妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

プレマームの効果的な使い方、塗り方、マッサージで妊娠線ケア

 
プレマームの効果的な使い方
この記事を書いている人 - WRITER -

お尻や太ももにできた肉割れは、通常のスキンケアではどうにもならないので困っている人も多いでしょう。

素肌をさらすのが嫌になったり、自分に自信を持てなくなったり、肌の凹凸や線を見る度に落ち込んでしまうこともあるでしょう。

でも、肉割れや妊娠線、できてしまっても諦めなくて良いんです。

完全に消すことはできなくても、薄く目立たなくしてくれるクリームがあるんですよ。

それが「プレマーム」

満足度96.3%(2017年5月~10月購入者アンケートによる)、使用満足度90%、シリーズ販売15万個(2017年9月)を突破した評判の肉割れ・妊娠線対策なめらか浸透ボディクリームなんです。

プレマームは、できてしまった肉割れ・妊娠線を消すのに効果的ですが、肉割れ・妊娠線の予防にも効くんです。

JJ、Mart、CLASSY、UP、mina、Ray、Soupなど、多くのメディアでも取りあげられていて評判になっています。

実際使ってみた人も「妊娠線が薄く目立たなくなってきた」と高く評価、魅惑のしっとり潤いベールで素肌美人続出中です。

そんなプレマーム、効果的な使い方や塗り方はあるのでしょうか?

塗る時間、いつ塗るのが良いのでしょうか?

マッサージもした方が良いのでしょうか?

プレマームは、1日2回、起床後と入浴後、適量手に取って、お腹やウエスト周り、バスト、脚など気になる部分に優しく塗り込むだけでOKです。

より効果的なのは、手の体温で温めながら塗り、もう一度上から塗り込む使用方法「2度塗り」がおすすめ。

浸透性に優れているため、マッサージは特にしなくても大丈夫です。

プレマームで、しっかりケアしたいなら、適切な方法を知り、効果的に使用しないともったいないですよね?

ここでは、プレマームの基本の使用方法に加えて、より効果的な使い方や塗り方などを詳しくまとめました。

また、塗る期間やマッサージ方法などについても触れているので、ぜひご覧くださいね。

プレマームの基本の使用方法

プレマームの効果的な使い方

 

プレマームの基本的な塗るタイミングは、起床後と、お風呂上がりの1日2回です。

基本的な塗り方としては、起床したら、プレマームを適量手に取って、腕や足、ウエスト周り、お腹、バスト、お尻など、肌質が気になる場所に優しく塗り込んでいきます。

手の体温で温めて塗って、もう一度その上から塗り込む、いわゆる「2度塗り」がよりオススメの使い方。

朝プレマームでケアすることで、保湿をしながら、日中の乾燥や衣類の摩擦などから肌を保護します。

そして、夜、入浴後にもプレマームを塗り込みましょう。

お風呂で体を良く温め、汚れや皮脂を洗い流しましょう。

温まった肌に、プレマームを適量塗り込みます。

入浴後プレマームでケアすることで、睡眠中も保湿とともに、乾燥や肌トラブルから肌を保護します。

朝晩2回のケアで、肌表面が滑らか、しっとりとした手触りになります。

お風呂上がりに塗るのが効果的な理由

プレマームの効果的な使い方

 

プレマームはお風呂上がりに塗るのが効果的な使い方だとされていますが、なぜなのでしょうか?

お風呂に入ると、毛穴から体内にたくさんの水分が入り込みます。

一見、肌が潤うように感じますが、大量の水分が入り込んだ肌は、角質細胞同士の間隔が広がって、そこから体内の保湿成分が流出してしまうのです。

体の水分がお湯の中に流れ出てしまうことになるため、肌は乾燥しやすくなります。

つまり、入浴後には肌が乾燥しやすい状態となっており、時間の経過とともにどんどん水分が失われるので、さらに乾燥しやすくなります。

入浴後15分、何もケアしないと、入浴前の水分量より低下してしまうので、しっかり保湿をする必要があります。

お風呂をあがり、体の水分を拭き取ったら、できるだけ早めに、プレマームで保湿あげることが理想的な使い方になります。

2度塗りが効果的な理由

プレマームの効果的な使い方

 

