妊娠線を消す方法をはじめ、市販のクリームやオイルの効果・口コミ・価格情報を徹底解説しています。妊娠線を消す以外に妊娠線予防にもおすすめ。原因や症状などのお役立ち情報も満載です。妊娠線ケアでお悩みの方はぜひご覧ください。

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来るのはなぜ?理由や原因を教えて!

 
産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由
この記事を書いている人 - WRITER -

辛いつわりや妊娠線のケア、大変な出産を終えたら、今度は育児が待ち受けています。

連日続く睡眠不足で、想像以上の疲労が溜まり、産後、体調を崩す方はとても多いんですよ。

妊娠線や蕁麻疹(じんましん)が出来る方が非常に多く、慣れない育児に加え、ご自身の体調不良で心身ともに疲れ果ててしまう方も珍しくありません。

では、そんな妊娠線や蕁麻疹(じんましん)が出来るのはなぜなのでしょうか?

その理由が原因がわかれば、効果的な対策をすることができますよね。

そこで今回は、産後の妊娠線や蕁麻疹(じんましん)がなぜできてしまうのか、また、その理由や原因についてお話していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

産後に蕁麻疹(じんましん)ができるのはなぜ?その理由と原因について

蕁麻疹(じんましん)とは、皮膚の一部にかゆみを生じる赤みや膨疹がでる症状を指して言います。

湿疹と膨疹の違いは、数分から一時間で消える一過性のものであるということです。

通常であれば蕁麻疹(じんましん)はアレルギー性のものであったり、金属に触れた際に起こる物理的なことが原因ですが、産後にできる蕁麻疹(じんましん)は、疲労や育児のストレスが原因だと考えられています。

原因その1.ホルモンバランスの乱れ

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

産後の蕁麻疹の原因は、ホルモンバランスが乱れることで引き起こされると考えられています。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が増えますが、それは産後になると急激に減ってしまいます。

出産時まで大量に分泌されていたものが、産後急激に減少することで、ホルモンバランスが乱れ、蕁麻疹の原因となり得るのです。

また、出産がきっかけで体質が変わることも珍しくありません。

妊娠する前は平気だったものにアレルギー反応が出ることもありますので、ご自身が何を食べたか、何に触れたかなどにも注意してくださいね。

原因その2.疲労・ストレスによる免疫力の低下

産後、蕁麻疹や妊娠線ができやすい理由は、育児によるストレスや疲労が原因だと考えられてます。

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話を、産後の疲れた身体でこなすのはとても大変なことです。

夜も満足に眠ることが出来ませんし、疲労とストレスはどんどん溜まっていきます。

この生活が続くと、身体の免疫力が低下し、蕁麻疹ができやすい状態になってしまうのです。

パートナーや祖父母の協力が得られるのなら、少しでも一人で休める時間を作り、心身ともに回復させてくださいね。

産後、蕁麻疹(じんましん)が出来たらどうすればいい?

冷やしたタオルを患部に当てる

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

蕁麻疹ができてしまったら、かゆみを感じてもかいたりいじったりしてはいけません。

患部に冷やしたタオルを当ててくださいね。

通常の蕁麻疹は血流が良くなることで、膨疹ができてしまいますので、冷やすということが有効なんですよ。

長時間の入浴や運動も、血行促進に繋がりますので、控えるようにしましょう。

患部に刺激や振動を与えるということも逆効果ですので、蕁麻疹が出来たら患部を冷やす、と覚えてくださいね。

身体を十分に休める

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

産後の蕁麻疹の理由や原因となるのは、心身が疲れているということにあります。

ですから、身体の調子が良くなれば、蕁麻疹が治まるというケースも多いんですよ。

生後間もない赤ちゃんのお世話はとても大変ですので、可能な限り、周囲のサポートを受け、ご自身の身体を回復させるということに専念する時間を作ってくださいね。

もし、この記事を読んでいる方でパートナーやご家族に産後間もない方がいれば、手を差し伸べてあげてください。

本人は平気、と言っていても、身体の疲労やストレスは蓄積しています。

直接的に蕁麻疹を治す方法ではありませんが、十分な睡眠がとれないまま赤ちゃんのお世話をしているお母さんの負担を少しでも軽くすることが、蕁麻疹を治す近道にもなるんですよ。

産後に妊娠線ができるのはなぜ?その理由と原因について

ここまで、産後に蕁麻疹が出来る理由や原因についてお話ししてきましたが、ここからは妊娠線についてお話していきたいと思います。

蕁麻疹と同じく、産後に妊娠線が出来たという方はとても多いんですよ。

なぜ、産後に妊娠線ができてしまうのか、その理由と原因についてご紹介していきます。

妊娠中に既に出来ていた

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

産後出来た妊娠線は、実は、妊娠中に既に出来ていたものかもしれません。

妊娠線は、表皮の下にある真皮が裂けて出来るものですから、その亀裂が小さければ大きなお腹に隠れて気付かないケースもあるのです。

その後、出産時にいきみで妊娠線が一気に広がったり、産後に表面から見える程度の妊娠線になったという可能性があります。

お肌の栄養不足で妊娠線ができた

産後、お肌への栄養が不足していると、妊娠線ができやすいと考えらえています。

出産後は骨盤が開いた状態ですので、血流が滞りがちです。

このとき栄養を摂取しても、お肌にまで行き渡らない可能性があるんですよ。

また、産褥期は身体を動かさず、寝ていることも多いと思いますので、血流が阻害されやすい環境だと言えます。

とは言え、産褥期に身体を休めることはとても大切なことですから、妊娠線を気にするあまり無理をしないようにしてくださいね。

産後に出来る妊娠線や蕁麻疹(じんましん)を予防するには?

しっかりと保湿をする

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

産後に妊娠線や蕁麻疹ができないようにするためには、保湿をすることが大切です。

妊娠線は妊娠線専用のクリームやオイルを使い、表皮の下にある真皮と皮下組織まで保湿し、柔軟性を高めることで、妊娠線を予防することが出来ます。

蕁麻疹の場合は、お肌のバリア機能を高めることが目的で、保湿をするのが効果的なんですよ。

産後、お肌が乾燥していると、バリア機能が低下し、妊娠線だけでなく蕁麻疹も出来やすくなってしまいます。

お風呂上りなどかゆみを感じやすいタイミングには、患部を冷やし、保湿をするようにしましょう。

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来ないためには、こまめな保湿が重要なんですね。

バランスのとれた食生活

バランスのとれた食事は、お肌のターンオーバーを促し、妊娠線を薄くするために働きかけてくれます。

もちろん予防にも役立ちますので、ホウレン草やかぼちゃなど色の濃い緑黄色野菜を積極的に食べるようにしてください。

もし、産後に蕁麻疹ができてしまったときは、高たんぱく、低脂肪の食事を意識することで症状改善に繋がります。

まとめ

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来る理由

ここまで、なぜ産後に妊娠線や蕁麻疹ができるのか、その原因と理由、予防策についてお話してきましたが、いかがでしたか?

どちらにも共通するのは、バランスの取れた食生活とお肌をしっかりと保湿をするということでしたね。

産後、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話は想像以上に大変なものです。

心身ともに大きなダメージを受けているときですから、決して無理をしてはいけません。

産後に妊娠線や蕁麻疹が出来てしまっては、思うようなケアがなかなかできない可能性もあります。

出来てしまったから対処するより、予防することが何よりも大切ですよ。

妊娠生活を楽しみながら、お肌の保湿と栄養バランスの良い食事を心がけてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です