予防しないままだとどうなるの?

妊娠線を予防しないとどうなる?

上記で述べた通り、真皮と皮下組織には柔軟性がありません。

妊娠線予防で最も大切なことは、お肌を保湿し、角質層の奥までうるおい成分を届けることです。

そうすることで、真皮と皮下組織がうるおい、柔軟性をプラスすることが出来るのです。

柔軟性が増せば、それだけ体型の変化にも対応することが出来ますので、妊娠線が出来にくいと言えるんですね。

しかし、予防しないままですと、お肌が乾燥し、簡単に亀裂が生じてしまいます。

また、急激な体重増加に皮膚がついていくことが出来ず、やはり亀裂が生じてしまうのです。

妊娠線の予防にはどんな方法がある?

ここからは、妊娠線を作らないための予防方法についてご紹介していきますね。

とにかく保湿を心掛けることが大切

妊娠線を予防しないとどうなる?

妊娠線を作らせないためには、お肌を常に保湿しておくことが大切です。

そのためには妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルを使用して、こまめな保湿ケアをすることが重要です。

お肌に十分なうるおいがあれば、柔軟性も高まり、妊娠線予防だけでなく、お肌のかゆみも防ぐことが出来ます。

ですから、妊娠線予防クリームを選ぶ際は、保湿力に優れたものが良いですね。

他にもシラノール誘導体といった、お肌の弾力をサポートする成分も配合されていれば、より高い効果を得ることが出来ます。

体重管理をしっかりと行う

妊娠線を予防しないとどうなる?

お肌の保湿以外にも、体重増加を適正範囲内に収めるということも大切です。

妊娠をすると、どうしても体重が増えてしまいますが、これは赤ちゃんが健やかに成長するために必要なことです。

しかし、適正範囲以上に体重が増えてしまうと、皮下脂肪が増加し、妊娠線ができやすくなってしまいます。

皮下脂肪にも弾力性がありませんので、とても裂けやすいと考えられています。

また、急激な体重増加は出産時のリスクを高める危険性もありますので、妊娠中は適度な運動とバランスの取れた食事を心掛け、体重管理をしっかりと行ってください。

もちろん無理なダイエットは禁物ですよ。

妊娠線ができやすい部位を把握する

妊娠線を予防しないとどうなる?

妊娠線と聞くと、お腹に出来るイメージがありますが、お腹以外の全身に妊娠線が出来る可能性があります。

お腹に次いで、妊娠線が出来やすい部位は「胸」です。

妊娠することで乳腺が発達し、乳腺を守るために脂肪がつきやすくなるのです。

急激に皮下脂肪がつくことで、胸が大きくなりますが、その分妊娠線もできやすくなるんですね。

皮下脂肪が付きやすい部位=妊娠線ができやすい部位ですので、二の腕やお尻、太もも、腰回りなどにも注意が必要です。

妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルは、惜しみなくたっぷりと、全身に塗るようにしてくださいね。

妊娠線予防アイテムの選び方

保湿力に優れているものを選ぶ

セラミドやヒアルロン酸、シアバター、コラーゲンなど、保湿力に優れている成分を豊富に配合しているものを選びましょう。

特にセラミドは高保湿成分なだけでなく、浸透力にも優れていますので、保湿成分をしっかりとお肌の奥まで届けてくれます。

妊娠線を予防するには、第一に保湿です。

保湿力に優れたアイテムを選ぶようにしてくださいね。

無添加処方のものを選ぶ

妊娠線を予防しないとどうなる?

妊娠中はお肌がデリケートになりがちですので、添加物が入っていないものを選ぶと、安心して使用することが出来ますね。

着色料やアルコールなど、添加物が入っていないかどうかを確認してから購入するようにしてください。

また、つわりの時期は香りにも敏感になりますので、無香料のものが無難です。

つわりが落ち着いたころに、お好きな香りのものを選んでも良いですし、妊娠線予防オイルならエッセンシャルオイルをプラスすることでお好みの香りをプラスすることが出来ますよ。

他にもパラベンや石油系界面活性剤、シリコンなども、添加物になりますので、できるだけ無添加のものを選んでくださいね。

長く使えるものを選ぶ

妊娠中~産後まで、妊娠線予防は長く続きます。

ですから、コスパ面で優れている商品かどうかも、大切なポイントですね。

無理をして高い妊娠線予防アイテムを買っても、少量しか使えなければ十分な効果は得られませんし、続けやすい価格でなければ意味がありません。

妊娠線を予防するには、クリームやオイルを惜しみなくたっぷりと使い、しっかりと保湿をしなければいけません。

コスパが良い商品かどうかも、確認してくださいね。

テクスチャーの良いものを選ぶ

妊娠線を予防しないとどうなる?

妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルは、広範囲に塗るものですから、伸びの良いテクスチャーのものが使いやすいと言えます。

毎日、1日2回以上は塗りますので、すぐに浸透していき、べたつかないものを選ぶと良いでしょう。

妊娠線予防オイルは、クリームと比べてべたつきやすいというデメリットがありますが、ローションと混ぜて使ったり、お風呂上りにお肌をタオルドライする前にオイルを塗ると、素早く浸透していきますよ。

伸びの良さや、クリームの硬さ、オイルのべたつきなどは、商品を実際に使った方の口コミやレビューを参考にしてみてくださいね。

妊娠線を予防しないままだとどうなるの?

何もケアをしなくても、妊娠線ができないという方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は予防しないままだと、妊娠線ができてしまうと思います。

一度できた妊娠線は、完全に消すことが難しいので、妊娠線を作りたくないという方は、しっかりと予防をしてくださいね。

また、妊娠線は産後に出来る可能性もあります。

今まで大きく膨らんでいたお腹が、一気に縮むことで、妊娠線になってしまうということもあるんですよ。

妊娠中に出来ていた妊娠線が、出産によって目立つこともあります。

ですから、産後も予防しないままにはせず、こまめな保湿ケアを欠かさないようにしましょう。

まとめ

妊娠線を予防しないとどうなる?

ここまで、予防しないままだと妊娠線ができるのかについてや、妊娠線予防アイテムの選び方などをお話ししてきましたが、いかがでしたか?

予防しないままだと、妊娠線ができる可能性が高くなりますし、予防をしていても、半数以上の妊婦さんは妊娠線ができてしまいます。

体質によっては、ケアをしなくてもできない方もいらっしゃいますが、それは少数派の方ということを忘れないでくださいね。

妊娠線を予防するには、「こまめな保湿」と「適正範囲内の体重管理」が欠かせません。

産後に妊娠線が出来る可能性もありますので、妊娠中~産後までしっかりとケアをしてくださいね。

妊娠線は、お腹の赤ちゃんを大切に育んだ証です。

目立つ線ではありますが、産後1年をかけて赤紫色の線が白銀色の線へと変化していき、目立たなくなります。

お肌に凹凸はできてしまいますし、完全に元通りになることはありませんが、保湿ケアを続けることで凸凹も改善していきます。

ですから、予防しないまま妊娠線ができてしまっても、あまり落ち込まないでくださいね。

その妊娠線は、頑張って赤ちゃんを育んだ誇りでもあるのです。

妊娠線予防クリームや妊娠線予防オイルは、お気に入りのものをぜひ見付けてください。

お好きな香りや、心地良いテクスチャーのものを見付ければ、毎日のケアタイムを楽しい時間にすることもできますよ。

無添加のものを購入すれば、産後は生まれたばかりの赤ちゃんの保湿にも使えます。

親子でスキンシップの時間を楽しむこともできますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です