妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

プレマームの副作用とは|危険性について徹底解説します

 
プレマームの副作用とは
この記事を書いている人 - WRITER -

急激な体重増加でできてしまった肉割れ対策や、妊娠線予防に効果抜群だと評判のなめらかボディクリーム「プレマーム」

お尻や脚、お腹に肉割れや妊娠線ができてしまって、諦めている人も、プレマームでケアすれば、スベスベの元の肌にリセットすることができます。

一度できてしまった妊娠線や肉割れは、完全に消すことはできないとされていますが、プレマームを塗れば本当に消えるのでしょうか?

プレマームには、セラミドやヒアルロン酸、プラセンタなどの保湿成分や肌のキメを整える成分、妊娠線や肉割れの肌のボコボコを改善するレジストリルなどが含まれているため、できてしまった妊娠線や肉割れを徐々に薄くしていってくれるんです。

それなら、肉割れや妊娠線ができてしまって、セルフケアではどうしようもないと諦めていた人でも希望が持てますね。

プレマームには、他にも美しい肌に導いてくれる美容成分がたくさん含まれていますが、合成着色料や合成香料、鉱物油、エタノール、紫外線吸収剤、キレート剤、サルフェート不使用の低刺激処方なんです。

乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使える優し処方で、品質管理にも徹底、厳しい基準をクリアした製品のみを販売しています。

そんな、肌に優しいプレマーム、安心して使用できそうですが、副作用や危険性などはあるのでしょうか?

実際使ってみた人の口コミを見ると、高く評価している人がほとんどで、副作用やリスクなどは見つかりませんでした。

それに、プレマームに使用されている成分には、危険性や副作用が報告されているものはないため、安心して使用することができます。

「肉割れが少しずつ目立たなくなってきた」、「伸びが良くて使いやすい」、「かんきつ系の香りが好み」など、良い口コミがほとんどです。

では、考えられるリスクには、どんなものがあるのでしょうか?

プレマームは成分的に問題はなさそうですから、考えられるリスクとしたら、妊娠初期などマッサージは控えた方が良い時期に、プレマームを使ってマッサージしてしまう危険性が挙げられます。

また、プレマームを産後の妊娠線を消すために使用する際、乳幼児が誤飲してしまうリスク、消費期限切れのプレマームを使用した際のリスクも考えられます。

ここでは、プレマームに配合されている成分とともに、考えられるリスクなどについて解説したいと思います。

妊娠線予防にも使用できるプレマーム

プレマームの副作用とは

 

プレマームは、できてしまった妊娠線や肉割れの改善に効果的だけではなく、妊娠中の妊娠線予防にも使用できるボディクリームです。

妊娠すると体質や肌質も、それまでのケアでは間に合わなくなるという人もたくさんいます。

また、ストレスや運動不足など様々な要因により、皮膚は固くなり乾燥しやすくなるので、日々のマッサージも全身保湿には大切なこと。

肌は乾燥していると、ダメージを受けやすくなりますが、水分をたっぷり含んでいると、しなやかに曲がり肌環境の変化にも対応することができます。

妊娠したら、十分な保湿ケアを行って乾燥を防ぎ、肌をやわらかく保ち、妊娠線を予防することが大切です。

これらの状況を徹底的に研究して開発されたのが、プレマーム独自のスリースポットケア

人気の女性美容雑誌など多くのメディアでも取り上げられ、満足度の高い大人気のプレマームの秘密は、このスリースポットケアにあります。

スリースポットケアとは?

①ベースメイクケア(基礎)

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が、潤いを与えて皮膚を柔らかく保ち、急激な変化に影響されにくい肌に整えます。

②ディープブースターシステム(浸透)

肌に張りを与えて滑らかにする葉酸やルチンを配合。

さらに、美容成分として人気のプラセンタも配合、キメが整ったすべすべの肌に導きます。

③モイスチャーシールドテクノロジー(薄膜)