プレマームは、肉割れや妊娠線の気になる部分に一度塗った後、さらにもう一度たっぷりのクリームを塗る、2度塗りするとより効果的です。

プレマームは、値段がそんなに安いものではないので、1度で済ませたい気持ちもありますが、とくに時間が経過した肉割れや妊娠線は固くなっていることが多く、念入りに塗りまずは柔らかくしることが大切なのです。

そこで、もったいないからと言って、少量しか使わないと、塗った少量の分も無駄になる可能性があります。

とにかく、できてしまった肉割れ、妊娠線を消したいなら、もったいないと量をケチらず、たっぷりと2度塗りを行うことが、症状を早く改善する使い方だと言えます。

短期的にたっぷり使用して、肉割れ、妊娠線を消したい場合は、定期購入を選ぶと、初回は73%引き2回目以降も20%引きで購入できるのでおすすめですよ。

無理に1日2回塗らなくても良い

プレマームの効果的な使い方

 

プレマームは、公式ホームページでも1日2回の使用が勧められていますが、夜の入浴後はゆっくり塗ることができても、朝は家事に化粧に忙しく、なかなか時間を取れない人も多いですよね?

朝バタバタしながら、雑に塗り込むと、せっかくのプレマームも、効果が半減しかねません。

それなら、朝は休日など、時間がたっぷりある時だけに塗って、平日は夜念入りに塗る、マッサージする方が効果的です。

クリームが無駄にならずに済みますしね。

1日2回塗るのが理想的ですが、無理に行うと継続できない可能性もあるので、無理なくできる方法を選びましょう。

毎日塗ることが大切

プレマームの効果的な使用方法としては、1日1回夜だけでも良いので、毎日継続して行うことが大切です。

塗る間隔があまりにもあきすぎると、肉割れや妊娠線が柔らかくならず、十分な効果を実感できない場合もあるため、必ず、気になる部分だけでも、毎日塗るようにしましょう。

個人差もありますが、効果を実感できるまでは1ヶ月以上はかかることが多いため、1週間くらいで効果がないからといって止めるのではなく、根気よく塗るようにして下さい。

より効果的な使い方-マッサージ

プレマームの効果的な使い方

 

肉割れ、妊娠線は、肌の真皮層や皮下組織の一部に亀裂ができた状態です。

真皮層や皮下組織にもダメージを受けているので、肌表面だけではなく、肌のターンオーバーを促すことが、肉割れ・妊娠線を薄くしていくポイントです。

肉割れの原因の一つに血行不良もあるので、マッサージを行うことはより効果的な使い方だと言えます。

マッサージにより、血行が良くなると、皮膚の新陳代謝がアップして、ターンオーバーが促進されます。

マッサージを行う際には、オイルや専用のクリームを用いますが、プレマームを使えば効果が高まります。

なぜなら、プレマームは肉割れ、妊娠線ケア専用のクリームなので、それらを改善するのに効果的な成分が多く含まれています。

プレマームには、レジストリルやシラノール誘導体、EGF・FGF、フラーレンなどの肌質を改善する成分をはじめ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も入っていて、乾燥による妊娠線、肉割れの予防と対策にもなります。

保湿成分は、1成分、それぞれ2~5種類のタイプの異なるものが配合されているので、より効果を期待できるクリームになっています。

なお、プレマームに含まれている成分についてはこちらでもご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
プレマームの副作用とは|危険性について徹底解説します

そして、滑らかに良く伸びるクリームであることが口コミでも高評価。

保湿力が高いのに、ベタベタする感じがなく、肌がしっとりして、保湿効果が持続します。

さらさらとした使用感が良いことに加えて、柑橘類の良い香りが多くの人から支持されています。

妊娠中に、妊娠線の予防クリームとしても使えることから、悪阻があっても使いやすい匂いになっているんですね。

肉割れ・妊娠線ケアは早めに行おう!

プレマームの効果的な使い方

 

肉割れ、妊娠線と一言で言っても、様々な色があります。

赤、赤紫、白などがありますが、色により肉割れの治りやすさが違ってきます。

赤や赤紫色など濃い色のものは、肉割れ・妊娠線の中でも初期のもので、早い内にケアを始めることで、悪化を防ぐことができます。

肉割れ、妊娠線ができやすい場所は、だいたい決まっています。

お腹、太もも、お尻、胸、二の腕などです。

初期に発見してケアするのが良いのですが、見落としやすいのが、胸の下や横、太ももの内側などです。

妊娠などで体重が急激に増えたり、筋トレしている時などは、鏡に映りにくい場所もしっかりチェックしておくのがおすすめです。

初期の肉割れ・妊娠線はマッサージの効果が出やすい!