ホホバ種子油やセラミドが、皮膚の水分や油分を補いながら、肌にベールをかけたように肌を保護します。

肌を滑らかにする美容成分も配合

嫌な肌触りを改善、くすみのない肌に導く成分も配合されています。

①レジストル

プレマームの副作用とは

肌を引き締める作用のあるライマメ種子エキスやルチンなどを組み合わせたレジストルを配合。

気になる嫌な肌触りの肌質を、元の状態に保つとされている成分です。

また、潤いを補い、皮膚を滑らかにします。

②シラノール誘導体

プレマームの副作用とは

肌を引き締め、潤いを与えるシラノール誘導体を配合。

保湿力が高く、皮膚の張りや弾力を高めてくれます。

肌本来の機能をサポートする期待の成分です。

肌の奥まで浸透して、できてしまった肉割れや妊娠線に働きかけます。

③フラーレン

プレマームの副作用とは

肌表面に留まり、じっくり作用します。

油分を補いベールの役割を果たし、肌に柔軟性を与える成分で、エイジングケア化粧品にも使われることが多い。

④ホホバ種子油

プレマームの副作用とは

皮膚に水分や油分を補い、滑らかに整えます。

⑤葉酸

プレマームの副作用とは

肌を引き締めて、ツヤを与えます。

⑥プラセンタエキス

プレマームの副作用とは

肌を整えて滑らかにする成分として配合。

多くの化粧品に使用されている人気の美容成分です。

⑦ビタミンC誘導体

プレマームの副作用とは

美容に良いとお馴染みのビタミンCを、浸透性を高めた成分

肌のキメを整えて、ツヤを与えます。

⑧加水分解コメヌカエキス

プレマームの副作用とは

潤いを保ち、皮膚を保護します。

⑨プルーン分解物

プレマームの副作用とは

酵素分解した成分で、肌にツヤを与えます。

⑩コエンザイムQ10

プレマームの副作用とは

もともと体内で生成される成分ですが、年齢とともに減っていきます。

日々外部からの刺激を受けて減少する成分なので、化粧品で補いたい成分です。

使い続けることで、健やかな肌を保ってくれます。

⑪EGF・FGF様 オリゴペプチド

プレマームの副作用とは

EGF・FGFを同時に補うことのできるオリゴペプチドを配合。

肌にハリやツヤを与えて、潤いを保つことのできる肌に導きます。

⑫発酵セイヨウナシ果汁

プレマームの副作用とは

肌に潤いとハリを与えます。

⑬パルミチン酸レチノール

プレマームの副作用とは

肌を滑らかに整えます。

⑭ヒアルロン酸

プレマームの副作用とは

肌の水分や弾力を保つ働きを持つ成分で、特に保水力に優れる人気成分です。

ヒアルロン酸が減ると肌トラブルが起こりやすくなるとされています。

プレマームには、保湿成分として5種類のヒアルロン酸が配合されています。

⑮セラミド

プレマームの副作用とは

肌の隙間で、潤いや油分を閉じ込め、乾燥から肌を守ります。

セラミドが少ない肌は、バリア機能が低下し、刺激を受けやすくなります。

プレマームには、皮膚保護成分として、2種類のセラミドが配合されています。

⑯コラーゲン

プレマームの副作用とは

2種類のコラーゲンが艶肌に導きます。

⑰スクワラン

プレマームの副作用とは

潤いを与える天然保湿成分です。

妊娠初期のマッサージは危険

プレマームの副作用とは

 

以上のように、プレマームには妊娠線を予防するのに有効な成分が贅沢に配合された肉割れ・妊娠線専用のクリームですが、妊娠初期のマッサージクリームとしての使用は控えましょう。

妊娠初期はママもデリケート、赤ちゃんへの負担も考えて、妊娠初期は、お腹のマッサージは控えておいた方が良いです。

妊娠初期の流産の主な原因は、胎児の染色体異常だとされていますが、強くお腹をマッサージすることが全く危険ではないとは言い切れないので、控えた方が無難です。

また、妊娠初期は乳首を刺激すると、子宮が収縮することもあるようなので、プレマームを使って乳首を刺激するような塗り方は控えましょう。

妊娠が分かったら、早い時期から妊娠線予防クリームでケアするのがおすすめですが、マッサージを行うのは16週目以降の安定期に入ってからにしましょう。

プレマームは、マッサージしなくても、浸透率が高いので、優しく塗り込むだけで十分保湿ケアできます。

プレマームを使う危険性や副作用

プレマームの副作用とは

 

プレマームに含まれている成分の中には、危険性や副作用が報告されているものはないため、安心して使用することができます。

また、合成着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、紫外線吸収剤、キレート剤、サルフェートも使用せずに作られた、肌に優しい処方のクリームで、敏感肌や乾燥肌の人でも使うことができるんです。

しかも、厳しい検査基準と、徹底した品質管理のもと、日本国内工場で製造されているというのでより安心。

原料から資材、梱包、発送に至るまで、工程ごとに徹底した品質管理を実施、原料や資材は非常に厳しい検査に合格したものだけを使用し、さらに、製造工程でも細分化された検査項目の徹底で、品質管理に抜かりありません。

できるだけ無添加・低刺激処方で作られたボディクリームですが、万が一、使用中に赤みや腫れ、痒み、色抜け(白斑等)、黒ずみ、刺激などの異常が生じた場合は、使用を中止して、皮膚科専門医などに診てもらうようにしましょう。

また、全身用ボディクリームとなっていますが、粘膜部分や傷、湿疹、はれものなどの部位には使用しないで下さい。

返金保証制度が付いている!

プレマームの副作用とは

 

プレマームを初めて使う人は、低刺激で無添加処方だと言っても、自分の肌に合うかどうか心配ですよね?

特に、肌がデリケートな妊娠中や、もともと敏感肌の人は不安です。

サンプルが販売されていれば良いのですが、残念ながらサンプル品はありません。

販売社のメニーナジューの説明によると、サンプル品がないのは、一週間程度の使用では正直、肌との相性やアレルギー症状を判断するのは難しいと考えるからだそうです。

肌のターンオーバーの周期は28日くらい、試しにサンプルを1週間程度使ってみた時は平気だったけれど、1ヶ月くらい使っていたら肌に違和感が出たというケースもあります。

そこで、プレマームは、じっくり試してもらえるように180日間の返金制度を付けているということです。

この制度により、サンプル品以上の満足を提供したいと考えているということなんです。

なるほど、これは納得ですね。

実際、別の商品になりますが、筆者も化粧水のサンプル使用時は問題なかったのですが、2週間くらい使用した時から顔にブツブツができてきたという経験があります…。

確かに、1週間くらい使ってみただけでは、肌への相性やアレルギー症状が出るかは分からないものだと思います。

180日間の内で、もし異常が現れたら、返金してもらえるなら、安心ですね。

プレマームは乳幼児の手の届かない所に保管すること

プレマームの副作用とは

 

プレマームを、産後、できてしまった妊娠線を消す目的で使用する場合、赤ちゃんや幼児の手の届かない所に保管するようにしましょう。

クリームは化粧品の中でも、子供の誤飲事故の多い製品なので注意が必要です。

万が一、子供がプレマームを誤飲した場合は、水で口に残ったものをすすぎ、コップ1~2杯の水か牛乳を飲ませて下さい。

大量に食べてしまった場合、油性成分による一過性の悪心や嘔吐、下痢などの症状が生じることがあります。

大量に食べてしまった時や、症状が出た場合は、早めに病院を受診しましょう。

消費期限切れのプレマームを使う危険性

プレマームの副作用とは

 

化粧品の開封前の使用期限は、一般的に製造日から3年以内とされています。

但し、開封後は、ワンシーズンで使いきった方が良いとされています。

化粧品は一度開封すると、酸化したり、ホコリや雑菌が侵入したりします。

また、キャップがきちんと閉まっていないと、中身の水分が蒸発して乾いて固くなったりします。

さらに、高温多湿の場所や、直射日光のあたる場所に保管しておくと変質の可能性もあります。

プレマームに限ったことではありませんが、化粧品は、一度開封して、しばらく使用しなかったものは、キャップを開けてみて、変色していっる、変なにおいがする、中身が分離している等があれば、変質しているものだと判断し、使用するのは止めましょう。

化粧品に含まれる油脂などが古くなり酸化すると、過酸化脂質に変化して、肌の刺激になります。

また、発生した活性酸素が、肌を乾燥させたり、シワや毛穴の開きを促すこともあります。

これらが重なると、肌の改善どころか、肌の老化の原因となる副作用が考えらえます。

プレマームも、一度開封したら、できるだけ半年以内で使いきるようにした方が良いということですね。

プレマームは1本120g入りで、多くの人は1ヶ月から1ヶ月半くらいで使いきるペースのようです。

妊娠線の予防のために、妊娠中に使用していて、妊娠線ができなかったから、とりあえず出産後はケアを止めていて、忘れたころにまた使おうということは避けた方が良さそうですね。

一度開封したら、半年以内には使いきるようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です