 

まるでミミズ腫れのような赤、赤紫色の初期の肉割れ、妊娠線は、マッサージの効果が出やすい状態です。

できるだけ早めに発見して、しっかりマッサージして、少しでも症状を軽く済ませることが大切です。

また、乾燥すると、妊娠線、肉割れが目立ちやすいので、クリームできちんと保湿し、皮膚を柔らかく保ち、さらなる妊娠線、肉割れができないように防ぎましょう。

まだ、肉割れ、妊娠線が赤い状態の時には、プレマームをたっぷりと肌に塗った状態でマッサージを行います。

手と皮膚が摩擦してしまうと、皮膚に無駄な力がかかり、逆効果。

真皮や皮下組織は、皮膚表面の僅か0.5ミリ程度下にあるので、筋肉をほぐすような一般的なマッサージより、優しく行うことが大切です。

皮膚にプレマームを浸透させて、皮下組織の毛細血管の血流を促進するようなイメージでマッサージします。

プレマームは少量でも伸びの良い滑らかクリームなので、マッサージもしやすいです。

胸のマッサージ、プレマーム塗り方

バストの横から、アンダーバストの方へ手を滑らせて、半円を描くようにマッサージします。

バスト上部は、デコルテ方面へ、引き上げるように揉みます。

お腹のマッサージ、プレマーム塗り方

おへそを中心に円を描くように、マッサージします。

妊娠線の場合は、大きくなったお腹の下も忘れないようにしましょう。

恥骨のすぐ上の部分には、妊娠線ができやすいのですが、上から見た時に見えにくいのでケアを忘れがちです。

太もも&お尻のマッサージ、プレマーム塗り方

下から持ち上げるようにして、マッサージを行います。

お尻は腰の近くまで広く行って下さい。

太ももの内側も忘れがちですが、しっかり行いましょう。

妊娠線の予防のための効果的な使い方は?

プレマームの効果的な使い方

 

これまで、できてしまった肉割れ、妊娠線を消すためのプレマームの使用方法について主に説明してきましたが、プレマームは妊娠中の妊娠線予防にも効果的なクリームです。

妊娠中の乾燥しやすい皮膚にしっかりと潤いと柔軟性を与え、妊娠線ができにくい状態を保ってくれるのです。

妊娠線の予防ケアは、妊娠がわかったら早めに始める方が効果的です。

プレマームは、できてしまった肉割れ、妊娠線を消すために使用する際には、マッサージを併せるとより効果的な使い方となりますが、妊娠線予防のためには、基本的な塗り方でも十分な効果を期待できるでしょう。

1日朝・晩の2回、2度塗りすることをお勧めします。

プレマームは浸透性が高いクリームなので、お腹のマッサージが不安な妊娠初期でも、優しく塗るだけで、しっかり保湿、その効果が持続して柔らかな肌を保つことができます。

妊娠線は一度できてしまうと、完全に消すことは難しいとされているので、妊娠がわかったらプレマームなど専用のクリームでしっかり保湿ケアを行い、妊娠線をできるだけ作らないようにすることが大切です。

プレマームは、悪阻中も安心して使用できる柑橘類の爽やかな香り

実際、口コミでも、この香りが大好評です。

そして、合成着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、紫外線吸収剤、キレート剤、サルフェートの7つの添加物が含まれていない無添加処方、妊娠中も安心して使用することができるんですよ。

まとめ

プレマームの効果的な使い方

 

プレマームは、肉割れ、妊娠線の改善のために作られた専用のクリームで、口コミでも、「妊娠線や肉割れが薄くなった」と高評価です。

肉割れや妊娠線を消すのに効果を期待できるのに間違いないプレマームですが、より効果的な使い方があることが分かりました。

基本的には、1日朝晩の2回塗るだけでOKです。

でも、一番大切なことは、1日1回でも良いので毎日継続して塗ることです。塗る間隔が開いてしまうと効果を実感できないことがあります。

そして、できれば2度塗りがより効果的

さらに、夜のケアは、入浴後、清潔で温まった肌にたっぷりと塗ることが効果的です。

また、ターンオーバーをより促進して、肉割れ、妊娠線を早く消そうと思ったら、マッサージも併せて行うとより効果を期待できる使い方になるということです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です